スマホ、タブレット、Windows PC、Mac、いずれでも使えるワークスペースプラットフォーム

  • Office 365、Salesforce、Boxの機能を連携して利用可能・それぞれの情報をまとめて表示
  • セキュアコンテナや二要素認証で情報漏えいを防ぐ
  • マルチプラットフォーム(Android、iOS、Windows、MacOSに対応)

「働き方改革」は官民を挙げて取り組んでいるテーマであり、IT技術を活用した、モバイルワークやテレワークの実現が求められています。ClearDeckは、一つのセキュアなアプリケーションとして、Android、iOS、Windows、macOSのマルチOSに対応し、各種のクラウドサービスと連携して個人の生産性を向上させることで、「働き方改革」を支援します。



Office 365、Salesforce、Boxの機能を連携して利用可能・それぞれの情報をまとめて表示

     ClearDeckは、Office 365、Saleforce、Boxなどの様々なクラウドサービスと連携し、サービス上にあるデータを自動で集約することができます。これにより、それぞれのクラウドサービスにログインしなくても、ClearDeck にアクセスするだけでToDoをこなすために必要なデータを手に入れることができます。
     
    さらに、メールや関連データを基にタスクやToDoリストを自動で作成することも可能です。手動でリストを作成する場合と異なり、勘違いや記入忘れがありません。タスクやToDoリストの作成から管理、必要なデータの収集までをClearDeckがワンストップで実現します。



セキュアコンテナや二要素認証で情報漏えいを防ぐ

     デバイス上に、隔離された領域「セキュアコンテナ」を作るセキュアコンテナ技術を採用。セキュアコンテナ内を会社領域、それ以外をプライベート領域として切り分けることにより情報漏えい対策に高い効果を発揮します。ClearDeckに取り込まれる情報は、セキュアコンテナ内でのみ展開されるので、ClearDeck以外のアプリでの閲覧や編集、コピー&ペーストはできません。

     紛失時や盗難時などもしもの場合は、デバイス利用者がリモートワイプを実行し、セキュアコンテナ内のデータのみを削除することが可能です。手元にデバイスが戻ってきた場合は、ClearDeckを再インストールするだけでリモートワイプを実行する前と同じ状態で使用できます。

     ClearDeckで用いる認証方法は、デバイス認証とユーザー認証を使った二要素認証です。クライアントとサーバーはTSLの相互認証を使用する、クラウドサービスへのログインはOpen ID connectを使用するなど、セキュアな認証環境を構築でき、第三者からの不正アクセスを防ぎます。



マルチプラットフォーム(Android、iOS、Windows、MacOSに対応)で生産性向上

     スマートデバイスのAndorid端末やiOS端末をはじめ、Windows OS、mac OSといったデスクトップ向けOSにも対応しています。そのため、スマートフォンやタブレット、ノートPC、デスクトップといった様々な機器でタスクやToDoを作成でき、場所や機器を選ぶことなくシームレスに業務をこなしていくことができます。



「GTD(Getting Things Done)」に基づいて設計されたユーザーインターフェース

    GTD(Getting Things Done)とは、アメリカのコンサルタント、デビット・アレンが提唱した仕事術です。「把握する」「見極める」「整理する」「更新する」「選択する」の5ステップを踏むことで、やるべきタスクを効率よく整理・管理することが可能となるというものです。ClearDeckはこの考えに基づいて設計されているため、この製品を使うだけでGTDを実践できる仕組みになっています。

    カタログ・資料

    特長

    セキュリティ

    • マルチOS対応のセキュアコンテナにより、ビジネスデータの情報漏えいを防止
    • コンテナ内のデータは暗号化され、コンテナ外からのアクセスは禁止される
    • 二要素認証により、デバイスとユーザーの認証を強化
    • デバイス上にデータを残すことも残さないこともでき、企業のポリシーに合わせて、セキュリティと利便性のバランスを選択することが可能
    • 管理者またはユーザーは、遠隔操作で全てのデータを消去可能
    • クラウド上のデータも暗号化することで、サイバー攻撃からのリスクに対処
    ビジネスデータをセキュア・コンテナに格納。情報漏えいを防止します。

    プロダクティビティ/個人の生産性向上

    • Office 365、Salesforce、Boxの機能を利用し、統合、連携が可能
    • ClearDeckの「Inbox」には、メールだけでなく、メモやスケジュール通知、Salesforceのアクティビティなどを、まとめて表示
    • アクション項目について「何を」「いつまでに」「どこで」処理すべきか、「ToDo」として登録可能
    • タスクの完了をクリック、またはアーカイブへ移すだけで、効率的に仕事を管理し、個人の生産性向上に寄与
    • 「フォルダー」からのBox上のファイル参照、ブラウザの「お気に入り」から社内システムへのアクセスも可能
    • 今後は、G Suite、Sansan、Evernote、Cybozu.comなどへ連携を拡大
    例1:インボックス(メール)の確認の流れ
    例2:ToDoを確認します。作業が完了したことを登録すると、ToDoの表示が更新されます。
    例3:連絡待ちが記録されています。連絡を取り完了を登録すると、連絡待ちの表示が減りました。

