WAN高速化アプライアンス

  • ファイルサーバ、メールサーバ、アプリケーションサーバ、およびストレージの統合
  • 大容量データ転送が必要になる場合の、転送時間や転送データ量の課題を解決
  • 帯域幅、遅延、アプリケーション・プロトコルの無駄という問題に、 アプライアンス 1 台で対応

製品概要

多くの企業では、分散したサーバやストレージ、およびバックアップ装置を集中管理することにより、インフラストラクチャを簡素化しコストの削減をしようとしています。 IT 統合には、データのセキュリティを高め、コンプライアンス(規制遵守)を容易にする効果もあります。ところが、統合した場合はWANを経由するアプリケーションのパフォーマンスが実用に耐えられない程度まで低下する問題が発生しています。

Riverbedのソリューション

Riverbed が提供するWDS(WIDE-AREA DATA SERVICE )は、WAFS 、アプリケーションのアクセラレーション、WAN 最適化など、さまざまなカテゴリを包含するWAN高速化ソリューションです。その目的がWAN 帯域の最大活用であっても、アプリケーションのパフォーマンスアップであっても、様々なニーズに対処するソリューションを提供します。 Riverbed の SteelHead アプライアンスを配置すると、アプリケーションのパフォーマンスを犠牲にすることなく、ファイルサーバ、メールサーバ、アプリケーションサーバ、およびストレージの統合が可能になります。同時に、データ移管やバックアップ、ディザスタリカバリー(DR)という大容量データ転送が必要になる場合の、転送時間や転送データ量の課題を解決します。
■ソリューション1.アプリケーションのアクセラレーション
ERP および CRM ソリューション、Windows 、Lotus Notes、NFS、Web アプリケーション、他のファイル共有アプリケーションなど、エンタープライズ系アプリケーションの統一配備は、どんなビジネスにも欠かせません。こうしたアプリケーションで常に問題となるのは、WAN 経由のパフォーマンスが LAN の場合より大幅に貧弱であることです。これに対して完璧なソリューションを提供する唯一のベンダーが Riverbed です。帯域幅、遅延、アプリケーション・プロトコルの無駄という問題に、配備が簡単な IT アプライアンス 1 台で同時に対応します。

・ファイル共有の高速化:
1組のマスタファイル(Windows または UNIX)を維持管理し、離れたオフィスからでもパフォーマンスを犠牲にすることなくアクセスできます。

・メール:
リモートオフィスのユーザは、ローカルのメールサーバとほとんど変わらないレスポンスでセンターのExchange または Notes サーバにアクセスできます。

・Web アプリケーション:
様々な Web アプリケーションへのハイ・パフォーマンスなアクセスを保証します。HTTPだけでなくSSL 暗号化のHTTPSにも適用されます。

・ソフトウェア配布:
新たに追加した PC に既存のデスクトップ設定をWAN経由により 10 倍から 60 倍の速度で適用することができます。

・ERP & CRM:
WAN 経由の応答性を 2 倍から 20 倍も高速化します。このため、基幹アプリケーションを世界中どこへでも展開できるようになります。

・FTP:
FTP による典型的なファイル共有を 5 倍から優に 100 倍以上も高速化します。

・任意の通信インフラ:
SteelHead アプライアンスは、IP、ATM 、フレーム、MPLS、衛星など、あらゆる通信インフラストラクチャを通じて機能します。

アプリケーションのアクセラレーション
■ソリューション2.WAN 帯域幅の最適化
回線帯域の増強を望まない、またはVoIP、Citrix などの特定アプリケーションにより多くの帯域幅を割り当ててパフォーマンスを向上できるようにしたい企業では、主として WAN からトラフィックを除去することに関心があります。

SteelHead アプライアンスは、再送などの無駄なトラフィックを除去すると同時に、データ圧縮やキャッシュや数百分の 1 のデータ削減率を提供します。このような WAN トラフィック改善の結果、以下のような利点が得られます。

・WAN 帯域幅の有効利用:
SteelHead はWAN に向かうトラフィックをすべてインターセプトし、TCP トラフィックを検査します。もし、以前に送信されたことがあるデータが存在する場合には、新規のデータのみが、既存データへの参照情報とともに送信されます。通常、この手法によってWAN トラフィックが時間の経過とともに60% から 95% 削減されます。

・WAN のアップグレードに相当:
SteelHead アプライアンスにより現状の WAN トラフィックが 60% 〜 95% 削減されるということは、たとえば 1 Mbps回線を利用するオフィスなら、SteelHead アプライアンスを追加するだけで、その帯域幅が 3 〜 30 Mbps に増加するのと同じことになります。

