H.265ハードウェアエンコードシステム構築向けユニット

  • Full HD 30fpsでのリアルタイム符号化に対応
  • FPGAデバイス1個でH.265 エンコードを実現
  • 小型化、省電力化を実現

製品概要

H.265/HEVC(High Efficiency Video Coding)は2013年1月にITU-Tの国際標準として承認された次世代動画符号化形式です。その最大の特長は優れた圧縮効率で、MPEG-2に比べて1/4、H.264に対しては1/2のビットレートで同等の画質を実現できるとされています。弊社開発のエンコーダーは主要な処理の全てをFPGA1個の専用回路で実現することにより、小型化と省電力化を実現しています。

 

エンコーダー FPGA内構成

特長

  •  Windows PC に H.265 エンコードボードを追加でリアルタイム映像配信
  •  マイコンでは実現不可能な H.265 エンコード処理をFPGA 1個で実現
  •  MiniITXマザーボードを用いて小型エンコーダボックスを実現
  •  FPGA 利用で省電力システムを実現
  •  デコーダソフトや制御ソフトを提供

“H.265/HEVC” の活用シーン

小さなサイズで高画質
携帯端末への動画配信
低転送レートでも
高画質画像
多数のチャネルを
まとめて送信

ターゲットアプリケーション例

  • 放送機器
  • 監視カメラ
  • 車載情報機器
  • 放送システム監視システム遠隔制御システム

カタログ・資料

仕様

動画像符号化方式 H.265 / HEVC
Profile、Level Main Profile、Level 1-4 対応
最大解像度、フレームレート 1920×1080、30fps
ビデオフォーマット YUV 4:2:0 8bit
ビットレート 最大30Mbps
レートコントロール 1パスエンコードによるレート制御
FPGA

Altera 社 Arria V 使用

提供システム形態

実装システム PCIe ロープロファイルFPGAボード
FPGA

Arria V GZ

入 力

HDMI/DVI

出 力

PCIe x8

動作OS

Windows 7、Linux(予定)

デコードソフトウェア

Windows 7用(オプション)

制御ソフト

Windows 7用(オプション)

対応画像

1920×1080、30fps

カタログ・資料

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