    マルチプラットフォーム

    • 次世代のモバイルワークスペースに求められる、マルチOS対応として、Android、iOS、Windows、macOSに対応
    • スマホ、タブレット、ノートPC、デスクトップPCについて、画面サイズによらず共通のユーザーインターフェースが利用可能
    • デバイスやOSに依存せず、セキュリティポリシーを統一し、導入や運用の負担を軽減
    • セキュアコンテナにより、BYOD時にも、会社データとプライベートデータを完全分離することで、MDMに依存することなく、安全に利用可能
    • クラウド基盤としてマイクロソフトAzureを採用し、小規模スタートで拡張可能な環境をグローバルで提供
    デバイスの種類によらず共通のユーザーインターフェースを採用し、
    異なるプラットフォームでもつまづくことなく利用できます。

    カタログ・資料

    利用シーン

    「仕事が山積み…
     優先順位が分かるようなToDoリストがほしいなあ」


     ClearDeckなら、メールの確認、そこから発生するタスクのリスト化までを一括して行うことができます。処理に必要なメールや資料といった情報をあらかじめToDoリストに紐づけることができ、業務の効率を大幅に向上させることが可能です。また、期限が迫ったタスクをお知らせするスケジュール通知機能を使えば、万が一、ToDoを忘れてしまってもリマインドすることができます。さらに、MDM(モバイルデバイス管理/Mobile Device Management)でデバイス管理をしていなくても、リモートワイプ機能でClearDeck内のデータのみを削除することができます。ClearDeckには、生産性向上を実現させるための仕組みが全てつまっています。

    ToDoリスト作成と情報整理を同時に!

    関連キーワード

    生産性向上 タスク管理 スケジュール管理 ToDoリスト作成


    ClearDeckは、連携しているメールやカレンダー、各種クラウドサービスとToDoとを紐づけることができます。 情報を紐づけるだけでなく、ファイルの閲覧まで もワンストップで実現します。

    タスク管理も楽々!

    紐づいたデータに簡単アクセス

    関連キーワード

    情報整理 業務効率向上 タスク管理


    メールで送られてくる画像や文書ファイルなどの資料をタスクと紐づけることができます。さらに、BOXなどのクラウドサービスに保存されているデータも参照可能です。

    紛失してもあわてない!

    データの削除・復元にもすぐ対応

    関連キーワード

    リモートワイプ BYOD モバイルワーク セキュリティ向上 管理者負担軽減


    ClearDeck内のデータのみを選び、リモートワイプで消去。端末を紛失しても利用者自身でデータをすぐに削除できるため、情報漏えいのリスクを軽減できます。デバイスが発見された場合は、ClearDeckを再インストールするだけでデータが簡単に復元されます。

    カタログ・資料

    主な仕様

    基本アプリ
    • Office 365 メール
      • メールの送受信
      • 未読メールのマーキング
      • 添付ファイルの受信
      • 添付ファイルの送信
      • メール本文中のリンク
      • 着信メールのバッジ表示(iOS)
      • 着信メールの通知
    • Office 365 連絡先
      • 連絡先の表示
      • 連絡先の登録・削除
      • グローバルアドレス帳検索
      • 電話番号タップ→外部アプリ起動
        (050 plus for Biz, Skype, 端末電話)
    • Office 365 カレンダー
      • 直近の予定のカレンダー表示
      • 予定のリスト表示
      • 予定の月・週・日表示
      • 予定の登録・削除
    • メモ機能
    • プロジェクト(タスク管理)機能
      • タスクの作成・登録
      • 連絡待ち
      • メールと連絡待ちの連携
    • セルフサービス機能
      • デバイスの追加
      • 別のデバイス上のClearDeckユーザによるリモートワイプ
    外部サービス連携
    • BOX.net
      • 実体ファイルの格納先
    • Salesforce
      • 「活動」のインボックス取り込み
    サポートOS
    • iOS 10以降
    • Android 4.4以降
    • Windows 10以降
    • macOS Sierra以降
    ユーザー認証
    • Open ID Connect
    • 二要素認証(Office 365ユーザ認証、TLSクライアント証明書)
    セキュリティ機能
    • クライアント・セキュアコンテナ(AES256データ暗号)
    • 暗号化通信(TLS1.2/PFS/AES256)
    • ClearDeckアプリのロック解除指紋認証
    • ClearDeckアプリのロック解除パスワード
    • リモートワイプ(セルフサービス)
    • リモートワイプ(テナント管理者)
    • データを残す・残さないの選択が可能
    • 端末(クライアント)認証(TLS証明書)
    • ジェイルブレイク、ルート化端末の検知と接続拒否
    • 外部へのコピー・ペーストの禁止

    カタログ・資料

    お問い合わせ

    フォームからのお問い合わせ

    お問い合わせ