※予約申し込みの受け付けは終了しました。

ID Admin 年間サポートサービスご契約中のお客様は、
「Soliton ID Manager」への移行が可能です。

保有するID Adminライセンスに相当するSoliton ID Managerを提供いたします。
是非、Soliton ID Managerへの移行をご検討ください。

移行手続きについて

申込み/移行手順

  • 1予約申込みいただいたお客様へ、弊社担当よりご連絡いたします。(製品資料・評価版の提供等)
    ※予約のキャンセルはいつでも可能です。
  • 2弊社担当よりご案内する、Soliton ID Managerへの移行申込の受付ページより、お申込みください。
    ※予約申し込み後すぐにSoliton ID Managerへ移行する必要はありません。
  • 3移行申込みから10日前後で「Soliton ID Manager 使用許諾契約書」等をお送りします。
  • 4「Soliton ID Manager 使用許諾契約書」等がお手元に届きましたら、ライセンスキー発行申込みをお願いいたします。
  • 5弊社担当より、ライセンスキーを送付いたします。
  • 6ライセンスキーがお手元に届きましたら、導入作業をお願いいたします。
    ※移行に関する有償の技術支援サービスを準備しております。詳細はお問い合わせください。
  • 受付終了日

    予約申込受付終了日:2018年3月末日
    移行申込受付終了日:2020年7月末日
    ※都合により、上記終了日より前に終了させていただくことがございます。
    ※移行申込には、予約申込が必須です。

    移行申込みの注意事項

    • お申込み時に年間サポートサービスのご契約が有効である必要があります。
      (年間サポートサービス契約期間満了から 6 ヵ月以上経過した場合の契約更新(再契約)はできません。)
    • 移行後のライセンス追加は、別途ライセンスの購入が必要です。
    • 移行後の年間サポートサービス費用は、原則据え置きです。

    提供製品

    提供製品提供ライセンス手続き費用
    Soliton ID Manager ライト版 保有するID Adminライセンス相当(※1) 無償(※2)
    • ※1 現在の管理対象数、管理ID数を申告いただき、該当する必要ライセンスを提供いたします。現契約内容によっては、提供ライセンスを調整させていただく場合があります。
    • ※2 保有するID Adminライセンス相当のSoliton ID Managerのライセンスを無償で提供いたします。
    Soliton ID Manager スタンダード版への移行
    Soliton ID Manager スタンダード版は、有償でのご提供です。別途購入申請が必要ですので、弊社担当までお問い合わせください。
    製品名価格
    Soliton ID Manager スタンダード版 ¥1,500,000(※1,2)
    • ※1 2018年3月末日までに購入申請いただいた場合の優待価格です。以降にご購入の場合は、通常価格(\3,000,000)でのご提供です。
    • ※2 年間サポートサービス費用は含まれていません。

    Soliton ID Managerで追加・強化される機能、および移行のメリット

    • (1) 人事連携機能の強化
      • ポリシーマスター機能を大幅に強化し、5種類/5段階(部署、役職、職務、契約形態、勤務場所)のきめ細かい組織ルールが設定できるため、NUIファイルの個別作成が不要に
      • IDマスターと管理対象システムのそれぞれの属性をマッピングする機能を強化し、条件分岐による値設定や文字列加工など、複雑な処理を簡単に定義可能
       
    • (2) アクセス権限管理の強化
      • 組織ルールに加えて、申請・承認によるアクセス権限(情報資産の利用権限)の付与・変更・削除ができるようになり、例外対応や個別依頼対応も自動処理が可能に(スタンダード版のみ)
      • ADセキュリティグループや共有フォルダなどを情報資産として登録・管理する事で、重要な情報資産のアクセス権限棚卸を実現
    • (3) 利用者向けID管理ポータル機能の提供
      • 自分のID情報やアクセス権限情報をいつでも確認可能
      • パスワード忘れ時は、自分でパスワードリセットができる
    • (4) その他
      • Office365、Google Apps、Cybozu.comのクラウドサービスに対応
      • ジョブスケジューラを内蔵し、マスター更新や各システムへの反映処理など、すべての処理をジョブとして登録し、任意のタイミングで自動実行可能
      • 分散処理機能の搭載により処理性能の大幅改善、更にスケールアウトによる拡張も可能
      • WEB-API(Rest API)を提供し、外部アプリケーション連携や画面カスタマイズにも容易に対応



    Soliton ID Managerの仕様等は、製品ページをご参照ください。

    移行時の注意・制限事項

    • Soliton ID Managerの新規インストール、セットアップが必要です。
    • Soliton ID Managerをインストールするための、Windows Server が必要です。
    • ID Admin保有ライセンス数分のライセンスを、新たにSoliton ID Managerのソフトウェア使用許諾契約書として再発行いたします。
      ※提供ライセンスを調整させていただく場合があります。
    • Soliton ID Manager取得後、ID Adminの使用権は自動的に失効します。ただし、移行期間中は、ID Adminの使用を認め、Soliton ID ManagerおよびID Admin両製品のお問い合わせを受付けます。
      ※ID Adminのお問い合わせ受付は、「Soliton ID Manager 使用許諾契約書」等の送付から6か月間のみ認めます。
    • 次回年間サポートサービス更新時より、明細に記載される対象製品はSoliton ID Managerとなります。
    • サーバー構築やデータ設定移行についてのご相談は、Microsoft社もしくは販売代理店、弊社までお願いいたします。

    お問い合わせ先

    Soliton ID Managerへの移行に関するお問い合わせは、以下までご連絡をお願いいたします。
    ID Admin移行支援チーム:IDAtoIDM@list.soliton.co.jp

    予約申し込みの受け付けは終了しました。