メニュー

サーバー・ストレージお役立ちコラム

メニュー

ヒューマンエラー対策

企業でUSBメモリを使用するリスク

企業でUSBメモリを使用するリスク

USBメモリの使用にはさまざまなリスクが伴うことから、社内でのUSBメモリの使用を禁止している企業もあります。具体的にどのようなリスクがあるのか、安全にUSBメモリを使用する方法はないのかなど、企業でUSBメモリの使用を検討する際に知っておくべきことについて解説していきます。

USBメモリは企業で使用しない方がよいのか

USBメモリはコンパクトで大容量なストレージであり、コンビニエンスストアなどでも気軽に購入することができます。データのコピーや移動、持ち運びに便利なために一気に普及しましたが、企業においてはその使用には危険性が伴います。

現在、仕事上でUSBメモリの使用を認めていない企業も多いでしょう。デジタルデータをよく扱う企業ほど、使用には慎重になっているはずです。USBメモリの利便性の高さには疑いはありませんが、企業にとっては日常的に使用するにはリスクの高い記録媒体だといえるでしょう。

USBメモリを使用するリスク

USBメモリの使用はなぜ企業にとって問題なのか、どのようなリスクが考えられるのかを挙げてみましょう。

紛失

USBメモリはコンパクトであるがゆえに紛失しやすいアイテムです。社内で紛失するならまだしも、社外で紛失してしまった場合は重要なデータが漏洩してしまう危険性が高くなります。実際に、USBメモリをどこかに落としてしまった、置き忘れた鞄の中に個人情報を保存したUSBメモリが入っていたという事例も発生しています。USBメモリを持ち歩くことを許している限り、紛失の危険性はなくならないでしょう。

盗難

USBメモリを社外に持ち出していることを知っている誰かが盗むという危険性もあります。また、鞄の置き引きや車上荒らしに遭った結果、その中にUSBメモリが入っていたというケースも考えるべきでしょう。社内での使用も、重要データが入ったUSBメモリが外部からの侵入者などによって盗難されるリスクが伴います。

内部犯行の発生

日常的にUSBメモリを使用していると、企業の内部に悪意を持つ者がいた場合、盗難などの犯行がしやすい状況が生まれてしまいます。内部犯行であれば、USBメモリに欲しいデータをコピーして簡単に持ち出せるからです。また、USBメモリにウイルスを忍ばせることもできるでしょう。考えたくはないことですが、そうした危険性があることは把握しておくべきです。

ウイルス感染

USBメモリを自宅に持ち帰って自宅のパソコンで作業をしたとします。その自宅のパソコンが万が一ウイルスに感染していれば、USBメモリにウイルスがコピーされる可能性があります。そのUSBメモリを会社のパソコンに接続すると今度は会社のパソコンがウイルスに感染します。USBメモリがウイルスに感染経路になるケースは一時期急増しました。

USBメモリを安全に利用する方法はあるのか

重要データの入ったUSBメモリの紛失やウイルス感染がニュースなどで取り上げられるようになってから、USBメモリを安全に利用するための対策も取られるようになってきました。

たとえ紛失したり盗難されたりしたとしても、パスワード保護やファイルの暗号化によって情報漏えいを防ぐ機能を持つUSBメモリが作られ、販売されています。

また、企業でUSBメモリを運用する際にはウイルスチェックを義務づけ、アクセスログ管理を徹底することである程度、安全性を高めることができます。あるいは社内ネットワークから切り離し、USBメモリの自動実行を無効化した専用パソコン用意するという方法も考えられます。

ただし、それでもヒューマンエラーが絡むケースもあり、完全に安全なUSBメモリの運用方法を確立することは難しいでしょう。IT部門などがUSBメモリの使用を厳格に管理するのは負荷もかかり、USBメモリ本来の手軽さなどの利便性も損なわれることになります。

USBメモリを使用しないという選択肢

現在では、企業においてUSBメモリを使用しなければできない作業・業務というのはほとんどないはずです。

USBメモリで行っていたことは、ネットワークを利用して安全なファイルの受け渡し・共有を可能にするツールや機器で代替できるようになっています。またクラウドサーバーを利用すれば、USBメモリよりももっと簡単に、安全にデータをやりとりすることができます。

リアルな記録媒体をそのまま持ち歩く必要がないということは、紛失する危険性も盗まれる危険性もないということです。ウイルスやサイバー攻撃に対しては、十分なセキュリティ対策を備えたサーバー業者を選ぶことなどで防御可能でしょう。

自社にマッチした、これらの方法を見つけることで、USBメモリを使用しない方法を選ぶことができます。もちろん、それでもUSBメモリを使う方がメリットは大きいというのであれば、それも選択肢の一つです。

企業でUSBメモリを利用するのであれば少なくとも、USBメモリの使用にはどのようなリスクがあるのか、そのリスクを軽減させるには何をすべきなのかという点については熟考が必要です。その上で、USBメモリを使用するか否かの判断をすることをおすすめします。

pagetop

©  サーバー・ストレージお役立ちコラム
All rights Reserved.