NetAttest EPSは、電子証明書を使用したネットワーク認証に必要な機能をオールインワンで備え、正しい端末・正しいユーザーのみネットワークに接続できる安全な環境を実現します

NetAttestパートナー一覧

  • 今やネットワークは企業のライフライン!
  • NetAttestで安心・安全・快適なネットワーク環境を!
  • 電子証明書を使用したネットワーク認証で不正端末を排除! 社内LANに安心と安全を

今やネットワークは企業のライフライン!
NetAttestで安心・安全・快適なネットワーク環境を!

モバイルワークやテレワークといった業務形態が認知され、スマートデバイスの普及が進む今、多くの企業では平行してそれらの活用を実現するネットワーク環境の整備が急務となっています。
ネットワークなしでは継続できない業務も多く、今やネットワークは企業にとってのライフラインとなっています。
ライフラインに不備は許されません。そこには強い「安心」「安全」「快適」が求められます。

NetAttestシリーズは「RADIUS」「DHCP」「DNS」という3つのネットワークの必須要素を抜群の「安心」「安全」「快適」と共に提供できるラインナップを取り揃えております。

社内LANに安心と安全を
未許可のスマホやPCは社内に接続させません

会社のネットワークは、企業に蓄積されたあらゆる情報への出入り口です。誰もが無秩序に接続できる状態ではなく、決められた人、決められたPC・スマートフォンだけが接続できるように鍵をかけておく必要があります。

許可された人だけがネットワークに接続できる、そのために必要なのがネットワーク認証です。

NetAttest EPSは、ネットワーク機器と連携し、正しい端末・正しいユーザーしか社内ネットワークに接続できない安全な環境をシンプルに実現します。

PCもスマートフォンも、これ1台で安全に接続

  • 無線LAN
    「PCも、スマートフォンも、未承認端末の不正アクセスを排除」

    PCに限らず、スマートフォンなどの多様な端末のネットワーク認証が可能です。MACアドレス認証やIEEE802.1X 認証(EAP-TLS)などを利用した認証によって、未承認端末からの不正アクセスを排除します。

  • 有線LAN
    「ネットワーク認証とともに、利用者ごとの通信制御も実現」

    MACアドレス認証やIEEE802.1X 認証(EAP-TLS)により、あらかじめ許可された端末だけに接続を許します。 さらにユーザー認証とダイナミックVLAN の組み合わせで、セキュリティ対策を含めたきめ細かいネットワーク管理も実現できます。

  • VPN「電子証明書とワンタイムパスワードの併用で不正アクセスを完全ブロック」

    電子証明書(端末認証)とワンタイムパスワード(ユーザー認証)を併用した強力なネットワーク認証環境も、NetAttest EPS なら1台で構築できます。

  • その他「さまざまなネットワーク認証でNetAttest EPSが活躍」

    データセンターでは、サーバーやネットワーク機器へのコンソールログオン用の認証サーバーとして、 また会員向けWebサイトではユーザー特定を厳密にするための電子証明書発行システムとして、NetAttestはさまざまなシーンで利用されています。

仮想アプライアンス NetAttest EPS Virtual Appliance

NetAttest EPS Virtual Applianceは、従来のアプライアンス「NetAttest EPS」を仮想環境で利用可能にした製品です。

NetAttest EPSと同等の機能を利用でき、さらに物理サーバーの統合や導入・運用コストの削減など、仮想環境ならではのメリットも期待できます。

 

仮想版の評価はこちらから

 

NetAttest series

カタログ・資料

“専門家”でなくても構築・運営可能な操作性

NetAttest EPSを選ぶ、3つの簡単ポイント

国産オールインワンアプライアンス製品なので特別な知識、技術がなくても短時間で導入可能

ネットワーク認証に必要な機能がすべて揃った国産のアプライアンス製品です。サーバーの用意やOS、各種ソフトウェアのインストールといった高度な技術やコマンドの習得は不要で、極めて短時間にネットワーク認証システムを構築できます。

運用フェーズにおいては、汎用OSのように煩雑にセキュリティパッチを適用する必要はありません。また、機器専用のバージョンアップファイルを適用することで、パッチ適用によりシステムが不安定になる心配もありません。

直感的なWeb GUIは国産ならではの日本語表示で誰でも簡単に設定・運用が可能

管理画面はすべてわかりやすい日本語Web GUIで、設定や運用に特別なスキルは必要ありません。また、NetAttest EPSはGUIの英語表示にも対応しており、利用者のブラウザまたはシステム設定に応じて、表示言語を日本語・英語から自動的に選択し表示します。

