メニュー

サーバー・ストレージお役立ちコラム

メニュー

ITコンプライアンス・内部統制

何に注意すればいい? ファイルサーバーのバックアップ

何に注意すればいい? ファイルサーバーのバックアップ

ファイルサーバーのバックアップには、十分な注意を払っておくことが必要です。必要といわれて一応バックアップは取ってある……というレベルでは、必要なときに完全なデータの復旧・復元が望めない可能性もあります。ファイルサーバーのバックアップについて注意点などをまとめます。

業務を止めない! バックアップの重要性

ファイルサーバーのバックアップは必要な理由として、大きなものを3つ挙げます。

1つ目の理由は、操作ミスや不注意、不慣れなどのヒューマンエラーによってデータ(ファイル)が消失してしまうことがあるからです。

2つ目の理由はハードウェアが故障・不具合を起こした場合に備えるためです。サーバーに障害が起きてもバックアップがあれば復旧が可能です。

3つ目の理由は大規模災害などの緊急事態に遭遇したときに事業を継続するためです。事業継続計画(BCP)を実現する手段の一つとして、ファイルサーバーのバックアップは重要です。

この3つの他にも、さまざまな理由があります。ソフトウェア障害、ウイルス感染、不正侵入などによるリスクも考えられます。

ファイルサーバーはネットワーク上でデータを共有し、データのバックアップや一元管理のために有効な方法です。しかし、ファイルサーバーへの依存度が強いほど、サーバーに障害が起きたときに業務が停止してしまうリスクは高くなります。さらにハードディスクは振動に弱く、もともと壊れやすい装置でもあります。

このような理由から、ファイルサーバーのバックアップは必要不可欠なものといえるのです。

さまざまなバックアップ方法

ファイルサーバーのバックアップ方法には次のようなものがあります。

テープによるバックアップ

LTOなどの磁気テープを利用したバックアップ方法です。ハードディスクと違ってテープは故障するリスクが少なく、可搬性が高いので社外での保管も可能です。一方、テープの交換作業などは手動で行う必要があります。またデータをファイル単位でリストア(復元)したい、数年前のデータを確認したいなどの場合は、操作性の悪さや取り扱いの面倒さがあります。

ハードディスクによるバックアップ

外付けハードディスクを使用したバックアップ方法です。サーバーにハードディスクを接続し、バックアップソフトを使用することで自動的にバックアップ作業を実行できます。また、NAS(ネットワークHDD)を使ったバックアップも可能です。ただし、ハードディスクをサーバーと同じ場所・建物内に置くと災害などの際、同時に使用不可能になることがあります。

遠隔地バックアップ

遠隔地にバックアップデータを保管する方法は、従来はテープメディアを使用し、物理的に搬送する方法が一般的でした。現在はハードディスクやサーバーを遠隔地に設置し、通信回線を経由してバックアップするリモートバックアップや、クラウドにバックアップを取る方法などが登場しています。

なお、遠隔地や同じネットワーク内のサーバー、NASなどに更新データをリアルタイムで同期させる方法はレプリケーションと呼ばれます。レプリケーションは複製元のサーバーが停止しても複製先のデータを使って迅速に業務が再開できるメリットがありますが、従来のバックアップと異なり、数世代前のデータを保持することはできません。

ファイルサーバーのバックアップにおけるポイント

まず、頻繁に更新されるホットデータがある場合は、1日1回以上のバックアップが必要です。バックアップ頻度は、データの鮮度がどの程度重要なのかによって決まります。

また、バックアップは世代管理できることが基本です。最新のバックアップ時点の復旧だけではなく、数世代前のバックアップ時点にも戻れることで、例えばウイルス感染した場合でも感染するより前の状態に戻すことができます。

バックアップの注意点

注意点としては、バックアップを行ったときには必ずバックアップログでコピーに失敗したファイルがないかを確認することが挙げられます。これを怠ると、次回のバックアップ時にエラーがそのまま引き継がれてしまう可能性があります。エラーが出た場合にアラートが表示されるような設定にしておくとよいでしょう。

さらに世代管理が機能しているか、バックアップデータから任意のデータをファイル単位やフォルダ単位で取り出したりリストアしたりできるかも定期的にチェックしておきましょう。

またバックアップした媒体を適切に保管・管理し、損傷や紛失、盗難から守ることにも注意しなければなりません。同時に、媒体の耐用年数にも気を配る必要があります。

バックアップに時間がかかりすぎる場合の対処法

バックアップの方式には、毎回すべてのデータをバックアップする「フルバックアップ」、初回フルバックアップから変更・追加されたデータのみをバックアップする「差分バックアップ」、前回行われたバックアップから変更・追加されたデータのみをバックアップする「増分バックアップ」があります。

フルバックアップはデータ量が膨大になるほどバックアップ作業時間が長くなり、元データ量×世代分の容量が必要になります。しかしデータの全復元は1回の作業で可能です。

差分バックアップと増分バックアップはどちらもバックアップ作業時間を短縮できます。しかし増分バックアップはリストアに時間を要し、差分バックアップは増分バックアップに比べてバックアップを繰り返すほどバックアップ作業時間が長くなって必要な空き容量も多くなります。

そこで多くの企業では、フルバックアップと増分バックアップ、差分バックアップを組み合わせた運用方法を採用しています。週次でフルバックアップを行い、毎日のバックアップはファイルやブロック単位で差分バックアップで行うなどの方法にすれば、時間と安全性のバランスが取れるでしょう。

何らかのミスやトラブルが発生したとき、企業の資産となるデータを守れるよう、ファイルサーバーのバックアップ管理を怠らないようにしましょう。

pagetop

©  サーバー・ストレージお役立ちコラム
All rights Reserved.