FileZen s

分離ネットワーク間で
安全なファイル受渡し

FileZen s

FileZenの安心安全はそのままに、
誰でも使えるやさしさをプラス!

特徴 01

とにかく簡単な
ファイル受け渡し

とにかく簡単なファイル受け渡し

分割したネットワークのどちら側で操作をしているのか、ファイルを送る時にどのようなセキュリティチェックをしているのか(アンチウイルス、無害化、承認)の状況を可視化しています。

特徴 02

ファイル無害化製品と
自動連携

ファイル無害化製品と自動連携

ファイル無害化で未知の脅威から保護します。FileZen Sは、世界的に定評のあるファイル無害化製品と自動連携し無害化(サニタイズ処理)します。

特徴 03

管理・セキュリティ機能も
充実

管理・セキュリティ機能も充実

操作履歴(いつ、誰が、何を、どこから)の記録・保管ができます。また上長承認・記録・アンチウイルスやファイルの自動削除(ファイル保存期間の設定)も簡単に設定できます。

特徴 04

端末内分離ブラウザとも
連携

端末内分離ブラウザとも連携

端末内の分離領域で動作するセキュアブラウザ「Soliton SecureBrowser」。情報漏洩やデータの持ち出しを防止し、シンプルにネットワーク分離(端末内分離)を実現します。

ファイル受け渡し操作イメージ 紹介動画

01 とにかく簡単な
ファイル受け渡し!

4つのエリア表示で迷わず使える

FileZen S 操作画面

自分が
どこにいる?

何をすれば
いい?

状況・
結果は?

分割したネットワークのどちら側で操作をしているのか、ファイルを送る時にどのようなセキュリティチェックをしているのか(アンチウイルス、無害化、承認)の状況を可視化しています。

操作を色でナビゲート

情報系ネットワークの操作画面

ログインすると
「ファイルを送るエリア」が黄色に
ハイライト!

基幹系ネットワークの操作画面

もし、 受取りファイルがあれば
「受け取るエリア」が黄色に
ハイライト!

02 ファイル無害化製品と
自動連携!

ファイルを送るだけで無害化

ファイル無害化で未知の脅威から保護

注意!!

「無害化」というキーワードに惑わされないで!
その無害化製品が何をしているか確認してみてください。

本来のファイル無害化は、CDR(Content Disarm and Reconstruction)と呼ばれます。
ファイルを「分解」し、マクロや不正なハイパーリンクやスクリプトが仕込まれている可能性がある箇所を部分的に取り除き、ファイルを「再構築」する方法です。

世界的に実績のある2製品と連携

Votiro

OPSWAT MetaDefender Core
for FileZen S

OPSWAT

Votiro Disarmer API
for FileZen S

※FileZen S 連携専用ライセンスです。

自治体向けに特別価格を用意

OPSWAT社およびVotiro社から、
FileZen S専用の自治体向け特別価格が
提供されます。

自治体向けに特別価格を用意

自治体専用OPSWAT
ライセンス

なんと!

標準価格 ¥409,000~/年

※200ユーザー(ファイル数無制限)の場合、税別

自治体専用Votiro
ライセンス

なんと!

標準価格 ¥372,000~/年

※200ユーザー(2ファイル/ユーザー/日)、5年一括契約の場合、税別

システム構成

FileZen S システム構成

03 管理・セキュリティ機能
も充実!

組織にあわせた設定と画面カスタマイズ

1. ユーザー画面をカスタマイズできる

FileZen S ユーザー画面カスタマイズ

2. 経路ごとにポリシー設定できる

FileZen S 経路ごとにポリシー設定

3. ポリシー設定でユーザ画面が変わる

FileZen S ポリシー設定でユーザ画面が変化

安心できるセキュリティ機能

セキュリティ機能

セキュリティ機能
  • 操作履歴(いつ、誰が、何を、どこから)の記録・保管
  • 上長承認・記録
  • アンチウイルス
  • 自動削除(ファイル保存期間の設定)

柔軟なポリシー設定

柔軟なポリシー設定
  • 接続元IPアドレスによるアクセス制限
  • ファイル受け渡し方向の設定

選べるユーザー認証方式

ローカル認証

ローカル認証
  • FIleZen S にユーザーを登録し、ローカル認証が行えます。

Active Directory 認証

Active Directory 認証
  • 組織内のユーザーカウントを統一でき運用効率が向上します。
  • 分離された異なるネットワークでそれぞれ異なるADサーバーを指定することも可能です。

デジタル証明書認証

デジタル証明書認証
  • 証明書だけでID/パスワードの入力がいらない自動ログオン
  • ID/パスワードと併用し、二要素認証として利用
  • Soliton NetAttest EPS対応

04 端末内分離ブラウザとも
連携!※2020年9月提供予定

端末内分離の専用ブラウザ

端末内分離の専用ブラウザ Soliton SecureBrowser

端末内の分離領域で動作するセキュアブラウザ「Soliton SecureBrowser」。情報漏洩やデータの持ち出しを防止し、シンプルにネットワーク分離(端末内分離)を実現します。

ワンクリックでFileZen S へアップロード

右クリックでFileZen S へアップロード

セキュアブラウザ「Soliton SecureBrowser」との連携なら分離環境でも安全・簡単にファイルの受け渡しができます。

連携の構成例

FIleZen S 連携の構成例

職員PCのインターネット閲覧用ブラウザとして「Soliton SecureBrowser」を導入。PC1台でインターネット用と業務用とWeb分離。ファイルの受け渡しは「FileZen S」で。

Interop Tokyo 2020 Best of Show Award 準グランプリ受賞

FileZen Sの
資料請求・お問い合わせ

ご購入や導入方法・資料請求・お見積りについてのお問い合わせはこちらまでお問い合わせください。
製品の詳細仕様はこちらをご覧ください。