バックアップ・リストア機能を備え万一の時も短時間で復旧・稼働

設定情報は1つのファイルに集約し、FTPサーバーへ定期的に自動でバックアップできます。障害発生時はバックアップされた設定情報を代替機にリストアするだけ。最短10分で正常稼働に復帰します。

長く安心して使える、認証基盤

NetAttest EPSを選ぶ、3つの安心ポイント

専用アプライアンス製品なので壊れにくく、安定稼働、サポートも安心

NetAttest EPSはソフトウェアもハードウェアも最適化されたネットワーク認証専用アプライアンス製品です。2003年に販売を開始して以来、プライベートCA機能を持ったRADIUSサーバーアプライアンス製品として順調に実績を伸ばしてきました。ハードディスクレスのため、トラブルが少なく、メンテナンスの手間もかかりません。また、長年培ってきたノウハウによる充実したサポート体制により、安定した運用を可能にします。 DX版を除く

冗長化または分散構成をすることによりネットワークを常に利用可能な状態に維持

NetAttest EPSは二重化に対応し、万が一の障害時にシステムが止まる事態を防止します。分散構成(親子連携)にも対応しており、複数拠点に展開したNetAttest EPSの登録ユーザーの一元管理とNetAttest EPS親子間でのネットワーク認証連携を実現します。
また、分散構成として各拠点にNetAttest EPSを配置することで、拠点間ネットワーク(WAN)障害の場合でも拠点内のネットワークが止まることはありません。

さまざまなデバイス・ワークスタイルにも対応できる安心の認証基盤

NetAttest EPSは、Windows/Mac/iOS/Androidなど、広く一般的に利用されているデバイスやシステムと組み合わせた場合でも問題なく動作するよう、マルチデバイス・マルチベンダーを心がけています。
さまざまなデバイス・システム(ネットワーク機器など)が対応しているネットワーク認証方式やプロトコルに多く対応しているため、今後新しいデバイスがビジネスで活用されるようになった場合でも、企業内ですぐに活用できるような認証基盤を1台で構築します。ネットワーク機器との連携実績については、こちらに掲載しています。

RADIUS「人」「場所」に応じたネットワーク制御、認証方法変更にも即対応

さまざまな認証に対応

NetAttest EPSはさまざまなタイプのネットワーク認証方式に対応しています。ID/パスワードを利用した認証から、機器のMACアドレスを利用した認証、電子証明書とワンタイムパスワードを併用した高度なネットワーク認証環境まで、NetAttest EPSなら1台で対応可能です。
時代の変化、または社内のセキュリティポリシー改訂に伴って認証方式を変更する場合においても、NetAttest EPSであれば新たな製品に買い替える必要がなく、柔軟に対応できます。

「人」や「接続場所」に応じたネットワークポリシー制御

(グループ・プロファイル機能)

ユーザーやユーザーの所属グループ、端末の接続場所等に応じて、認証方式やネットワークポリシーの割り当てなどを柔軟にコントロールできます。

 -有線LANは社員全員が接続可能とする。

 -無線LANは申請者のみ接続可能とする。

 -社内の有線LANと無線LANは、電子証明書や固定のID/PWで認証。

 -社外から接続する場合は、“なりすまし”対策のためにワンタイムパスワードで認証。

 -社内の場合でも、アクセスする場所により、所属ネットワークを変更したり、接続を拒否する。

このような例の他にも、無線LAN機器と連携することで、コントローラー配下の無線LANアクセスポイントごとやSSIDごとの制御も行えます。

プライベートCA
運用や規模に応じたさまざまな電子証明書発行・配布に対応

ボタン2クリックで電子証明書を簡単発行

NetAttest EPSは、本格的なプライベートCA(Certificate Authority:認証局)機能を標準搭載しており、電子証明書の安全な発行・運用をサポートします。管理者は、管理画面から2回のクリックでクライアント証明書を発行できます。管理者は発行した電子証明書を管理端末にダウンロードし、ユーザーに配布します。

証明書一括生成ツールによる電子証明書の大量発行

複数の電子証明書を簡単に一括生成できます。NetAttest EPSを利用し、さまざまなユーザー情報(EPSのローカルユーザーDB、CSV、AD、LDAP)をもとに電子証明書を生成できるため、大規模な証明書発行も容易です。詳細は「オプションページ」をご覧ください。

Windows端末向け証明書申請・配布ワークフロー(拡張CA機能)

