技術に詳しい、パイオニア的な教育者や教員メンバーが、最新の技術をキャンパスに導入するように、強く要求する風土の中で、Xirrus Wi-Fiを活用

モアハウス大学
  • 21世紀の教育はどうあるべきかを実験し、Xirrus Wi-Fiを採用
  • 「モバイル第一、クラウド第一」を満たす、信頼できるWi-Fi
  • Xirrusは無線技術のリーダーとして、学生にキャリア機会を提供

クリフォード・ラッセル氏(情報統括担当役員(CIO)、モアハウス大学)
へのインタビュー

モアハウス大学は、1867年に設立され、歴史的には黒人の大学でした。モアハウス大学は男子大学であり、多くの著名な卒業生で知られています。最も有名な卒業生は、マーチン・ルサー・キング牧師です。

モアハウス大学にとって、技術は非常に重要です。我々には、技術に詳しい、パイオニア的な教育者や教員メンバーがおり、彼らは最新の技術をキャンパスに導入するように、強い要求をしてきます。つまり,モアハウス大学は、21世紀の教育はどうあるべきかを実験しているのです。

我々は、反転授業(Flipped Classroom、対面授業とオンラインの動画授業の組み合わせ)やコラボレーションについての話をよく耳にします。実現には、技術としては、制限のない自由な環境が必要です。

BYODとして、学生は自身のデバイスを持ち込みます。我々は、「モバイル第一、クラウド第一」のアプローチを取っており、そのためには、信頼できる、最新のWi-Fiが必要です。

Xirrusとそのアプローチが差別化できた要因の一つは、彼らは現れると、技術者や最新技術を持ちこんだことです。非常に優れたスループットとカバレッジがあります。素晴らしいマネジメントツールがあり、それらは我々が以前は持ち合わせていないものでした。特に、付属のクラウドコントロールシステムは優れています。

クラウドマネジメントシステムには、いくつかの特徴があり、我々から見ると際立って感じます。非常に使いやすく、アクセスポイントにおいて重要であり、良いデータを得るのも簡単です。

アナリティクスに関しては、システムのパフォーマンス、システムの利用状況が把握できます。他の素晴らしい特徴は、オンボード機能であり、これは大学にとって重要な特徴です。この機能により、我々はこのネットワークを、非常に限定された技術サポートを前提に構築できました。

ユーザーデバイス比率は、1ユーザー当たり8台のデバイスです。この数値は、重い負荷ですが、学生が来るときに,我々が直面することです。タブレット、スマートフォン、スマートテレビ、これらすべては常にネットワークに接続されることが求められます。

我々が注目する機能の一つが、クラウドコントロールシステムです。Netflix(ネットフリックス、映画やドラマをオンラインでストリーム再生)は,我々のネットワークで、最も使われるアプリケーションの一つです。

我々はNetflixが大好きであり、学生もNetflixが大好きです。しかし、時間帯により、Netflixへのアクセスを制限し、ネットワークでアカデミックな利用を優先したいこともあります。夜間のバックアップにより、学生はNetflixの優れたパフォーマンスを確保できます。Xirrusのシステムでは、このような設定が非常に簡単にできます。

我々は、802.11ac仕様を選びました。それが無線技術の未来だからです。周波幅の要件は、上昇の一方であり、より表現力の豊かなメディア、ビデオオンデマンド、VoIPシステムなどが影響しています。

我々が802.11acが提供する帯域幅を使用しているかどうかについては、現時点では、Wave 1で構築しました。我々が導入したシステムの良い点は、Wave 2 Wi-Fiに簡単にアップグレードできることです。アップグレードの時には、(工事のための)重いリフトもインフラ投資も必要ありません。

私は、Xirrusと本当の意味でのパートナーシップを結びたいと思います。我々は、Xirrusとアクセスポイント以上の話をしています。我々が生産するもの、つまり素晴らしい若い男子です。Xirrusは、これらの男子がキャリアを得る機会となる、数多くのパートナーの一社なのです。この事実は重要であり、それはXirrusが無線技術の最先端を行くリーダーだからです。

製品・サービス

Riverbed Xirrus Wi-Fi

Riverbed Xirrus Wi-Fi

基本機能を重視した、よくつながるWi-Fi