・VoIP や Citrix に対する余裕の拡大:
SteelHead アプライアンスを WAN に配備すると、60% 〜 95% のトラフィックが削減され、VoIP やCitrix など、専用の帯域幅を必要とするアプリケーションに対する余裕が生まれます。

■ソリューション3.ITインフラストラクチャの統合

ITインフラストラクチャの統合
IT の統合を行った場合、WANを経由するアプリケーションのパフォーマンスが実用に耐えられない程度まで低下するケースが多くみられます。 SteelHead アプライアンスを配置すると、アプリケーションのパフォーマンスを犠牲にすることなく、ファイルサーバ、メールサーバ、アプリケーションサーバ、およびストレージの統合が可能になります。リモートオフィスのサーバを統合することにより、以下のような利点が得られます。

・運用負荷の低減:
分散サーバの維持管理には、パッチ作業、バックアップ、復元、修復、オンサイトのメンテナンスなど業務があります。これらの業務は煩雑であり常時必要なため、リソースも膨大な割り当てが必要になります。インフラストラクチャを統合した場合はこれらの運用負荷を大幅に低減縮小できます。

・運用コスト削減:
分散したサーバやストレージの維持管理はコストもかかります。特に大規模な企業で多数のリモートオフィスがある場合、ハードウェア、ソフトウェア、IT サポートを総計したコストは極めて膨大です。

・ハード・ソフトのコスト削減:
使用効率が低い分散サーバを統合することにより、単体の使用効率を大幅に向上させ、ハードウェアおよびソフトウェア両方のコストを節約できます。

サーバーレス・オフィスの実現
■ソリューション4.バックアップとレプリケーションのアクセラレーション
IT における最大の課題の 1 つは、分散した企業インフラストラクチャの至るところに保存され増大し続ける膨大な量のデータのバックアップと保護です。多くの顧客は、サーバおよびストレージを分散したままで、バックアップ機能の集中管理を真剣に検討するようになるでしょう。Riverbed の SteelHead アプライアンスは、ネットワークベースのバックアップ手法を容易に実現し、様々なデータ保護の課題にも対応します。 SteelHead アプライアンスを配置してリモートオフィスのバックアップ統合を実現することにより、以下のような利点が得られます。

・分散バックアップおよびデータ管理が不要:
個々のリモートサイトでバックアップを実行する場合、複雑でコストがかかります。また、リスクも伴います。 WAN 経由のバックアップは、容易さ、信頼性および安全性の面で優れています。

・バックアップ・コストの削減:
サーバを WAN 経由で中央サーバにバックアップし、データセンタのテープで保管する場合、ローカルのテープ装置の維持管理や支社でのサービスについて心配する必要がなくなります。これによってリモートサイトあたり 5,000〜20,000 ドルの資本コストが不要になり、リモートサイトで必要になる IT サポートも減らすことができます。

・バックアップ所要時間の短縮:
従来のバックアップ所要時間を大幅に削減できます。多くの場合は十数分の1 以下に削減されます。これにより、スケジューリングとレプリケーション・タスクの頻度に関する柔軟性が大幅に向上します。

パブリックとレプリケーションの実現
■ソリューション5.モバイルユーザの高速化
SteelHead のモバイル リューションを使用すると、モバイルユーザは、オフィスにいるユーザのように、アプリケーションやデータに LAN 同様のアクセスができます。 こうしたソリューションは、エンドユーザのマシン上で実行されるソフトウェアを使用して、センターのアプライアンスと接続します。 最適化された接続を構築することで、WAN 経由で送信する必要があるデータを大幅に削減すると同時に、5 倍、50 倍、場合によっては最大 100 倍までアプリケーションを高速化できます。

カタログ・資料

特長・機能

企業の最重要アプリケーションに最高のパフォーマンス

  • アプリケーションのパフォーマンスを 5 〜50 倍、場合によっては 100倍以上にも改善します。
  • ファイル共有、メール、FTP 、HTTP 、HTTPS など、様々なTCPトラフィックのスループットを向上させます。
  • SSL 暗号化トラフィックを高速化します。
  • 遅延を最小限にし、また帯域幅の使用量を 60% 〜 95% 削減します。
  • サイトにおけるサーバとストレージの統合が可能になります。
  • バックアップとレプリケーションの時間を短縮します。
  • トラフィック分類や優先順位設定などQoS の実施が可能になります。

