人間の目の網膜モデルにもとづいた補正アルゴリズム

  • 人間の目の網膜と皮質のモデル(Retinex理論)にもとづいた輝度補正アルゴリズムを採用
  • フルHD(1080p 60fps)、4K動画像のリアルタイム処理に対応
  • 少ない内部メモリで動作

照明の変化が大きい、逆光が強いなどの状況で撮影された画像や映像の明るさを適応的に補正するIPです。従来のトーンカーブ補正では、画面に対して一様に 処理を行うため、上記状況では適正な補正を行うことができませんでしたが、本手法では人間の目の網膜と皮質モデルにもとづいた補正アルゴリズムにより、照明の暗い領域を明るく、照明の十分な領域はそのまま、といった適応的なダイナミックレンジの補正を行うことができます。

元画像        HDR補正例        補正後

動画像サンプル

特長

  • 人間の目の網膜と皮質のモデル(Retinex理論)にもとづいた、輝度補正アルゴリズムを採用
  • 理論を忠実に実現すると画素数nの場合ο(n3)~ο(n4)の処理量が必要となるが、アルゴリズムの近似とハードウェア向けの最適化を行い、処理量を飛躍的に削減
  • フルHD(1080p/60fps)、4K動画像のリアルタイム処理に対応
  • 少ない内部メモリで動作(解像度1280×1024で約80Kbit、1920×1080で約120Kbit)
  • YUV、RGB両対応(8/10ビット)
  • 低遅延
  • 補正強度、ゲインテーブルを調整可能
  • Altera(Avalon-STによるVIP Suite接続に対応)、Xlinx FPGA対応
  • 明るい被写体の周辺に発生するシャドーを低減
  • GPU Computingに最適化されたソフトウェア版のソリューション(OpenCLによる実装)も提供可能(モバイル/デスクトップGPUに対応)

主な仕様

入出力 RGB、YUV(8/10ビット)
処理速度 フルHD(1920x1080ピクセル)対応
内部メモリ 解像度 1280×1024で約80Kbit、
1920×1080で約120Kbit
検証ステータス FPGAボードで検証済み
提供形態 IPの提供形態、LSIのご提供等、ご相談に応じます

提供形態

  • 静止画像処理用ソフトウェア
  • Webカメラ向けリアルタイム動画像処理ソフトウェア
  • リアルタイム動画像処理用ソフトウェア
お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