メニュー

サーバー・ストレージお役立ちコラム

メニュー

ストレージ/ファイルサーバの基礎知識

タイミングや注意点は? サーバーリプレイスの考え方

タイミングや注意点は? サーバーリプレイスの考え方

ファイルサーバーやWebサーバーを運用している企業にとって、サーバーのリプレイスは避けて通ることができない課題です。いつ、どのようにしてサーバーリプレイスを行えばよいのか、基本的な考え方などをご紹介します。

サーバーリプレイスの考え方

サーバーを使用していると、やがてリプレイスするタイミングがやってきます。
ストレージの容量逼迫、ハードウェアのスペック不足、老朽化などが進めば、不便や不具合が生じやすくなります。それを補おうとハードディスクを増設したり、部品を交換したり、運用方法を見直したりして状況をしのいだとしても、根本的な解決に至るのは難しいでしょう。また、ハードウェアやOSのサポートが終了した場合もリプレイスを考えなければなりません。

しかし、リプレイスには難しさもあります。データを漏れなく移行することはもちろん、365日24時間稼働しているサーバーであれば、サーバーの稼働を停止する時間を最小限に抑えることが重要なミッションとなります。また新しいハードウェアに移行した後は問題なく業務が再開できる状態になっていることも求められます。

それでも不便や不具合を放置するリスクを考えれば、ギリギリではなく、ある程度余裕を持ったタイミングでリプレイスを行うべきです。そのためにしっかりとした計画を立て、滞りなく安全にリプレイス作業をやり遂げる必要があります。

目安はどのくらい? サーバーのリプレイスのタイミング

サーバーを使い始めてからリプレイスするまでの期間は、一般的には5年が一つの目安といわれます。その根拠は税法上の電子機器の耐用年数(減価償却期間)が5年だからです。実際に5年が経てばビジネスの状況も変わって、時代のニーズに即した、より高性能なサーバーが必要になってきます。5年前の仕様のままのレガシー化した環境では効率的な活用・運用ができないというケースも出てくるでしょう。

とくに近年は業務で扱うデータ量が急増しています。ファイルサーバーなどは2~3年で容量不足となり、そのタイミングでリプレイスに踏み切る企業も多くなっています。リプレイスのタイミングは「長く持たせたとしても5年」と考えた方がよいかもしれません。

サーバーリプレイスを行わないとどうなるのか

サーバーリプレイスを行わないリスクについて考えてみましょう。

まず挙げられるのがサーバーの処理能力の低下による生産性の減退です。残容量の逼迫や長期間連続使用による劣化などでサーバーの処理能力が低下すると、徐々に業務に支障をきたすようになります。そのまま使い続けていると故障が起きる確率も高くなるでしょう。無理に使い続けた結果、突然故障して業務が止まる、さらにはサーバーがダウンした際に重要なデータが破損してしまうなどの事態も考えられます。

また、前述したように最新の製品と比べた場合の相対的な性能ダウンも問題となります。ハードウェア側が最新のOSやソフトウェアの要求するスペックを満たすことができず、十分なパフォーマンスが発揮できなくなるケースは珍しくありません。あるいは業務が拡大し、より多くの複雑な作業をこなさなくてはならなくなったとき、古いサーバーでは性能が追いつかないということも考えられます。その場合、他社との競争力が低下することにもつながるでしょう。

加えて、最新のOSが使用できず、サポートが終了してしまった場合には大きなセキュリティリスクを抱えることにもなります。脆弱性を突く新たなサイバー攻撃に対する防御が手薄になれば、ファイルサーバー内の重要なデータ、機密情報などが漏えい・消失する危険性も増します。

リプレイスの時期が遅れれば遅れるほど、サーバーを運用していく上での快適さと安全性が低下してきます。適切なタイミングで最新のシステムを導入してリプレイスを実施すれば、再び快適さと安全性を確保することができます。

サーバーリプレイス時の注意点

サーバーをリプレイスする際にはまず、どのようなハードウェアとソフトウェアを用意すべきかを探るために、要件を洗い出すことが先決です。現状の運用での問題点はないか、要望はあるかなど実作業スタッフへのヒアリングを実施して、購入する機器のスペックなどを決めていきましょう。

予算の関係上、すべて理想どおりとはいかないにしても、新たに用意するサーバーは今後少なくとも2~3年使い続けることを前提として、余裕を持った構成にしたいところです。今後2~3年でどれくらいサーバーの運用負荷が増すかを算定し、それに見合ったスペック、形態、台数を選定してください。物理サーバーを複数台用意する以外に仮想サーバーを使うという選択肢もあり、さらにクラウドサーバーを利用または併用する方法も考えられます。

また、リプレイスを無事成功させるための手順を十分に確認し、万一の場合に備えてバックアップを取っておくことも欠かせません。スケジュールを実作業スタッフや関係者とも共有し、計画的に新しいサーバーへの移行を進めていきましょう。

サーバーリプレイスを成功させるポイントは、自社のニーズや要件をしっかりと踏まえ、数年先を見越して行うことにあります。まずは現在稼働中のサーバーについて現状を把握するところから始めてみてはいかがでしょうか。

「仮想ストレージ」技術を用いれば好きなタイミングでディスクを自由に追加させることができます。
サーバーの容量不足の解決策としてお薦めです。

pagetop

©  サーバー・ストレージお役立ちコラム
All rights Reserved.