導入のし易さ

  • インストールに際して、クライアントやサーバ、アプリケーション、ネットワークなどの変更は必要ありません。
  • リモートオフィスでの標準的なインストールには 15 分もかかりません。
  • ネットワーク内のさまざまな場所に導入できます。通常はスイッチとルータの間にインストールされますが、In-Path と Out-of-Path の両方で多彩な設置オプションが可能です。

将来を見据えた拡張性

  • 単一デバイスで最大 310 Mbps の最適化スループットと 40,000 TCP 接続を実現します。
  • SteelHead Interceptor とクラスタ構成の SteelHead を組み合わせれば、最大 4Gbps のスループットと1,000,000 同時 TCP 接続が可能になります。

機能

RiOS(Riverbed Optimization System) はストレージ、ネットワーキング、アプリケーションの制約に 1 台のデバイスで対応する統合ソリューションです。WANを経由するアプリケーションパフォーマンスを最大 100 倍も高速化することができます。

Riverbedのテクノロジ1.データストリームライニング

データストリームライニングは、TCPのWANトラフィックを最適化し、帯域幅の使用率を一般に60〜95%削減します。 また、重複するデータ転送を削減し、帯域幅と遅延時間の要件に基づいてデータの優先順位を任意に付けることで、最適化を行います。

  • データはすべて送信側アプリケーションとは独立してキャッシュされるので、他のアプリケーションからでも利用可能です。たとえば、PowerPoint ファイルからなるデータをメールで送信する場合、データは SteelHead に保存されます。その後ファイルサーバから類似のファイルが要求された場合には、このデータが利用されます。
  • データストリームライニングにはリバーベッド独自の QoS(Quality of Service)技術も含まれており、帯域幅と遅延に優先順位を付けることでリアルタイムなトラフィックを最適化します。
  • あらゆる TCP トラフィックについて WAN トラフィック量を最小化し、消費される帯域幅を 60% 〜 95%も大幅に低減します。

Riverbedのテクノロジ2.トランスポートストリームライニング

トランスポートストリームライニングは、WAN 経由でのデータ転送に必要となる TCP ラウンドトリップの回数を減らしながら、転送時の信頼性と障害回復性を維持できるように設計された一連の機能です。これはTCP ウィンドウサイズの仮想的な変更、ペイロードのインテリジェントな再パッキング、接続管理その他の技術を組み合わせることで実現されたものです。多くの場合、TCP の冗長性が 65%〜98% 削減されます。

1)仮想ウィンドウ拡張(VWE)

仮装ウィンドウ拡張(VWE)
  • TCPウィンドウのサイズを仮想的に拡張してTCP トラフィックのスループットを改善します。
  • TCPはいっさい変更せずに、SteelHead アプライアンスで通常より大量のデータをTCP ウィンドウに詰め込むことができます。
  • 保存データの参照を最大限に活用します。
  • WAN を経由するアプリケーションパフォーマンスのボトルネックであるTCP プロトコルの冗長性を排除します。

2)SSL アクセラレーション

RiOS には、WAN経由の SSL 暗号化データをアクセラレートできるアルゴリズムが含まれています。 Riverbed SteelHead アプライアンスを使用すれば、SSL 暗号化データをエンド・ツー・エンドでアクセラレートできます。

3)TCP 接続プール

TCP 接続プールは、初期接続設定に関する余分なラウンドトリップを節約することによってプロトコルのパフォーマンスを改善するアルゴリズムです。このアルゴリズムは短時間の接続を多数伴う HTTP などに効果的です。

4)MX-TCP(MAX SPEED TCP)

MX-TCPは、LFN や損失が多いリンクで高スループットを実現します。 HS-TCP が TCP の輻輳(ふくそう)制御プロパティを保持して良好なトラフィック共有も可能としているのに対して、MX-TCP ではそうした輻輳(ふくそう)制御を行いません。その結果、MX-TCP はHS-TCP に比べてより高速な動作が可能となります。

Riverbedのテクノロジ3.アプリケーションストリームライニング

アプリケーションストリームライニングでは、トランザクション予測および事前データ設定機能を通じて、追加のアクセラレーションを提供します。

1)トランザクション予測

トランザクション予測
  • WAN 経由のラウンドトリップを最大 90 % 排除します。これにより、Windows ファイル共有(CIFS)、 Exchange(MAPI )、NFS(v 3)、MS-SQLやWeb(HTTP/HTTPS )など、特定アプリケーションのスループットを向上させます。
  • Windows および UNIX のファイル共有、Exchange 、Web ベース・アプリケーションなどのよく使われるアプリケーションで最大 100 倍以上もパフォーマンスを改善します。

