メニュー

サーバー・ストレージお役立ちコラム

メニュー

ヒューマンエラー対策

ヒューマンエラーとは? 定義や種類について解説

ヒューマンエラーとは? 定義や種類について解説

ヒューマンエラーはときに重大な事故を引き起こし、多大な損失を招く危険性があります。しかし、ヒューマンエラーを単なる個人の過失やプロ意識の欠如などとして捉えようとすると、本質を見誤ることになります。ヒューマンエラーとは何か、まずはその定義や種類から理解していきましょう。

ヒューマンエラーの定義

ヒューマンエラーとは人間が原因となって起こる失敗や過誤のことです。簡単に「人為的ミス」と言い換えることもできます。

もう少し厳密にヒューマンエラーを定義するなら、「すべきことをしなかった、またはすべきでないことをしたなどの人間の行為によって、意図しない結果が起こること」といえます。

「すべきことをしなかった」とは、本来ならやらなければならなかった行為をつい忘れたり、途中を省いたりして適切に行わなかったために失敗してしまうことです。オミッションエラーとも呼ばれます。

一方、「すべきでないことをした」というのは、やったことが正しくなかったために失敗してしまうことです。選択、順序、時間、質の間違いや失敗によって起こります。コミッションエラーとも呼ばれます。

ヒューマンエラーの種類

ヒューマンエラーには、人間がまったく意図していないのに発生するものと、人間が意図して行動した結果、発生するものとがあります。ヒューマンエラーの分類の仕方にはさまざまなものがありますが、ここではこの2種類による違いについて説明します。

意図しない行動に起因するヒューマンエラー

本人はまったく意図していないのにミスをしてしまうタイプのヒューマンエラーです。よくあるケースとしては、知識不足やスキル不足、不慣れなどによるミスが挙げられます。

本人の未熟さが原因となる以外にも、連絡・連携不足、勘違いなどによるミスもこのカテゴリーに入ります。つまり、適正・適切な目標を掲げていたにもかかわらず、間違った行動をしてしまって結果的に失敗するのが、意図しない行動に起因するヒューマンエラーです。

意図した行動に起因するヒューマンエラー

こちらは本人がある程度の意図を持って行動し、その結果、ミスが起きてしまうタイプのヒューマンエラーです。

例えば定められた規則や手順があるにもかかわらず、疲労、単調な作業による集中力の低下などによってそれらを行わなかったり、別のことをしてしまったりしてミスが起こります。マニュアルの形骸化などによる手順無視、手抜き(この程度なら問題はないと判断して行ったもの)なども同様です。

以上から分かるように、意図した行動に起因するヒューマンエラーは違反行為に近いものです。本人に多少なりとも「まずいかもしれない」という考えがあったとしても、「少しくらいなら大丈夫だろう」という意識が勝ってミスを引き起こしてしまいます。

ヒューマンエラーに含まれないもの

ヒューマンエラーに似ているものの、ヒューマンエラーには含まれないミスもあります。

まず、マニュアルや規則、決められた手順通りに行動し、ミスもなかったけれど、意図しない結果が起こった場合です。これはヒューマンエラーとはいえません。マニュアルや規則そのものが間違っていたか、機械や装置が故障していたか、あるいは何か想定外のことが起きてミスになったと考えられます。ただ、マニュアルの作成者がミスをして必要な手順を書いていなかったのだとしたら、その段階でヒューマンエラーが起きていたとはいえます。

また、意図した行動に起因するヒューマンエラーに似たケースで、不適正・不適切な目標を掲げてその通りに行動し、引き起こした故意のミスもまたヒューマンエラーには含まれません。悪意ある失敗は犯罪につながる行為であり、適切ではない行動とそのものが目的化しているからです。

ヒューマンエラー対策を考えるときの注意点

意図しない行動によるヒューマンエラーと意図した行動に起因するヒューマンエラーでは取るべき対策が異なります。

意図しない行動によるヒューマンエラーの原因は、知識やスキルの不足、思い違い、不注意などにあります。これを防ぐには、従業員の研修や教育をしっかりと行うこと、段階を追って経験を積めるような仕組みを作ること、マニュアルや規則を整備することなどの対策が求められます。

意図した行動に起因するヒューマンエラーは手順の無視や手抜きが原因です。ミスをするときの心理状況を探ると、「大丈夫だろう」という慢心や過信、アバウトさなどがあることがほとんどです。

そうした心理状況は、作業を終えるまでの時間がないとき、作業が単調すぎるまたは複雑すぎるとき、組織に安全重視の考えや空気が欠落しているとき、生産性・効率性・スピードばかりが重視されるときなどに起こりやすくなります。そのため対策としても、職場環境や企業風土の見直しから行う必要があるかもしれません。

いずれにせよ、ヒューマンエラーはミスした本人を叱ったり、「安全第一」などのお題目を掲げたりするだけでたやすく改善できるものではありません。どこに原因があるのかを深掘りし、それを踏まえてヒューマンエラーが起きにくい仕組みや環境を作り、少しずつエラーを減らしていくことが重要です。

人間はミスをしてしまいます。ヒューマンエラーを完全に防止することはできません。しかしヒューマンエラーを極力減らしていくことは可能です。今一度、ヒューマンエラー対策について考えてみてはいかがでしょうか。

▼こちらの記事を読んだ方におすすめの記事はこちら

企業が把握しておきたいヒューマンエラーの定義と種類

pagetop

©  サーバー・ストレージお役立ちコラム
All rights Reserved.