メニュー

サーバー・ストレージお役立ちコラム

メニュー

ストレージ/ファイルサーバの基礎知識

オンプレミスとクラウドの違いとそれぞれのメリット・デメリット

オンプレミスとクラウドの違いとそれぞれのメリット・デメリット

企業内でサーバーを利用する際、よく比較検討の対象となるのがオンプレミスとクラウドです。その背景には、近年、オンプレミスの代替となるようなクラウドサービスが次々と現れて、急速に普及してきたことがあります。オンプレミスとクラウドの違いと、それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

オンプレミスとは

オンプレミスとは一般的にサーバー、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェアなどのインフラを自社で構築し運用することを指す言葉です。プレミス(Premise)には「構内」「店内」といった意味があり、オンプレミスは主にサーバーの運用形態を表すときに使われます。日本語で、一言で表すなら「自社運用」のことです。広義では、間借りのデータセンターなども、自社で管理していればオンプレミスに含まれます。データセンターとはサーバーやネットワーク機器を設置して運用する施設のことです。

オンプレミスはクラウドという概念が登場する前にはごく一般的なサーバーの運用形態でした。インフラを社内やデータセンターに設置する広義でいうオンプレミス以外には、レンタルサーバーを利用するという方法などが取られていました。

クラウドとは

クラウドとは、自社内にインフラを持たなくても、インターネットなどの通信回線を通じて必要なときに必要な分だけサービスを利用できる仕組みを表す言葉です。企業が利用するクラウドには主に次の2つがあります。

パブリッククラウド

個人・企業などさまざまなユーザー向けにインターネット経由で提供されているクラウドサービスです。パブリッククラウドではサーバーを含むハードウェア、ソフトウェア、その他のインフラストラクチャのすべてをクラウドプロバイダーが提供します。クラウドという場合、大半はこちらのパブリッククラウドを指します。

プライベートクラウド

契約者が自身で環境を整えて活用する専用のクラウドがプライベートクラウドです。企業は自社用にカスタマイズしたクラウド環境を構築します。

サーバーについて、クラウドプロバイダーが提供するサーバーを利用するという場合はホスティング型プライベートクラウドと呼ばれます。一方、自社ですべてのインフラをそろえて構築するプライベートクラウドはオンプレミス型プライベートクラウドと呼ばれます。

従来のオンプレミスと、オンプレミス型プライベートクラウドは、実態としてはほとんど同じです。しかし、オンプレミス型プライベートクラウドはクラウドプロバイダーやベンダーが提供するもので、独自のサービスが付与されることもあります。

オンプレミスとクラウドの違い

オンプレミスとクラウドの違いを一言でいえば、自社で運用するか否かです。ただし、この場合でいう「クラウド」はパブリッククラウドを指し、自社で運用するプライベートクラウドは含まれません。言い換えると、狭義でいうところのオンプレミス(自社内構築・運用)とクラウド(パブリッククラウド、プライベートクラウドとも)の違いであれば、自社でデータセンターを持つか否かとも言えます。

いずれにしてもオンプレミスは必要なインフラをそろえて自社で運用するスタイルであることには違いありません。クラウドは、プライベートクラウドを例外として、業者が用意したインフラを利用し、運用も業者に任せるスタイルとなります。

オンプレミスのメリット・デメリット

オンプレミスのメリットはセキュリティを強化できることです。ネットワークも自社内のみのクローズドなものにすることができます。その他のカスタマイズ性も高く、自社の業務内容やニーズに合わせて最適なサーバーを構築できます。自社の他のシステムとの連携が行いやすいのも利点です。

デメリットは導入費用が高価になること、使用開始までの時間がかかることなどです。ただし、運用費は固定となるため予算化しやすいでしょう。運用に際しては専門的な知識とスキルを持つ人材が必要で、メンテナンスや故障時の対応を含めた運用負荷も大きいといえます。

クラウドのメリット・デメリット

クラウド(パブリッククラウド)のメリットはイニシャルコストが安いことです。申し込めばすぐにでも利用開始できるのも特徴で、サーバー台数の増減、スペック変更などもWeb上から行うことができます。

デメリットは利用頻度によって月額費用が変動するため予算を立てにくいことです。また、カスタマイズ性、自社のシステムとの連携などには一定の制限があります。セキュリティは業者やサービスの選び方によってある程度高くすることができますが、サーバーやネット回線がダウンすると利用できなくなり、自社では打つ手がありません。ほとんどの場合は短時間で復旧するはずですが、その場合でも障害内容の詳細は分からないということもあり得ます。

オンプレミスとクラウドのハイブリッド環境もオススメ

オンプレミスかクラウドかという二者択一は、両者のメリットとデメリットを比較して自社に合ったものを選択することになるでしょう。カスタマイズ性の高さではオンプレミスが上回っており、コスト面ではクラウドが有利です。

ただし、第三の選択肢として、オンプレミスとクラウドのハイブリッド環境を構築して利用する方法もあります。基本的にはオンプレミスを利用し、それほど機密性の高くないデータのやりとりや、外部からモバイルデバイスでアクセスする機会が多い業務ではクラウドに移行するという運用方法が考えられます。今後、クラウドサービスはますます利便化・多様化していくと思われるので、両者の良いとこ取りをする柔軟な活用法を考えていくべきでしょう。

オンプレミスとクラウドのメリットを生かして活用することで、生産性の向上につながります。それぞれの違いとメリット・デメリットをしっかり把握しておきましょう。

pagetop

©  サーバー・ストレージお役立ちコラム
All rights Reserved.