メキシコから日本への通信遅延を
高速な画面転送リモートデスクトップで改善

伊藤忠マシンテクノス
  • 接続は途切れず安定した通信を実現 ユーザーからも感謝の声
  • 専用線の20分の1以下のコストで実現
  • セキュアな運用が可能になりデータ流出の不安は解消
導入製品
 Soliton SecureDesktop
目次
  1. 1.

    海外の不安定なインターネット回線でも安定・快適・低コストでリモートアクセス

  2. 2.

    業務効率が改善 ユーザーからも感謝の声

  3. 3.

    海外でも安心のセキュリティ データは端末に残らない

伊藤忠マシンテクノス 様 イメージ 図

伊藤忠マシンテクノスでは、メキシコから日本のシステムを利用するための手段として、Soliton SecureDesktopを採用した。

メキシコ事業所のPCから日本本社のPCを、Soliton SecureDesktopを活用してリモート操作し、グループウェアやワークフローを利用している。独自のストリーミング技術でPC画面を圧縮・転送しリモート操作を行うので、メキシコの不安定なインターネット回線でも安定した通信を実現。また、メキシコのPCには日本のPCの画面だけが表示されるので、データ流出の心配も解消された。

海外の不安定なインターネット回線でも
安定・快適・低コストでリモートアクセス

伊藤忠マシンテクノスでは、メキシコの事業所から日本本社のシステムへアクセスする際にVPNを利用していました。しかし、現地の通信環境が不安定で、システムの動作が非常に遅い、VPN接続が途中で切れてしまう、といった問題が発生。仕方なく日本の誰かに連絡し代理でワークフローの申請をしてもらうなど、業務効率の低下のみならず、運用面の問題も抱えていました。同社では、新興国を中心にグローバルな事業展開を進めており、まさにメキシコでは事業の盛り上がりを見せている最中。すぐにでも解決すべき課題でした。

通信が不安定である原因はメキシコ国内の通信インフラにあり、時間当たりの通信量の大幅な不足がその理由でした。これを解決したのが「Soliton SecureDesktop サービス」です。同製品は、独自の技術でPC画面を圧縮して遠隔地へ高速転送し、PCのリモート操作を行います。回線環境が良くない海外拠点からの利用には最適でした。日本本社とメキシコ事業所のPCにそれぞれソフトと証明書をインストールし、すぐに利用開始。かかったコストは専用線の20分の1以下でした。

業務効率が改善 ユーザーからも感謝の声

メキシコでの様子
メキシコでの様子

現地で評価したところ、メキシコの事業所にあるPCから、日本本社のPCを安定して操作できる事が分かりました。操作は直感的に行えるので、現地でのサポートの手間はほとんどありません。ユーザーからも好評で、これまで困っていたグループウェアやワークフローの利用も問題なく行えるようになり、利用時のストレスが軽減したとの声が上がりました。

海外でも安心のセキュリティ データは端末に残らない

海外のPCの管理は容易ではありません。また、メキシコの治安は決して良いとは言えず、PCの盗難等によるデータ流出が不安の種でした。今回購入したSoliton SecureDesktop サービスでは、日本の本社にあるPCの画面のみを、メキシコのPCに表示しているので、メキシコでのデータ流出の不安はありません。

通信遅延の問題だけでなく、セキュリティの不安も解決できた同製品を活用し、今後はiPadなどからPCをリモートコントロールしてPC業務を行うモバイルツールとしての利用も考えています。

お忙しい中、ありがとうございました。

製品・サービス

Soliton SecureDesktop

Soliton SecureDesktop

在宅勤務を実現する業務用リモートデスクトップ

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