メニュー

サーバー・ストレージお役立ちコラム

メニュー

サイバー攻撃対策

ファイルサーバーにおけるウイルス対策の必要性

ファイルサーバーにおけるウイルス対策の必要性

社内で使用するPCについては、セキュリティソフトをインストールするなどしてウイルス対策を行っているという会社が大半でしょう。しかし、ファイルサーバーに対しては、それができていない会社もあるようです。現実にはファイルサーバーもウイルスの脅威にさらされており、セキュリティが甘ければ重要なデータの消失あるいは流出を招いてしまいかねません。ファイルサーバーにおけるウイルス対策の必要性について、まず知っておくべきことを整理してご紹介します。

ファイルサーバーにおけるウイルス対策の必要性

社内の多数のPCからアクセスしてデータの共有や交換を行うことができるファイルサーバーは、その便利さと引き換えにウイルス感染のリスクも抱えています。

最も気をつけるべきなのは、社員が使用するPCがウイルスに感染し、その影響がファイルサーバーにまで及ぶケースです。Windowsだけではなく、Linuxの場合もウイルスに感染する危険性はあります。

ファイルサーバーがウイルスに感染した場合の被害

例えば社内のPCがランサムウェアに感染すると、ファイルサーバーの共有フォルダ内のデータが暗号化されて使用不能になることがあります。その後、暗号化されたファイルを元に戻すためには「身代金」を支払うよう要求されますが、仮に要求どおりにしたとしても暗号化されたファイルが元どおりになる保証はどこにもありません。

また、ファイルサーバー内のexeファイルがウイルスに感染した場合には、ファイルサーバー経由でさらに多くのクライアントPCへとウイルスを拡散してしまう危険性があります。ファイルサーバーが被害を広げる踏み台に利用され、各拠点のPCや、場合によっては外部へも被害を広げてしまうかもしれません。

ファイルサーバー、またはファイルサーバーに接続されたPCがウイルスに感染したときに危惧すべきもう一つの問題は、データファイルの消失や流出です。とくに顧客情報や個人情報、機密情報などの重要なデータの漏えいは会社経営に対する大きなダメージに結びつきかねません。情報を悪用されれば取引先や顧客の信頼を失い、企業としての責任問題や賠償問題に発展するケースも考えられます。

ファイルサーバーに必要なウイルス対策

クライアントPCだけではなく、ファイルサーバーにもセキュリティソフトの導入が必要です。ファイルサーバーがウイルスによる感染を防ぐのはもちろん、異常なアクセスがあった場合にその経路を検知して、どのPCがウイルスに感染しているかを特定する機能などを持ったファイルサーバー用セキュリティソフトが市販されています。

またランサムウェア対策として、ファイルサーバーの定期的なバックアップを実施し、万一のときにいつでも重要データを復旧できる体制を整えておくことも重要です。

OS、ハードウェア、ソフトウェアの脆弱性をカバーするための作業も欠かせません。各ベンダーから提供される修正プログラムを適用するなどのアップデートを欠かさず、常に最新の状態を保つようにしましょう。

他にもファイアウォールを設定することや、ファイルサーバーを運用するにあたって不要なサービスや補助機能などをオフにしておくことなどもウイルス対策として効果があるでしょう。

サーバーに接続するPCのウイルス対策も万全に

ファイルサーバーがウイルスに感染する原因の多くは、サーバーに接続するPCのウイルス感染です。そのためこれらのクライアントPCのウイルス対策も万全にしておく必要があります。当然ながらPCにもセキュリティソフトをインストールし、なおかつウイルス定義ファイルを最新の状態し、セキュリティアップデートを実行しておきましょう。OSや常用しているソフトウェアについてもアップデートを行い、最新状態を保っておくことが欠かせません。

PCのウイルス感染は、メールの添付ファイルや本文に記されたURLリンクを不用意に開いてしまったり、信頼できないサイトで配布されたプログラムをインストールしてしまったり、ウイルスを仕込んだUSBメモリを接続したりということが原因で起こります。また、通常ファイルサーバーにアクセスしている業務用PC以外の、個人使用のPCをファイルサーバーと接続することも非常に危険です。

こうしたことを踏まえ、PCを使用する社員に対してはこれらの行動に気をつけるよう周知しなければなりません。社員に対するセキュリティ教育を徹底することが、結局はウイルス感染を防ぐ最も有効な方法となります。

さらに付け加えるなら、もしもPCがウイルス感染していることが分かった場合は、すぐにPCをネットワークから切り離すことが重要です。LANケーブルを取り外すだけではなく、Wi-Fi機能がある場合はそちらも切断してください。

ファイルサーバーがウイルスに感染すると会社経営に支障をきたすなど甚大な被害を受ける可能性があります。ウイルス対策、セキュリティ対策をしっかりと確立し、ウイルスからファイルサーバーと重要なデータを守ってください。

pagetop

©  サーバー・ストレージお役立ちコラム
All rights Reserved.