2)透過的な事前データ設定

  • 新たに生成されたデータを自動かつ透過的に事前設定し、サーバからリモートの SteelHead にあらかじめプッシュしておくことによって、新規データへの初期アクセスを高速化します。
  • 透過的な事前データ設定はExchange(MAPI )および Windows ファイル共有(CIFS)で利用できます。
  • 複雑なコンテンツ管理システムを設定する必要はありません。

Riverbedのテクノロジ4.マネジメントストリームライニング

RiOS はSteelHead の設定と管理を簡素化するためにマネジメントストリームライニングと呼ばれる機能を搭載しています。このため、ほとんどのお客様は、SteelHead を 15 分程度で設置することができます。

透過的な設置

SteelHead アプライアンスは、既存のクライアント、サーバやネットワーク構成を変更することなく 配置することができます。

インパス構成

アウトオブパス構成仮装インパス構成

オートディスカバリ

複数の Stealhead アプライアンスは、ネットワーク上で相互に自動検出します。これはクライアントおよびサーバ間で SteelHead アプライアンスが 2 台しかない単純な環境でも、3 台以上のSteelHead が設置されている複雑な環境でも同様に機能します。

操作不要の設定

リモートオフィスの SteelHead は、CMC(Central Management Console )を介して自分自身を自動設定することが可能です。

柔軟な配置オプション

SteelHead アプライアンスは In-Path 、Out-of-Path や仮想 In-Path の配置が可能で、あらゆるネットワークの要求を満足します。

Web GUI および CLI

SteelHead アプライアンスはWeb GUI またはCLIの管理インターフェースを搭載しています。セットアップ、設定やリモート管理も迅速に行うことができます。

強力なルール設定を通じた選択可能な最適化

SteelHead のデフォルト状態では、すべての WAN トラフィックを最適化するようになっています。しかし、管理者はルール設定機能を使用してプロトコル、ポート、または IP アドレス範囲を指定することによりカスタマイズが可能です。

詳細レポートの作成機能

SteelHead アプライアンスはトラフィックおよびパフォーマンスを監視し、ポート/アプリケーション単位でレポートを提供します。過去 30 日間のデータが含まれるパフォーマンスレポートは、Web GUI に表示されるグラフまたは CLI の書式設定済みテーブルから取得できます。

集中管理

複数の SteelHead アプライアンスを使用する場合、オプションの CMC(Central Management Console )アプライアンスを設置すると、設定および管理が容易になります。CMC アプライアンスには容量の異なる各種モデルが用意されており、最大 500 台の SteelHead アプライアンスを管理することができます。

  • 新規追加の SteelHead アプライアンスをタッチレスでセットアップする自動登録
  • デバイスのグループを設定できるようにするグループ設定
  • ソフトウェアアップデート、リブート、他の基本機能のスケジュール動作
  • すべて(またはグループ)のデバイスを通じたダイナミックな総合レポート

カタログ・資料

価格

価格についてはお問い合わせください。

仕様

CXシリーズ

小規模オフィス用モデル

255シリーズ
モデル CX255 Series
U L M H
筐体形状 Desktop
WAN最適化容量 2 Mbps 6 Mbps
最適化TCP接続 50 75 150 230
ハードディスク 320 GB
データストレージ
容量
50 GB
RAID
ホットスワップディスク
ネットワーク
サービス(容量)
10 Mbps 30 Mbps
ネットワーク
サービス(フロー)
8,000
ネットワーク
サービス
(ルール・クラス)
300
メモリ 2 GB
拡張スロット
オンボード
バイパスポート
2
最大バイパスポート 2
電源冗長
消費電力 30 W
BTU 102
動作環境 温度: 0 〜 45°C / 湿度:20 〜 80%(結露なきこと)
外形寸法 (HxWxD) 44 × 204 × 330 mm
重量 2.4 kg
適合規格 RoHS、WEEE

中規模オフィス用モデル

CX570、770
モデル CX570 Series CX770 Series
L M H L M H
筐体形状 Desktop
WAN最適化容量 10 Mbps 20 Mbps 30 Mbps
最適化TCP接続 275 450 700 1,000 1,500 2,500
ハードディスク 320 GB
データストレージ容量 70 GB(SSD) 150 GB(SSD)
RAID
ホットスワップディスク
ネットワーク
サービス(容量)
50 Mbps 100 Mbps 150 Mbps
ネットワーク
サービス(フロー)
8,000 16,000
ネットワーク
サービス
(ルール・クラス)
500 1,000
メモリ 8 GB 12 GB
拡張スロット
オンボード
バイパスポート
4
最大バイパスポート 4
電源冗長
消費電力 45 W 50 W
BTU 145 165
動作環境 温度: 0 〜 45°C / 湿度:20 〜 80%(結露なきこと)
外形寸法 (HxWxD) 44 × 204 × 330 mm
重量 2.7 kg
適合規格 RoHS、WEEE

