「見えないから分からない、
分からないから変わらない」を

「見えるから分かる、
分かるから変えられる」へ

多様化する業務環境の“可視化”と“最適化”を支援

社会情勢の変化やクラウドシフト等の影響を受け、従業員を取り巻く環境はダイナミックに変化しています。
時代に合わせて企業がスピーディに進化するために欠かせないのが、状況把握。
InfoTrace 360は「誰が」「いつ」「何を」を手間なく見える化し、働き方や業務環境の見直し、最適化を支援します。

全体の把握ができる
レポート画面

PC利用状況から、働きぶりや負担の分布がわかります。
業務環境を可視化し状況を把握することで、最適化や改革のための情報として活用できます。

多様化する業務環境の
“可視化”と“最適化”を支援

  • テレワークが浸透したが
    業務状況がわかりづらい
  • 社内推奨アプリを
    正しく利用しているか知りたい
  • ファイルの持ち出しや
    利用状況を知りたい
  • テレワークなど働き方に左右されない
    レポートサービスが欲しい

01 業務状況の把握と最適化を支援

テレワークでも、オフィスでも
働きすぎを予防、最適化を支援

テレワークなどでオフィスにいない場合でも、従業員の勤務状況がわかります。
長時間労働の抑止や業務負荷分散など、新しい働き方に即した改革を支援します。

02 働く環境の適正化を支援

働いている環境のリスクや
PCの利用状況がわかる

ブラウザやアプリ、オンラインストレージが適切に利用されているかが確認できます。
多様化する業務環境の適正化を支援します。

03 テレワーク時代の情報漏洩対策

情報持ち出しの把握と
デバイス利用制御
で場所に
とらわれない情報漏洩対策

ファイル操作や外部デバイスの利用状況を可視化。
ファイルのやり取りが複雑化するテレワーク時代に、情報漏洩対策の基礎を整備できます。

04 簡単に始められるクラウドサービス

サーバーの構築はなし
働き方、働く場所にもこだわらない

サーバーの構築がなく、利用PCにインストールするだけのクラウドサービスです。管理者、ユーザーともに、働き方や働く場所の影響はありません。

活用事例

Coming soon ...

仕様・構成

・クライアント

対応OS Windows 8.1 / 10
※ Windows 10 on ARMはサポート対象外です。
CPU OSが動作するCPU
メモリ OSが動作するメモリ
HDD 100MBの空き容量(ログファイル等によって増加)
その他 .Net Framework 3.5以上が必要です。

・サービス画面

Web GUI 動作確認済みブラウザーはMicrosoft Edge、Google Chrome
FWXGA以上の解像度を推奨

※ 製品カタログのダウンロードはこちら

お問い合わせ

在宅勤務を含むテレワーク時代に求められる状況把握を
様々な角度から行い、素早い対応や最適化を支援します