利用者自身がWebブラウザを利用して電子証明書を要求、取得・更新することができます。証明書を配布した端末情報はNetAttest EPSが記録しているため、証明書の管理も容易です。
また、管理者の意図しない端末への電子証明書インポートを防止する機能を備え、証明書をインストールするストア(ユーザー/コンピュータ)も管理者側で指定することができ、安全な証明書の配布を実現します。

加えて、本ワークフロー機能を利用することで、USBトークンに電子証明書を安全に配布することができます。USBトークンに電子証明書をインポートし利用させることで、トークンを所持している本人しかネットワークに接続できないセキュアな環境を実現できます。

iOS / Android向け電子証明書申請・配布ワークフロー(NetAttest EPS-ap)

iPhone / iPad、Androidデバイスに対し、利用者自身がWebブラウザを利用して電子証明書を要求、取得、更新できます。証明書配布だけでなく、端末にさまざまな設定・制御を適用することも可能です。
詳細はこちらをご覧ください。

ワンタイムパスワード
電子証明書+ワンタイムパスワードの強固なネットワーク認証を1台で

簡単導入、強固な認証を実現するワンタイムパスワード

ワンタイムパスワード用の認証サーバーを別に用意する必要がなく、シンプルかつ低コストなワンタイムパスワード認証環境を実現します。クライアント端末はPCに限らず、スマートフォンなども利用可能です。認証トークンには、特に金融機関への実績が豊富なVASCO Data Security社製のDIGIPASSを採用しており、利用シーンに応じてトークンを選択できます。利用者によるPINの変更は、カスタマイズ可能なNetAttest EPSユーザー画面から行えるようになっているため、利用者にとって使いやすいワンタイムパスワード環境を実現します。

※ワンタイムパスワード機能の利用には、トークンおよびワンタイムパスワードサーバーオプションの購入が必要です。

電子証明書と組み合わせた安全なリモートアクセス環境

ワンタイムパスワードだけでなく、認証プロセスに電子証明書を組み合わせることで、PCやモバイル端末のリモートアクセスの認証が一層厳密なものになります。
NetAttest EPSは、このような強固なリモートアクセス環境も1台で実現可能です。

利用可能なユーザーDB
内部ユーザーDBはもちろん、さまざまなユーザーDBが使えます

ローカル

NetAttest EPSに内蔵されたデータベースです。 通常のローカルデータベースに加え、内部に最大200,000件のMACアドレスを管理できる、MACアドレスデータベースも利用可能です。(オプション)

ローカルユーザーDBとMACアドレスユーザーDBの違い
ローカルユーザーDB MACアドレスDB
高度な認証に利用 MACアドレス認証に利用
  • 最大登録数はモデル・ライセンスにより200/2,000/100,000件(EPS-SX:200件、EPS-ST:200/2,000件、EPS-DX:100,000件)
  • PAP/CHAP、EAP認証方式に対応
  • リプライアイテムの指定が可能
  • 認証ポリシーの指定が可能
  • 電子証明書の発行が可能
  • ユーザーアカウントの有効期限指定可能
  • ライセンスの投入によりモデルに関係なく200,000件
  • PAP認証方式のみ可能
  • リプライアイテムの指定不可
  • 認証ポリシーの指定不可
  • 電子証明書の発行不可
  • ユーザーアカウントの有効期限指定不可

ローカルユーザーDBのユーザーに対しては、アカウントの有効期限や接続できる時間帯の制御なども行えます。ユーザー自身によるパスワード変更を行う画面については、カスタマイズも可能です。

Active Directory

Active Directory に登録されたユーザーを参照できます。主にEAP-PEAP認証で利用します。 ローカルユーザーデータベース情報との併用に対応し、Windowsドメイン認証連携時において、ローカルユーザーデータベースに登録されたアカウントとWindowsドメインサーバー上のアカウントの情報の双方を利用できます。

LDAP

X.500準拠のLDAPサーバーに登録されたユーザー情報を参照し認証できます。 主にPAPで利用します。

RADIUS

RADIUSプロキシ機能により、受信した認証要求をさまざな条件をもとに他のRADIUSサーバーに転送し、認証します。他ワンタイムパスワードシステムなどからの段階的な移行を容易にします。

