教育現場で利用される校務系ネットワークには個人情報を含む様々な情報資産が存在します。これらを情報流出の危険から守るため、ICT環境でのセキュリティ対策が必要です。文部科学省からの「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」を踏まえ、下記の4つのセキュリティ対策ソリューションをご紹介いたします。

セキュリティ対策

ファイル受け渡し

校務系ネットワークと学習系ネットワークのように、分離されたネットワーク間での安全なファイル受け渡しを実現します。USBメモリのような物理媒体利用で起こる情報資産紛失リスクを無くすことが可能です。

二要素認証

職員室等での校務支援システムを利用する端末に対し、生体情報等を用いた利用端末へのログオン認証を実現します。IDパスワードの使い回しなどを防止し、確実な本人確認が可能です。

無線/有線 端末認証

デジタル証明書利用した端末認証技術を用い、管理者が認めた端末のみにネットワーク接続を許可することが可能です。外部からの持ち込みなどの管理者が認めていない不正端末の接続を防止します。

マルウェア対策・ログ

ウイルス対策ソフトでも検知できない未知のマルウェアを検知・防御します。 セキュリティ対策で必須となる端末内の操作ログ等の取得・保管も可能です。

ファイル受け渡し
USBメモリに代わるファイル受け渡しシステム

USBメモリなどの記録媒体に代わる、セキュアなファイル受け渡しの環境を提供します。 ネットワーク分離環境での利用に最適です。 上長承認、利用履歴、ウイルスチェック、一方向ファイル受け渡し制御、ファイル自動削除等のセキュリティも充実。

二要素認証
二要素認証による確実な本人認証

ICカードや生体情報を用いた二要素認証で本人を特定。パソコン端末利用時のログイン認証を強化し、パソコン端末の不正利用を防止します。USB、メモリなどの外部デバイスの利用制限機能も搭載し、大切な情報を守ります。

無線/有線 端末認証
デジタル証明書活用による無線LAN認証

デジタル証明書やワンタイムパスワードなど、ネットワーク認証に必要な機能をオールインワンで備えた認証サーバを提供。 ネットワーク機器と連携し、正しい端末・正しいユーザのみネットワークに接続できる安全な環境を実現。 煩わしいデジタル証明書配布に対しても、安心安全な仕組みを提供。

マルウェア対策・ログ
端末における未知のマルウェアの検知・防御

既知・未知のマルウェア・ランサムウェアを検知・防御します。 パターンファイルに依存しない仕組みで新種マルウェアへ対応し、脆弱性攻撃からも端末を守ります。 万が一の為の原因究明や状況把握、検知後の対策に必要な情報の記録も行えます。

お客様事例

備前市教育委員会

ICT利活用促進を止めない、教職員との『協創』を重視
利便性と安全性を両立する教育情報セキュリティ

事例詳細を見る

出雲市教育委員会

Zerona PLUSで校務系PC約1500台のセキュリティを強化
新たな攻撃の防御に成功

事例詳細を見る

奈良市教育委員会

情報セキュリティ強化と利便性の向上を実現
ガイドラインに沿ったシステム更改を支えるソリューション

事例詳細を見る

出雲市教育委員会

Zerona PLUSで校務系PC約1500台のセキュリティを強化
新たな攻撃の防御に成功

事例詳細を見る

松江市教育委員会

USBメモリ利用の課題を解決
マルウェア対策強化と安全なデータ受け渡しを同時に実現

事例詳細を見る

越谷市教育委員会

越谷市教育委員会が選んだのはNetAttest EPS。
デジタル証明書を用いたネットワーク認証で校内LANの守りを強固に!

事例詳細を見る

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