スマホ、タブレット、Windows PC、Mac、いずれでも使えるワークスペースプラットフォーム

  • Office 365、Salesforce、Boxの機能を連携して利用可能・それぞれの情報をまとめて表示
  • セキュアコンテナや二要素認証で情報漏えいを防ぐ
  • マルチプラットフォーム(Android、iOS、Windows、MacOSに対応)

「働き方改革」は官民を挙げて取り組んでいるテーマであり、IT技術を活用した、モバイルワークやテレワークの実現が求められています。ClearDeckは、一つのセキュアなアプリケーションとして、Android、iOS、Windows、macOSのマルチOSに対応し、各種のクラウドサービスと連携して個人の生産性を向上させることで、「働き方改革」を支援します。

特長

セキュリティ

  • マルチOS対応のセキュアコンテナにより、ビジネスデータの情報漏えいを防止
  • コンテナ内のデータは暗号化され、コンテナ外からのアクセスは禁止される
  • 二要素認証により、デバイスとユーザーの認証を強化
  • デバイス上にデータを残すことも残さないこともでき、企業のポリシーに合わせて、セキュリティと利便性のバランスを選択することが可能
  • 管理者またはユーザーは、遠隔操作で全てのデータを消去可能
  • クラウド上のデータも暗号化することで、サイバー攻撃からのリスクに対処
ビジネスデータをセキュアコンテナに格納。情報漏えいを防止します。

プロダクティビティ/個人の生産性向上

  • Office 365、Salesforce、Boxの機能を利用し、統合、連携が可能
  • ClearDeckの「Inbox」には、メールだけでなく、メモやスケジュール通知、Salesforceのアクティビティなどを、まとめて表示
  • アクション項目について「何を」「いつまでに」「どこで」処理すべきか、「ToDo」として登録可能
  • タスクの完了をクリック、またはアーカイブへ移すだけで、効率的に仕事を管理し、個人の生産性向上に寄与
  • 「フォルダー」からのBox上のファイル参照、ブラウザの「お気に入り」から社内システムへのアクセスも可能
  • 今後は、G Suite、Sansan、Evernote、Cybozu.comなどへ連携を拡大
例1:インボックス(メール)の確認の流れ
例2:ToDoを確認します。作業が完了したことを登録すると、ToDoの表示が更新されます。
例3:連絡待ちが記録されています。連絡を取り完了を登録すると、連絡待ちの表示が減りました。

マルチプラットフォーム

  • 次世代のモバイルワークスペースに求められる、マルチOS対応として、Android、iOS、Windows、macOSに対応
  • スマホ、タブレット、ノートPC、デスクトップPCについて、画面サイズによらず共通のユーザーインターフェースが利用可能
  • デバイスやOSに依存せず、セキュリティポリシーを統一し、導入や運用の負担を軽減
  • セキュアコンテナにより、BYOD時にも、会社データとプライベートデータを完全分離することで、MDMに依存することなく、安全に利用可能
  • クラウド基盤としてマイクロソフトAzureを採用し、小規模スタートで拡張可能な環境をグローバルで提供
デバイスの種類によらず共通のユーザーインターフェースを採用し、
異なるプラットフォームでもつまづくことなく利用できます。

関連イベント情報

  • 2017年05月31日(水)、 2017年06月21日(水)

    「ClearDeck」製品発表セミナー

    開催場所:JR新宿ミライナタワー 11階 ソリトンシステムズオフィス

主な仕様

基本アプリ
  • Office 365 メール
    • メールの送受信
    • 未読メールのマーキング
    • 添付ファイルの受信
    • 添付ファイルの送信
    • メール本文中のリンク
    • 着信メールのバッジ表示(iOS)
    • 着信メールの通知
  • Office 365 連絡先
    • 連絡先の表示
    • 連絡先の登録・削除
    • グローバルアドレス帳検索
    • 電話番号タップ→外部アプリ起動
      (050 plus for Biz, Skype, 端末電話)
  • Office 365 カレンダー
    • 直近の予定のカレンダー表示
    • 予定のリスト表示
    • 予定の月・週・日表示
    • 予定の登録・削除
  • メモ機能
  • プロジェクト(タスク管理)機能
    • タスクの作成・登録
    • 連絡待ち
    • メールと連絡待ちの連携
  • セルフサービス機能
    • デバイスの追加
    • 別のデバイス上のClearDeckユーザによるリモートワイプ
外部サービス連携
  • BOX.net
    • 実体ファイルの格納先
  • Salesforce
    • 「活動」のインボックス取り込み
サポートOS
  • iOS 10以降
  • Android 4.4以降
  • Windows 10以降
  • macOS Sierra以降
ユーザー認証
  • Open ID Connect
  • 二要素認証(Office 365ユーザ認証、TLSクライアント証明書)
セキュリティ機能
  • クライアント・セキュアコンテナ(AES256データ暗号)
  • 暗号化通信(TLS1.2/PFS/AES256)
  • ClearDeckアプリのロック解除指紋認証
  • ClearDeckアプリのロック解除パスワード
  • リモートワイプ(セルフサービス)
  • リモートワイプ(テナント管理者)
  • データを残す・残さないの選択が可能
  • 端末(クライアント)認証(TLS証明書)
  • ジェイルブレイク、ルート化端末の検知と接続拒否
  • 外部へのコピー・ペーストの禁止

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