カタログ・資料

仕様

NetAttest EPS、NetAttest EPS Virtual Appliance共通

モデル番号 EPS-SX04-A
EPS-SX04-V
EPS-ST04-A
EPS-ST04-V
EPS-DX04-A
EPS-DX04-V
最大登録ユーザー数
200 200 / 500(※4) / 2,000(※5) / 5,000(※5) 100,000
最大RADIUSクライアント登録数
20 500 1,000 / 2,000(※3)
対応認証方式 EAP-TLS、EAP-MD5、EAP-PEAP(MS-CHAPv2、GTC、TLS)、EAP-TTLS(PAP、CHAP、MS-CHAP、MS-CHAPv2、GTC、EAP-MSCHAPv2、EAP-TLS)、Cisco-LEAP、EAP-FAST、PAP、CHAP、MS-CHAP、MS-CHAPv2
RADIUS
認証拡張
Windows NAP検疫
ワンタイムパスワード認証 ○(※7) ○(※7) ○(※7)
MACアドレス認証拡張 ○(※2) ○(※2) ○(※2)
グループ・プロファイル ○(※5)
外部DB連携 Windowsドメイン認証連携 ○(※6) ○(※5)
外部LDAPデータベース参照
RADIUSプロキシ
証明機関
(CA)
クライアント証明書発行
外部サーバー証明書発行
拡張CA機能 ○(※1) ○(※1)
ログ 各種ログ出力
詳細アカウンティングログ出力
ログメンテナンス
保守運用 二重化構成
分散構成(親子構成) ○(子機) ○(子機) ○(親機・子機)
設定のバックアップ・リストア
ファームウェア更新
NetAttest EPS-ap連携
その他機能 SNMP(エージェント)、NTP時刻同期、Syslog(TCP/UDP)、UPS対応 ※8

※1~※7 機器本体の他に拡張ライセンスの購入が必要です。拡張ライセンスの詳細、※8 NetAttest EPSの対応するUPSおよびUPSタイプについてはこちらから

NetAttest EPS

モデル番号 EPS-SX04 EPS-ST04 EPS-DX04
ネットワーク
インターフェイス
10/100/1000BASE-T(X)自動認識&Auto-MDI-X ×4
形状 デスクトップ
(別売りのラックマウントキット有り)
EIA19インチラックマウントタイプ
外形寸法
(W×H×D)
W:190mm
H:44mm
D:144mm
W:438mm、
H:44mm
D:292mm
W:443mm
H:44mm
D:407mm
重量 1.0kg 5.0kg 7.8kg
電源 90~264Vac、47~63Hz(90~135Vacのみサポート)
最大消費電力 42VA 68VA 121VA
発熱量 143.2BTU/h、
36.1kcal、
42W
231.9BTU/h、
58.4kcal、
68W
412.8BTU/h、
104.1kcal、
121W
動作環境 温度0~40℃、
湿度2090%、
結露無きこと
適合規格 VCCI(Class B)、
FCC(Class B)、
CE、UL、RoHS、
PSE(電源アダプタ)
VCCI(Class A)、FCC(Class A)、CE、UL、
RoHS、PSE(電源ケーブル)

NetAttest EPS Virtual Appliance

モデル番号 EPS-SX04-V EPS-ST04-V EPS-DX04-V
対応プラットフォーム
対応仮想プラットフォーム VMware ESXi 6.0 / 5.5 / 5.1 / 5.0
VMware
仮想マシンバージョン
8
仮想マシン
イメージファイル
OVA
ハードウェア構成
CPU数 1 2 4
メモリ容量 2,048MB 8,192MB
ハードディスク1 2GB 5GB 96GB
ネットワークアダプタ数 4
仮想版の評価はこちらから

ワンタイムパスワード トークン

■VASCO DIGIPASS GO 6(ハードウェアトークン)

重量 14g
寸法 9.8 x 25.9 x 62.7 mm
ディスプレイ 8文字のハイコントラストLCDディスプレイ
キーパッド ワンボタン
電池 交換不可、設計寿命7年
保管環境 -10℃50℃ 相対湿度90%、結露なし IEC 60068-2-78(温熱)
IEC 60068-2-1(寒冷)
動作環境 0℃45℃ 相対湿度85%、結露なし IEC 60068-2-78(温熱)
IEC 60068-2-1(寒冷)
耐タンパ性 不正使用防止機能付き ISO 13491-1
防水性 防水性 IPx7(水深1m、30分間) ISO 60068-2-18または
IEC 60529
振動 1075Hz、10m/s2 IEC 60068-2-6
落下 1m IEC 60068-2-32
排出 EN 55022
静電気放流
イミュニティ
4 kV 接触放電、
8 kV 気中放電、
3 V/m 801000 MHz
EN 55024
ヨーロッパの指針
に対する準拠
CE:89/336/EEC または 2004/108/EC
RoHS:2002/95/EC
WEEE:2002/96/EC

