Microsoft365のメールセキュリティを手間をかけることなく短期間で強化

  • MicorSoft365にCisco Talosのセキュリティインテリジェンスを統合
  • ゲートウェイタイプと異なり、設定がシンプルで簡単
  • 組織内でのメールのスキャンにも対応

Microsoft 365 セキュリティを強化し、受信、送信、および内部ユーザ間のメールの脅威を検知・除去します。

機能・特徴

以下の機能でMicrosoft365とAPIで連携して Eメールからの脅威を除去します。

API連携のためメールの経路を変えること無く導入でき、短期間で既存に影響なく導入が可能です。

ゲートウェイとCESS*の比較

  • * CESS:Cloud Email Security Supplements

ゲートウェイとCMDの比較 − 機能別

Cloud Mailbox Cloud Gateway
利用できるメールシステム MS365のみ 特に制限なし
MXレコード変更 不要(API連携) 必要
レピュテーションフィルタリング
コネクションフィルタリング(送信者検証、暗号化と認証、レート制限など)
スパム保護
ファイルレピュテーション(マルウェア対策)
ファイル分析(サンドボックス解析)
URL分析(フィッシング対策)
コンテンツフィルタリング(メッセージのきめ細やかな制御)
Data Loss Prevention(DLP for Outbound)
配信後の脅威メールの削除(自動・手動)
内部メールスキャン
Talos脅威インテリジェンス

構成

Cisco Secure Email Cloudmailbox ライセンス×メールボックス数

(最低25ライセンス,対応可能なユーザ数は都度ご相談ください)

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