メニュー

サーバー・ストレージお役立ちコラム

メニュー

ストレージ/ファイルサーバの基礎知識

ハイブリッドクラウドとは? 企業が取り入れるメリット

ハイブリッドクラウドとは? 企業が取り入れるメリット

クラウドの活用が進むにつれ、「ハイブリッドクラウド」という運用スタイルを採用する企業が増えてきました。なぜ今増えているのか、採用すると企業はどのようなメリットを得られるのかなど、ハイブリッドクラウドの概要を見ていきましょう。

ハイブリッドクラウドとは

ハイブリッドクラウドとは、オンプレミスリソースとクラウドリソースを組み合わせた運用スタイルを指すのが一般的です。

オンプレミスリソースとは、概して契約者が目的に合わせて環境を構築し、社内で管理・運用するサーバーなどを指します。広義でいうところのオンプレミスリソースでは、間借りのデータセンターなども自社で管理していればオンプレミスリソースに含めることもあります。

一方、クラウドリソースとは、一般的には個人・企業を含めたユーザー向けにインターネット経由で提供されているクラウドサービスを指します。特にパブリッククラウドではサーバーを含むハードウェア、ソフトウェア、その他のインフラストラクチャのすべてをクラウドプロバイダーが提供します。パブリッククラウドはサービスの特徴によって、IaaS、PaaS、SaaSの3種類に分けられます。

ハイブリッドクラウドのメリット

ハイブリッドクラウドのメリットとして、まず挙げられるのがセキュリティレベルとコストの最適化です。

基本的に、オンプレミスリソースの場合は、イニシャルコスト・ランニングコストともに企業の負担が大きくなります。しかし、クラウドリソースと比較すると、セキュリティ面において必要に応じて強化できるという強みがあります。さらに、パブリッククラウドを使用するにはインターネット回線が必須なのに対し、オンプレミスの場合はオフライン環境で使用できるように構築することができます。

機密性が高くなく社内外で共有するようなデータはクラウドで扱い、機密性の高いデータはオンプレミスで扱うなど両者を上手く組み合わせて運用することで、コストを抑えながらセキュアな環境を確保できます。

また、クラウドリソースにデータを分散することで、運用負荷の大きいオンプレミスの環境で扱うデータを減らすことができます。これは使用している機器への負荷の軽減にもつながります。

さらに、ハイブリッドクラウドはBCP対策を含めたリスクの分散化にも役立ちます。プライベートクラウドやオンプレミスのみの環境で運用していた場合、障害が起きたときには基本的にすべて自社内で対応することになりますが、ハイブリッドクラウドならパブリッククラウドの障害については自社で対応する必要はなく、早期の復旧が見込めます。

ハイブリッドクラウドのデメリット

ハイブリッドクラウドはシステム構成が複雑化して使いにくくなる可能性があることでしょう。データの種類や業務の内容によってオンプレミスリソースとクラウドリソースを使い分ける場合、今どちらを使えばよいのかが明確にルール化できていないと、社員が混乱してしまいかねません。

オンプレミスリソースを基本としつつ、部門によって必要に応じてそれぞれクラウドサービスを導入するなどの使い方をしている企業もあります。この場合、問題になりやすいのが、さまざまなタイプのクラウドが乱立しているため、部門間でデータを共有しようとしてもスムーズにいかないことです。

運用負荷の軽減のためにハイブリッドクラウドを選択しても、使い方によっては複雑で利用しづらいものになり、かえって運用負荷が増大してしまう可能性があります。

ハイブリッドクラウドの活用例

ハイブリッドクラウドの活用例として代表的なのは、上でも触れた、機密性の高いデータとそれ以外のデータを分けるというものです。顧客情報、機密文書などはオンプレミス環境だけで取り扱い、クラウド環境では機密性の低いデータのみを取り扱うという方法です。

これ以外に、短期的なサーバー負荷を回避するためにクラウドリソースを利用するという活用例もよく見られます。何らかのイベント開催、ネットショップの特別セールなど、短期にアクセスが集中し、トラフィックの増大が見込まれるときにパブリッククラウドリソースを割り当てるという方法です。

いずれにしてもハイブリッドクラウドの活用をする際はデータの切り分けが重要になります。また、クラウドリソースが無秩序に乱立し、オンプレミスリソースとの混在が複雑化しないよう、一元的に管理できるシステム部門の担当者も必要です。その意味では、ハイブリッドクラウドをうまく運用していくには、クラウドに関して専門的な知識を持った人材が欠かせないといえるでしょう。

オンプレミスリソースとクラウドリソースを組み合わせるハイブリッドクラウドは、両者の長所を生かして賢く活用することでセキュリティレベルとコストの最適化など、さまざまなメリットを生み出します。自社の状況に合わせて、ハイブリッドクラウド環境の構築を検討してみてはいかがでしょうか。

pagetop

©  サーバー・ストレージお役立ちコラム
All rights Reserved.