■VASCO DIGIPASS for Mobile(ソフトウェアトークン)

対応OS Apple iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.3 以降
Android Ver2.1以降

■VASCO DIGIPASS for Windows(ソフトウェアトークン)

対応OS Windows Vista 32bit(※)
Windows 7 32/64bit(※)
Windows 8 32/64bit(※)

※マイクロソフト社サポート期間内のサービスパックがサポート対象です

証明書一括生成ツール仕様表

OS Windows Vista(SPなし/SP1/SP2)
Windows 7(SP1)
Windows 8 / 8.1
Windows Server 2008 R2 / 2012 R2
※x64 Editionは、WOW64上での動作に対応
CPU OSが動作する環境
メモリ OSが動作するメモリ
ハードディスク 10MB 以上の空き
その他 Internet Explorer 8 / 7 / 6(SP2以上)

スマートフォン専用オプション NetAttest EPS-ap

NetAttest EPS-apの仕様についてはこちらから

価格

NetAttest EPS / NetAttest EPS Virtual Appliance

■大規模版

NetAttest EPS (EPS-DX04-A / EPS-DX04-V) オープンプライス
拡張CAオプション オープンプライス
MACアドレス認証拡張オプション オープンプライス
RADIUSクライアント利用数拡張オプション オープンプライス

■中規模版

NetAttest EPS (EPS-ST04-A / EPS-ST04-V) ¥890,000(税別)
ユーザー数拡張オプション 500 ¥480,000(税別)
機能拡張オプション 2,000 ¥1,090,000(税別)
機能拡張オプション 5,000 ¥2,310,000(税別)
拡張CAオプション 200(証明書400枚発行可) ¥500,000(税別)
拡張CAオプション 500(証明書1,000枚発行可) ¥700,000(税別)
拡張CAオプション 2,000(証明書4,000枚発行可) ¥1,000,000(税別)
拡張CAオプション 5,000(証明書10,000枚発行可) ¥2,310,000(税別)
MACアドレス認証拡張オプション ¥500,000(税別)

■小規模版

NetAttest EPS (EPS-SX04-A / EPS-SX04-V) オープンプライス
Windowsドメイン連携オプション オープンプライス
MACアドレス認証拡張オプション オープンプライス

■ワンタイムパスワードオプション

価格はお問い合わせください。

※拡張オプションの詳細についてはこちらから

NetAttest EPS-ap / NetAttest EPS-ap Virtual Appliance

■大規模版

NetAttest EPS-ap (EPSAP-DX04-A / EPSAP-DX04-V) オープンプライス

※別途、EPS-DX04-Aおよび、各拡張CAオプションが必要です。

■中規模版

NetAttest EPS-ap (EPSAP-ST04-A / EPSAP-ST04-V) ¥500,000(税別)
モバイルデバイス管理オプション ¥500,000(税別)

※別途、EPS-ST04-Aおよび、各拡張CAオプションが必要です。

カタログ・資料

動作検証済み機器ご案内

無線LANのセキュリティ強化

無線LANは、ケーブル配線の手間が軽減できるなどメリットは多い反面、盗聴、持ち込み端末接続などセキュリティ上のリスクも多くあります。 NetAttest EPSは、IEEE802.1X対応のRADIUSサーバー、証明機関として活用され、IEEE802.1X認証をはじめとする高度な認証や、 ユーザー毎に無線アクセスポイントのVLANを切り替えるなどの機能を提供します。 また、電子証明書も発行できるため、端末認証にも利用できます。端末側は、PCの他、無線IP電話機、タブレット端末など多彩な機材が利用されています。

メーカー名(50音順) 製品名 設定例
アライドテレシス AT-TQ2400シリーズ
CentreCOM WRシリーズ -
アルカテルルーセント OmniAccessWLAN
アルバネットワークス Aruba 7005 / AP-205
HP MSM4xxシリーズ / MSM7xxシリーズ
エレコム ELECOM WAB-S1167-PS / WAB-I1750-PS / WDB-433SU2M2シリーズ
シスコシステムズ Aironetシリーズ
フォーティネット FortiAP
フルノシステムズ UNIFAS Managed Server + ACERA802
ACERAシリーズ
バッファロー AirStationPro WAPM-1166D
AirStationPro WAPS-APG600H
メルーネットワークス APシリーズ、MCシリーズ
ラッカスワイヤレス ZoneDirector3000 + ZoneFlex
アイ・オー・データ 機器 WNシリーズ(IEEE802.1X対応製品) -
ディーリンク DAP-2690(無線AP単体)
DWL-8600AP、DWS-3160-24PC
(無線コントローラーによる集中管理)
DAP-2555(Wi-Fiクラウド)
プロキシム ORINOCOシリーズ
富士通 SR-Mシリーズ

