ウクライナ・ロシアで感染を広げた
マルウェア「Petya」について

WannaCryに続いて登場し、ウクライナ・ロシアを中心に大きな被害を与えたマルウェア「Petya」。
パッチ適用端末にも感染するPetyaの横展開などの手口を確認しつつ、その問題点と対策を、ソリトンのサイバーセキュリティチームが考察します。

ホワイトペーパーのダウンロードはこちらから

WannaCryによって明らかとなった
サイバー空間の脅威状況について

世界的に大きな被害をもたらしたWannaCry。それは皮肉にも私たちが置かれた脅威情報に警鐘を鳴らすこととなりました。
WannaCryによって浮き彫りとなったサイバー空間の脅威状況とは何か? ソリトンのサイバーセキュリティチームが解説する資料をまとめました。

ホワイトペーパーのダウンロードはこちらから

MACアドレス制限は"効果ゼロ"
今さら聞けない「無線LAN認証」の基本(2017年度版)

スマートフォンやタブレットの普及にも後押しされ、いまや不可欠な通信インフラとなった「無線LAN」。しかし、この無線LANの設定を間違えると、取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。
本書では、無線LANを安全に利用するための要となる「認証」の基本についてわかりやすく説明します。

ホワイトペーパーのダウンロードはこちらから

PCI DSS v3.2で求められる多要素認証の導入ポイント

2016年4月発効のPCI DSS v3.2で新たに追加された要件は、2018年2月より有効化されるため、今年中に環境整備を実施することが求められています。
本資料では、新たな追加要件の中で最も影響が大きく、早期に整備計画を着手する必要がある「多要素認証」について、環境に応じた適用ポイントを解説します。

ホワイトペーパーのダウンロードはこちらから

組織に最適な二要素認証の導入方法
~ SmartOnで見直すエンドポイントセキュリティ ~

日常的に発生するサイバー攻撃の脅威や、2016年1月からより厳密な取扱いを要するマイナンバー制度が始まったこともあり、国は、国民や組織、自治体を守るためのさまざまな法制度やガイドラインの策定を進めています。その中で有効な施策の1つとして推奨されているのが「二要素認証」です。
本資料では、ソリトンシステムズが提供する二要素認証システムを紹介しながら、組織に最適な二要素認証をどのように導入すればよいのか、解説します。

ホワイトペーパーのダウンロードはこちらから