クラウドに情報を預けたいがセキュリティが心配な方、オンラインバックアップ、ディザスタリカバリをご検討の方、外部との安全なデータ共有にお悩みの方は必見!
重要情報を無意味化、各地に分散保管するというクラウド時代の新たなる選択!

  • 機密データを無意味化し、全国に分散保管
  • 保管データを万一盗聴されても、元ファイルは推測不可 【情報漏えい対策】
  • 災害で保管データの一部を消失しても、元ファイルを復元可能 【BCPに有効】
  1. ※ Secret Shareサービスは、2017年12月31日をもって終了させていただきます。
      詳細についてはこちらをご覧ください。

クラウド情報を預けたいがセキュリティが心配な方、
オンラインバックアップ、ディザスタリカバリをご検討の方、
外部との安全なデータ共有にお悩みの方は必見!
重要情報を非重要情報化、各地に分散・保管するというクラウド時代の新たなる選択!

自社で保有することなく、外部にファイルを預けるクラウドサービス。 コスト削減やITリソースの効率利用の観点でメリットが大きく、導入に踏み切る企業が増えています。その反面、クラウド導入を躊躇する企業がまだ多いように、クラウドはセキュリティの観点で不安があることも否めません。最近、事業継続計画(BCP)対策の処方箋として注目を集めているオンラインストレージについては、各社から多種多様なサービスが提供されていますが、万全なセキュリティを考慮したものは多くありません。

Secret Shareとは?

重要情報だから管理が難しく漏えいが心配。それなら、重要でなくしてしまえばよい。 Secret Shareは、この発想の転換を実現します。秘密分散技術を使って、お客様の重要情報をセキュアにお預かりするサービスです。

Secret Shareでは、ファイルにランダムなbit列を掛け合わせて元情報と混ぜたうえで分割し、日本各地の複数のクラウドデータセンターに遠隔地保管します。手元のPCには、ポインタ情報(ショートカット並み)しか情報が残らず、預けられたファイルは、秘密分散技術により「無意味化」されているので、万が一、1個の分割(断片)ファイルが漏えいしてしまったとしても、情報の中身(元ファイルの情報)そのものを類推することができず、漏えいすることはありません。 また、広域災害等で、1カ所のデータセンターが被災したり、障害が起きてしまった場合でも、残りの断片ファイルにより復元され、事業継続することが可能となります。

使い慣れたWindowsの画面で安全なデータ管理を徹底

Secret Shareは、ユーザのパソコンに専用のクライアントソフトウェアをインストールするだけで、すぐに利用を開始できます。 画面上にSecret Shareにアクセスするための玄関口となるサービスフォルダが表示される以外は、見た目も操作性も、ユーザが使い慣れたWindowsの画面と変わりません。しかも、実際には分散保管されているファイルでも、アイコンやファイル名、拡張子はそのままです。ユーザは、保管先となる複数のデータセンターの存在を意識することなく、今までどおりの操作でサービスをスムーズに利用できます。

代表的な利用シーン

動作環境

必須動作環境 推奨動作環境
OS

Microsoft Windows 7 SP1(32bit/64bit)
Microsoft Windows 8(32bit/64bit)
Microsoft Windows 8.1(32bit/64bit)

Microsoft Windows 10(32bit/64bit)
Microsoft Windows Server 2008 SP2(32bit)
Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1
Microsoft Windows Server 2012 R2
(日本語版および英語版のみとなります)

CPU x86アーキテクチャ対応で1GHz以上の動作周波数で動作するCPU

64ビット命令に対応したデュアルコア以上のCPUを搭載していること

例:

Intel Core i3/i5/i7シリーズプロセッサ

メモリ容量 1GByte以上のメモリ実装 2GByte以上のメモリ実装(32bit)
4GByte以上のメモリ実装(64bit)
ハードディスクの空き容量 アプリケーションのインストールに100MByte以上の空き容量を必要とします。
ご利用形態により、Secret Shareサービスフォルダとするドライブに
契約容量と同一、またはそれ以上の空き容量を必要とします。
.NET Framework .NET Framework3.5
ネットワーク インターネット接続 有線接続のネットワーク

ご契約済のお客様

Secret Share アプリケーションのダウンロード(バージョン 1.8.5)

Secret ShareのインストールにはMicrosoft .NET Framework 3.5が必要となります。Secret Shareをインストールする環境にMicrosoft .NET Framework 3.5がインストールされていない場合は、マイクロソフトのホームページからMicrosoft .NET Framework 3.5ダウンロード・インストールいただきますようお願いいたします。

.NetFramework 3.5のダウンロードはこちらから

約款

こちらよりダウンロードしてください。

Secret Share 約款(第4版)

はじめに

Secret Shareの基本コンセプトについて説明した動画です。

セキュアな理由

Secret Shareで利用されている秘密分散のテクノロジーがセキュアな理由について説明した動画です。

モバイルでの活用

Secret Shareを活用することでデータの持ち運びを安全に行うことができる理由について説明した動画です。

ファイル共有

Secret Shareのファイル共有機能を活用して企業間でデータを安全に共有することができることを説明した動画です。

バックアップでの活用

従来メディアやストレージに行われていたバックアップをSecret Shareを活用して安全にクラウドに保管できることとを説明した動画です。

BCP対策としての効果

Secret Shareを利用することで非常に高い可用性でデータを安全に保管できることを説明した動画です。

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