メニュー

サーバー・ストレージお役立ちコラム

メニュー

ヒューマンエラー対策

データが消失する原因と対処法

データが消失する原因と対処法

ビジネスで扱っているパソコンや社内のファイルサーバから、ある日突然データが消失し、重要な情報を取り出せなくなる……。あまり考えたくないことですが、実際にデータが消失する危険性は日頃の作業の中に常に潜んでいます。データの消失を防ぐ、あるいは消失したデータを復旧するには、データ消失の原因と正しい対処法を知る必要があります。データの消失について知っておくべきポイントを解説していきます。

データが消失する3つの原因

データの消失はなぜ起こるのか、その原因から見ていきましょう。主に次の3つの原因が考えられます。

人的ミス

人的ミスは、データ消失の原因の中でもかなり高い割合を占めています。不注意によって重要なファイルやフォルダを削除してしまった、データを上書きしてしまったというミスは多くの企業で見られるものです。また操作を間違えてハードディスクをフォーマットしてしまうようなケースもあります。

当然、重要なデータに関してはバックアップを取っているはずですが、いざ復旧しようとするとバックアップがしっかり取れていなかったという事実が明らかになることもあります。バックアップ用バッチファイルを逆に実行して、現行のデータがバックアップデータに同期されてしまうケースも人的ミスです。

ハードウェアの破損

人的ミスと並ぶ、あるいはもっと多い原因がハードウェアの破損や障害です。とくにハードディスクドライブ(HDD)には論理障害や物理障害などのトラブルが生じる可能性があります。

論理障害の多くは人的ミスで起こるのですが、物理障害は経年劣化、熱、水没、落下・振動などが原因で起こります。不良セクタの発生、磁気ヘッドやメディアの損傷、データ部の破損などが物理障害の症状で、これらが重複した障害の場合は復旧作業も難しくなります。

サーバーなどに使用するハードディスクは多くの場合、複数のHDDを一つのドライブのように認識・表示させて安全性を高めるRAID(レイド)を組んでいるでしょう。しかし、複数のHDDが同時に故障した、エラーが出たHDDを交換してリビルドを行う途中で故障していなかったはずのHDDにも障害が起きたというトラブルが起きる可能性もあります。この場合、RAIDが崩壊して復旧は難しくなってしまいます。

ソフトウェアのトラブル

データ消失の原因の大半は人的ミスとハードウェアの破損によるものといえますが、この2つに次いで多いのがソフトウェアに起因するトラブルです。

ソフトウェアの不具合によってマシンがフリーズし、強制シャットダウンした結果、再起動後にファイルが損傷していて開けなくなるケースなどがこれに該当します。他にOSやファームウェアのアップデートの失敗、エラーが起きているときにユーティリティソフトなどでデータ復旧を試みることによってかえってもとのデータを破損させてしまうというケースもあります。

データが消失したときの対処法1:バックアップから復旧

対処法として最も有効なのはバックアップからの復旧です。まず、失うと困るデータは必ずバックアップを取っておくことが、言うまでもなく重要です。そしてバックアップがしっかり取れているかを毎回チェックすべきです。

バックアップには外付けHDDや光学メディア、テープメディアなどに保存する方法、クラウド上に保存する方法、LAN環境に接続したNASに保存する方法などがあります。

データが消失したときの対処法2:業者に相談

ハードウェアが破損している場合は、メーカーやデータ復旧業者に問い合わせるのがベターな選択となります。HDDから異音がする、焦げ臭いなどの異臭がする、モーターが回っていないなどの状況が確認できたら、HDDに物理障害が起きている可能性が高いでしょう。

その際は、市販のユーティリティソフトなどを使うことは極力避け、業者に一任してしまった方が賢明です。また復旧業者に依頼する場合は事前に状況をよく説明し、データを復旧できる見込みがあるかどうか確認してください。そのときの対応によって、その業者の得意分野や技術力が推し量れるはずです。例えばクライアントPCとサーバーではデータの復旧の仕方も違ってきます。

ただし、メーカーや復旧業者に依頼したからといって必ずデータが復元できるとは限りません。データは消えたままで、機器もリプレースが必要になるケースもあることは覚悟しておきましょう。

トラブルに備えて定期的なバックアップの徹底を

バックアップは確実に行うことに加えて、定期的に行うことが必要です。毎日バックアップを行えば、たとえデータが消失しても前日の状態に戻すことが可能で、その分、被害を小さく抑えることができます。

その意味では、確実性が高く、小まめなバックアップが苦にならないようなバックアップソフトやバックアップツールを選ぶことが、最も重要と言えるかもしれません。

データ消失は思わぬときに発生します。定期的なバックアップを欠かさず、常に万一のときのことを想定した備えをしておきましょう。日頃からバックアップに慣れ親しんでおく、というくらいの感覚でデータと付き合うことが肝要です。

pagetop

©  サーバー・ストレージお役立ちコラム
All rights Reserved.