有線LANのセキュリティ強化

無線LANだけでなく、有線LANでも不正ユーザーや持ち込み端末のリスク対策としてネットワーク認証を行います。 IEEE802.1X認証だけでなく、MACアドレス認証や、Webブラウザを利用する認証(キャプティブポータル認証)などさまざまな認証方法が利用されます。 NetAttest EPSは国内トップシェアのネットワーク認証サーバーとして、国内に流通する多くの製品との組合せ実績があります。

メーカー名(50音順) 製品名 設定例
アルカテルルーセント OmniSwitch
アライドテレシス CentreCOMシリーズ
-
アラクサラネットワークス AXシリーズ
H3C Sシリーズ
HP ProCurveシリーズ
エンテラシスネットワークス スイッチ各種
シスコシステムズ Catalystシリーズ
ディーリンク DGS-3120シリーズ
日本電気株式会社 UNIVERGE QXシリーズ『NEW』
UNIVERGE IP8800シリーズ -
バッファロー 法人向け各種
パナソニック電工ネットワークス スイッチ各種(認証対応)
日立電線 APRESIAシリーズ
富士通 SR-Sシリーズ
ブロケードコミュニケーションシステムズ FastIronシリーズ
ICXシリーズ

VPNのセキュリティ強化

NetAttest EPSはIPSec VPN、SSL-VPNなど種類を問わず、多くのVPN機器との連携実績を誇ります。 NetAttest EPSは、RADIUSサーバーとして認証機能を提供する他、証明機関としてVPN機器用のサーバー証明書、 ユーザー用のクライアント証明書のどちらも発行できるため、NetAttest EPSだけで認証サーバー機能をカバーできます。

メーカー名(50音順) 製品名 設定例
アライドテレシス AR-Routerシリーズ
CentreCOM SSL VPN-Plus -
シスコシステムズ ASAシリーズ
シトリックス Citrix NetScaler
ジュニパーネットワークス MAGシリーズ
SAシリーズ各種 -
ソニックウォール SSL-VPNシリーズ他各種
F5ネットワークス BIG-IP APMシリーズ
ディーリンク DFL-860E -
フォーティネット FortiGate
富士通 IPCOM EX SCシリーズ
宮崎ケーブルテレビ株式会社
宮崎ケーブルテレビ株式会社

使いたいのはWebだけなのに…
大がかりなアプリケーション仮想化から
シンプルで安全なシステムへ

導入製品

導入事例詳細を見る

株式会社オープンハウス
株式会社オープンハウス

スマートフォンとクラウドでワークスタイル変革
成功の秘訣は利便性と安全性を両立する電子証明書システムにあり

導入製品

導入事例詳細を見る

戸田建設株式会社
戸田建設株式会社

業務改革の一環としてBYODへ移行。
セキュアブラウザとデジタル証明書の組み合わせで、
安全性・利便性・管理性の3兎を得て、利用者は5倍に。

導入製品

導入事例詳細を見る

株式会社大林組
株式会社大林組

3,000台のタブレット端末で作業の効率化と建設品質の向上を実現。ソリトンシステムズの「NetAttest EPS」と「NetAttest EPS-ap」を採用し、無線ネットワークの導入・運用における課題を払拭。

導入製品

導入事例詳細を見る

独立行政法人 理化学研究所
独立行政法人 理化学研究所

研究者同士の活発な交流を支える無線ネットワーク環境を整備。オールインワン認証アプライアンス NetAttest EPSを採用し、無線LANローミング基盤「eduroam」への参加を短期で達成。

導入製品

導入事例詳細を見る

越谷市教育委員会
越谷市教育委員会

小中学校の無線LANを安全に運用する「NetAttest EPS」。より分かりやすい授業を実現した埼玉県越谷市教育委員会の先進的取り組み。

導入製品

導入事例詳細を見る

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ

御見積等のお問い合わせは販売パートナーにお問い合わせください。
こちらのパートナーからもお問い合わせ可能です。