クラウドサービスへのシングルサインオン。
クラウドサービスを安全に使うために必要なIDフェデレーション環境を運用負担ゼロで実現します。

  • クラウドサービスとのID連携(IDフェデレーション)の課題を解決
  • AD(Active Directory)と自動同期。運用負担なし
  1. 『先進事業の対策事例「ランサムウェア」「働き方改革・テレワーク」
     「ネットワーク分離」を解説』
    セミナー開催のお知らせ(5/17~7/13 順次開催)

働き方改革とセキュリティ

Soliton CloudConnectorは、クラウドサービス活用時のセキュリティ強化を目的とした、IDフェデレーション技術を使用した製品です。各種クラウドのIDと、社内のAD(Active Directory)との連携と自動同期が可能です。セキュリティ向上はもちろん、シンプルで分かりやすい管理を追及したUIと機能により、IDフェデレーションに必要とされてきた専門知識が不要です。構築、運用に費やすコストを大幅に削減します。

クラウドサービスを導入時のセキュリティの課題

クラウドサービスの導入を検討する際、セキュリティの不安があり導入まで至らない企業もいます。特に、「許可していないネットワークからのクラウドへの接続」「複数クラウドを利用する際、ユーザーが同一のパスワードを設定することによるリスク」があげられます。

この課題を解決する方法の1つに、IDフェデレーション技術を使用し、各種クラウドのIDを社内ネットワーク内のAD(Active Directory)と連携させ、社内で認証が通ったアカウントのみ、クラウドサービスを使わせるという方法があります。

IDフェデレーションにより、ビジネス向けクラウドサービス利用におけるIDの一元管理が可能となります。標準プロトコルとして、SAMLが普及しており、ビジネス向けクラウドサービスの多くで利用が可能です。

クラウドサービスにおけるIDフェデレーションを行うと、日々の運用で課題が出てきます。

課題1:クラウドサービスと認証連携の課題

同じSAMLでもクラウドサービスによって細かい仕様の違いがあり、サービスを増やす度に、認証連携のための調査・開発・テストが必要となります。

課題2:ID連携とメンテナンスの課題

SAMLにより認証機能を分離しても、クラウドサービス側へのID登録と利用設定は必要です。人事異動の都度、クラウドサービス毎に、アカウントIDの登録・変更・削除の運用が必要となります。

Soliton CloudConnector は、この2つの課題を解決します。

カタログ・資料

Soliton CloudConnectorの機能

  1. クラウドサービスとプラグイン連携
    • クラウドサービスへのシングルサインオンとID自動登録に関する設定は、Solitonがプラグインで提供
    • 運用管理者はプラグインを有効化するだけで利用可能に
  2. Active Directoryと自動連携
    • 指定されたグループメンバーを自動同期
    • 日々の運用はADをメンテナンスするだけ
    • 複数ADに対応
  3. シングルサインオン
    • 1回のユーザー認証で、複数のクラウドサービスにログイン
    • いつものID、パスワードを使える

専門知識不要・30分で運用開始

シンプルで分かりやすい管理を追及したUI。IDフェデレーションに必要とされてきた専門知識が不要です。構築、運用に費やすコストを大幅に削減します。

■設定ウィザード

ウィザードを使うと、 CloudConnector を簡単に設定できます。「次へ」ボタンを押して、設定を進めていくだけで完了します。

クラウド設定

AD設定

テレワーク/情報漏えい対策ソリューション

テレワークのため、社外からクラウドを安全に利用させたい場合、端末からの情報漏洩とデータの持出しを防止するセキュアブラウザ/セキュアゲートウェイを組み合わせることにより、安全なモバイルワーク環境を作ることが可能です。

社員は自宅などからも安心して業務システムを利用することが可能です。セキュアブラウザはマルチデバイス対応しています。ソリトンのテレワークソリューションにより、高度なセキュリティ、高い利便性をもち、働き方改革を支援します。

カタログ・資料

仕様

Soliton CloudConnector、Soliton CloudConnector Virtual Appliance共通

モデル番号 C2-DX05-A-S、C2-DX05-V-S
連携する
クラウドサービス
Office 365
G Suite (Google Apps)
Cybozu.com
Salesforce ※1
利用可能な
Active Directory
OS Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise SP1
Windows Server 2012 Standard/Datacenter
Windows Server 2012 R2 Standard/Datacenter
Windows Server 2016 Standard/Datacenter
利用可能な
LDAP
バージョン LDAPv3
動作確認済み OpenLDAP
OpenDJ
その他 .NET Framework 3.5 および 4.5 がインストール
または有効化されている必要があります。
動作確認済み
ブラウザー
管理者用
(システム管理ページ、
サービス管理ページ)
Internet Explorer 11
Google Chrome(Windows、Mac OS X のみ)
クライアント
(ユーザーサービス
ページ)
Internet Explorer 11
Google Chrome(Windows、Mac OS X のみ)
Soliton Secure Browser Pro(Soliton Secure Gateway 使用時)

※1 対応ライセンスタイプ

Sales Cloud (Enterprise/Unlimited)

Service Cloud (Lightning Enterprise/Lightning Unlimited)

Sales & Service (Enterprise/Unlimited)

※ クライアント端末ではSoliton CloudConnectorの名前を解決する必要がありますので、DNS等でSoliton CloudConnectorの名前解決ができるようにしてください。

Soliton CloudConnector(物理アプライアンス)

モデル番号 C2-DX05-A-S、C2-DX05-A-M-S
ネットワーク
インターフェイス
10/100/1000BASE-T(X)×4
筐体形状 EIA19インチラックマウントタイプ
外形寸法(W×H×D) 443mm × 44mm × 386mm
重量 7.3kg
電源 90~264Vac、47~63Hz
最大消費電力 101VA
動作環境 温度0~40℃、湿度20~90%、結露なきこと
適合規格 VCCI Class A、FCC Class A、CE、UL、RoHS
PSE(電源アダプタ)

Soliton CloudConnector Virtual Appliance

モデル番号 C2-DX05-V-S
対応する
ハイパーバイザー
対応仮想プラットフォーム VMware ESXi 5.5 /6.0
VMware仮想マシン
バージョン
8
仮想マシン
イメージファイル
OVA
仮想イメージ動作要件 メモリ容量 8GB
CPU 1ソケット4コア
ハードディスク1 4GB
ハードディスク2 96GB
ネットワークアダプター数 4
仮想版の評価はこちらから

カタログ・資料

導入形態

機器購入・レンタルと2つの提供形態をご用意しています。
機器の仕様に差はございません。

機器購入

価格

Soliton CloudConnector (C2-DX05-A-S/C2-DX05-V-S) ¥3,800,000(税抜)
Soliton CloudConnector [2台目以降]
(C2-DX05-A-M-S/C2-DX05-V-M-S)
¥1,900,000(税抜)

ユーザー単位やクラウドサービス単位の料金ではなく、アプライアンス単位での料金体系です。

レンタル

価格・条件

Soliton CloudConnectorレンタルサービス 冗長化構成

初期費用 ¥150,000(税抜)
基本月額料金(100ユーザー込) ¥30,000(税抜)
追加100ユーザー月額料金 ¥20,000(税抜)
  • 最小契約数:100
  • 契約単位:100
  • 最低契約期間:1ヶ月、1ヶ月単位で自動更新

詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