メニュー

サーバー・ストレージお役立ちコラム

メニュー

ストレージ/ファイルサーバの基礎知識

どちらを導入すればいい? ファイルサーバーとNASの違い

どちらを導入すればいい? ファイルサーバーとNASの違い

ファイルサーバーもNASもファイルを共有するための機能を持っています。そしてさまざまな種類のファイルを複数の社員で共有し必要に応じて編集するために、多くの企業がいずれかを活用しています。これから両者のうちのどちらかを導入するのであれば、自社に合った方を選ばなければなりません。自社にマッチしたファイル共有の方法を知るために、ファイルサーバーとNASの違いについて解説していきます。

ファイルサーバーとNAS

ファイルサーバーとNASはファイルを共有する機能を持つという点でよく似ています。NASはファイルサーバーの一種と見なすこともできます。まずはそれぞれがどのような機器なのか、概要から説明します。

ファイルサーバー

ファイルサーバーはネットワーク上のPCやスマートフォンなどの端末からアクセスしてファイルの共有や交換を行うことのできるコンピューター(サーバー専用機)です。OSを備えたコンピューターを使用し、ファイル管理用のソフトウェアなどをインストールすることで、ファイル共有やデータをより安全に運用するための機能を実現します。

ビジネス向けのファイルサーバーは、これまでは社内にコンピューターを設置し、社内LANに接続して使用するオンプレミス型の社内ファイルサーバーが一般的でした。しかし現在ではこれに加えてインターネット回線に接続して使用するクラウド型のファイルサーバーも登場し、徐々にシェアを広げています。

NAS

NASはNetwork-Attached Storageの略で、ネットワーク対応ハードディスクと呼ばれることもあります。社内LANに接続すると、ファイルサーバーと同じように複数の端末でアクセスできるようになり、ファイルの共有などを行うことができます。簡単にいえば、複数のPCによって共同で使える外付けHDDのようなイメージです。

ファイルサーバーとNASの違い

NASと比べた場合のファイルサーバーの特徴としては、まず柔軟なユーザー管理ができることが挙げられます。フォルダにアクセス権を設定し、許可されたユーザーのみフォルダ内のファイルを閲覧または変更できるようにするなどのアクセス制御することが可能です。またグループ設定をし、グループごとにアクセス権限を与えることもできます。

ファイルサーバーではこのようなユーザー管理によって、日常的な業務で頻繁に使用するデータ、あまり使用しないデータ、機密性の高いデータなどに対し、それぞれユーザーやグループごとにすべての操作ができるのか、閲覧だけができるのか、どのような操作もできないようにするのかなどの細かい条件を設定できます。また、ストレージの変更や増設が簡単なのもファイルサーバーの特徴です。また、アクセスログの取得・管理、セキュリティ対策なども、ソフトウェアやハードウェアを加えることで実現可能です。総じていえば、ファイルサーバーは利用者のさまざまなニーズにカスタマイズ性の高さで応えることができます。

一方、NASに備わっている機能はそれほど多くありません。アクセス権を設定できる製品もありますが、特定のフォルダにアクセス権を付与するとその下層フォルダも自動的に同じ設定になってしまうなど、機能が限られている製品が少なくありません。また、あくまで外部ストレージとして利用するものなので、保存されたフォルダやファイルをNAS本体で操作することはできません。ファイルサーバーに比べれば、柔軟性や拡張性は見劣りがするといえるでしょう。

ただし、NASは機能がシンプルな分、あまり知識のないユーザーでも分かりやすく、管理の負担もそれほどかかりません(一方で、ユーザー管理の設定などは面倒な場合もあります)。ファイルサーバーの場合はハードウェアやソフトウェア、OSのライセンスなどを用意するために費用がかかりますが、それと比べてNASはNAS本体とハードディスクを用意すれば事足りるため、費用も安く抑えられます。

ファイルサーバーとNASはどちらを選ぶべきか

では、ファイルサーバーとNASはどちらを選ぶべきかを考えていきましょう。

選択においては、状況や使い方、必要とする機能が判断基準となります。シンプルにファイル共有機能のみを求めるならNASの方が向いているでしょう。とにかく共有したファイルを複数人で閲覧したい、編集したいという場合は、NASを使えば十分にニーズを満たせるでしょう。

しかし、実はNASには接続数が増えるとそれだけ速度が落ちるという傾向もあります。接続する人数が多く、さらに扱うファイルも日常的なものから機密性の高いものまでさまざまで、部門や部署ごとに使用するフォルダやファイルを分けたい、セキュリティも重視したいといった要望があるのなら、ファイルサーバーの方が適しているでしょう。

ファイルサーバーとNASは似ているけれども、違う部分もいろいろあります。今後、両者の機能はもっと近いものになっていくかもしれませんが、少なくとも現状では違いを把握しておくことが必要です。ファイルサーバーとNAS、それぞれを使ってできることを理解した上で、どちらを導入するか決めてください。

pagetop

©  サーバー・ストレージお役立ちコラム
All rights Reserved.