※上記スペックはSteelHead RiOS 862b以降のバージョンにて適用されます。

大規模オフィス用モデル/データセンター向けモデル

モデル CX3070 Series
L M H
筐体形状 1U
WAN最適化容量 50 Mbps 100 Mbps
最適化TCP接続 3,000 6,000 9,000
ハードディスク 2 x 1,000 GB HDD,
2 x 160 GB SSD
データストレージ容量 320 GB SSD
RAID
ホットスワップディスク 4
ネットワーク
サービス(容量)
250 Mbps 500 Mbps
ネットワーク
サービス(フロー)
48,000
ネットワーク
サービス
(フルール・クラス)
2,000
メモリ 16 GB
拡張スロット 2
オンボード
バイパスポート
4
最大バイパスポート 12
電源冗長
消費電力 123 W
BTU 418
動作環境 温度: 10 〜 35°C / 湿度:20 〜 80%(結露なきこと)
外形寸法 (HxWxD) 43.2 × 438 × 640.43 mm
重量 12.25 kg
適合規格 RoHS、WEEE
モデル CX5070 Series CX7070 Series
M H L M H
筐体形状 2U
WAN最適化容量 200 Mbps 400 Mbps 622 Mbps 1 Gbps 2 Gbps
最適化TCP接続 16,000 30,000 80,000 110,000 180,000
ハードディスク/SSD 2 x 1 TB HDD,
6 x 160 GB SSD
2 x 1 TB HDD,
6 x 300 GB SSD
2 x 1 TB HDD,
8 x 300 GB SSD
2 x 1 TB HDD,
16 x 300 GB SSD
データストレージ容量 960 GB SSD 1.8 TB SSD 2.4 TB SSD 4.8 TB SSD
RAID
ホットスワップディスク 8 8 10 18
ネットワーク
サービス(容量)
無制限
ネットワーク
サービス(フロー)
96,000 192,000 256,000 512,000
ネットワーク
サービス
(ルール・クラス)
4,000
メモリ 24 GB 48 GB 64 GB 128 GB
拡張スロット 4
オンボード
バイパスポート
4
最大バイパスポート 20
電源冗長
消費電力 233 W 416 W
BTU 794 1,419
動作環境 温度: 10 〜 35°C / 湿度:20 〜 80%(結露なきこと)
外形寸法 (HxWxD) 87.6 × 438 × 707.8 mm
重量 18.59 kg 19.05 kg
適合規格 RoHS、WEEE

SteelCentral Controller for SteelHead Mobile、SteelHead Mobile ソフトウェア

SteelCentral Controller for SteelHead Mobile

モデル SMC 9000
筐体 1U
ハードディスク 1 x 480GB(SSD) , 1 x 500GB(HDD)
メモリ 16 GB
電源冗長 -
消費電力 50W
BTU 165
動作環境 温度:0 〜 45°C / 湿度:20 〜 80%(結露なきこと)
サイズ(HxWxD) 44 x 204 x 330 mm
重量 2.7Kg

SteelHead Mobile ソフトウェア

ソフトウェア動作環境
OS Windows versions: 7, 8, 8.1(64bit), 10
Mac OSX versions: 10.8, 10.9, 10.10
CPU

1GHz以上

メモリ 2GB以上
HDD 256MB以上の空き容量

カタログ・資料

富士通エフ・アイ・ピー株式会社
富士通エフ・アイ・ピー株式会社

大手DC事業者が自社プライベートクラウドに「Steelhead」を活用。強力なキャッシュ機能とデータ圧縮によるWAN高速化でクラウド特有のトラフィック集中を回避し業務遅延を解消。

導入製品

導入事例詳細を見る

日本ビジネスコンピューター株式会社
日本ビジネスコンピューター株式会社

サーバ統合に併せてRiverbedを導入しました。JBCCのWAN全体が最適化され、通信トラフィックは通常の5分の1に減少しました。

導入製品

導入事例詳細を見る

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ

御見積等のお問い合わせは販売パートナーにお問い合わせください。