CameraLink、FPGA、Intel CPUを一つのボックスに搭載した国産の産業用画像処理コンピュータ。

  • CameraLink 4ch、FPGAインテルCPU搭載

製品概要

ZenZen(ゼンゼン)は、CameraLink、FPGA、Intel CPUを一つのボックスに搭載した国産の産業用画像処理コンピュータです。画像処理検査装置をはじめ多くの画像を扱うシステムにご利用頂けます。

高速に画像処理を行う為にインテル社製CPU以外にユーザ側が利用できるアルテラ社製FPGAを搭載しています。さらに、FPGA側から利用できる大容量SRAM、DDR2 SDRAM等も搭載しFPGA性能を引きだせます。

CameraLinkインターフェースには、PoCL対応、非対応どちらも接続可能です。また、東芝テリー社製カメラをはじめ多くのCameraLinkカメラに対応しています。

FPGA設計については、ソリトンシステムズ画像ライブラリの提供やお客様のご要望に応じたカスタム設計サービスも行います。また、ZenZenはWindows対応です。提供Windows用APIはHALCON対応となっており、ソフトウェア設計側は市販のライブラリがご利用頂けます。

カタログ(PDF)

ZenZen(産業用画像処理コンピュータ)

ポイント1: CameraLink+FPGA+Intel CPU を一つに!
ZenZenは画像処理システムに一般的に使用されるCameraLinkとインテル社製CPU(Windows動作可能)にFPGAによるハードウェアアクセラレーションの要素を一つにした新しい産業用画像処理コンピュータです。従来は、CameraLinkグラバーボードと産業用PCをユーザ側で接続および接続テストを行う必要がありましたが、ZenZen はこれらを一つにまとめています。また、FPGAとSRAMも搭載することで、CPU単体だけでは処理できない画像処理も実現できるようになります。
ポイント2:CameraLink PoCL 4ch 搭載
ZenZenはCameraLink PoCLを4ch同時にご利用頂けます。4ch同時に入力される画像はFPGAを通過しますので、FPGA内でそれぞれの画像を処理するのはもちろん、複数の画像を用いた処理も可能になっています。なお、非PoCL対応のカメラでも、電源供給が可能な口を用意しておりますのでご利用頂けます。
ポイント3:FPGA+SRAMによる高速処理
ZenZenはAltera社製Cyclone IV GX 110/150とSRAMを最大8MB搭載します。これらハードウェア要素を最大限利用することで、従来のソフトウェア処理単体では実現できなかったリアルタイム処理を容易に実現できます。なお、ソリトンシステムズはFPGA設計向けの各種ライブラリの提供やカスタム設計サービスも行っております。
ポイント4:国産設計・製造のZenZen
ZenZenは日本国内で設計、製造、検証を行っております。使用する部品も産業用途向けの良品で構成し、安心してご利用頂けるように開発しております。

ZenZen (産業用画像処理コンピュータ)

CPU Intel Celeron、Core i3/5/7
SW側メモリ 2GB DDR3 SDRAM
記憶装置 CFast(最大64GB)x2
DIO Input 16ch、Output 6ch、TTL IO 8ch
USB USB2.0 4ポート
RS-232C 2ポート
モニタ DVI-I
イーサネット Gigabit Ethernet 2ポート
CameraLink PoCL 対応 Base 4ch または Midium 2ch
FPGA Altera Cyclone IV GX 110/150
FPGA用メモリ SRAM 2/8MB、DDR2 SDRAM 256MB 2個
外形寸法 57H x 255W x 175D [mm]
動作温度・湿度 温度 0~50℃、湿度 30~85%(結露、氷結無し)
筐体 アルミヒートシンクボディ

価格

オープンプライス。価格については、お問い合わせください。

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