株式会社ソリトンシステムズ(代表取締役社長:鎌田信夫、以下ソリトン)は、情報システム管理者のファイルサーバーマネジメントに使えるソフトウェアとして「FolderZen」を開発、2020年7月29日より販売を開始します。

 ファイルサーバーのアクセス権を適切にメンテナンスすることは、保存されている機密情報の漏えいといった重大なインシデントの発生を防ぐ上で非常に重要です。しかし、ユーザー側で独自にファイルサーバーを導入していたり、情報システム管理者が日々の業務に追われ管理が追い付いていなかったりするなど、アクセス権の状況把握と適切なメンテナンスを行うには多くの課題があります。

 今回、販売を開始する「FolderZen」は、情報システム管理者とファイルサーバーを利用するユーザー、双方の課題解決に役立つ機能を搭載しています。共有フォルダのアクセス権を可視化・最適化し、複数のファイルサーバーの一括登録・管理を可能にすることで、情報システム管理者の運用負荷を大幅に軽減。さらに、ユーザーに任意のフォルダの管理を一任することもでき、ユーザーは情報システム管理者に依頼することなく、必要な時にすぐアクセス権を変更することができます。

【価格】 ソフトウェアライセンス:20ブロック 48万円/年~

【販売開始】 2020 年 7月 29日

【製品ページ】 https://www.soliton.co.jp/folderzen/

【FolderZenに関する問合せ先 】 ITセキュリティ事業部 Tel: 03-5360-3811 netsales@soliton.co.jp