VVAULTは、様々なストレージを一つに統合して大容量のファイルサーバーを手軽に構築し、先進的な機能で、ストレージ運用の効率化と業務の継続性を実現します。

  • ストレージ仮想化による先進的なファイルサーバー構築・管理
  • 過去のあらゆる時点にデータをリカバリ
  • ランサムウェア被害を早期に発見し、直前の環境に復元

安全安心ファイルサーバー構築とNASの集約

VVAULTは、Windows上にマウント可能な様々なストレージ(ファイルサーバー)を一つに統合して大容量の仮想ストレージ/ファイルサーバーを手軽に構築します。「ファイルの使用頻度による自動配置」や「過去の任意時点へのデータ復元」をはじめとした先進的な機能で、ファイルサーバー運用の効率化と業務の継続性を実現します。

ファイルサーバーの「容量不足」を解決!

先進的なストレージ/ファイルサーバー管理

Windows汎用サーバー上で、複数のストレージ/ファイルサーバーを統合して大容量の仮想ドライブを構築し(ストレージ仮想化)、ファイルの使用頻度による配置(ティアリング)やフォルダ毎の容量制限(フォルダクォータ)によるファイルサーバーの効率的な運用を実現します。

大容量のファイルサーバーを手軽に構築:「ストレージ仮想化」

内蔵のSSDやHDDはもちろん外付けのHDDやネットワーク経由でのNASに至るまで、Windows OSで認識できる全てのストレージを仮想化統合し大容量のファイルサーバーを構築します。統合するために専用の筐体を必要としないので、余っているストレージの容量を手軽かつ安価に活用できます。

よく利用するファイルは高速なストレージに自動配置:
「ティアリング」

ファイルの使用頻度を算出し階層化処理された最適なストレージへ自動配置します。日付の新しいものから速度の速いストレージへ配置することにより、よく利用するファイルはいつでも速度の速いストレージに配置され、常に高いパフォーマンスを維持した運用が可能になります。

仮想ドライブ上でフォルダ毎の容量制限を実現:
「フォルダクォータ」

VVAULTのフォルダクォータ機能は、内蔵型のSSDやHDDだけでなく、ネットワークストレージ(NAS)やクラウドストレージといった、Windows以外のOS・フォーマットを含む異種ストレージ混在環境であっても、仮想ドライブのフォルダ単位で容量を制限することを可能にします。予め管理者により設定された上限容量の超過を許可しないハードクォータ機能と、上限容量の超過を許可する警告的なソフトクォータ機能の両方に対応しています。

割り当て容量と物理容量を別々に管理:「プロビジョニング」

プロビジョニング機能により、システムが持つ物理ストレージの容量とは別に仮想ドライブの容量値を任意に設定することができます。これにより、実際に用意されている物理容量を超えた仮想容量を予め各部門に割り当てることが可能になります。

ファイルの安全性を優先した安心設計:
「ファイルレベルの仮想化」

VVAULTでは製品の性質上、あるストレージで発生した障害が他のストレージに保存されているデータに影響することの無いよう、ファイルレベルでストレージを仮想化統合しています。更に、ファイルへの追加書き込みや、ティアリング時に発生するストレージ間のファイル移動を安全に行えるよう、各ストレージに対して一定容量のバッファ領域(空き領域)を設定しています。

手間なくバックアップ、瞬時にリカバリ

ファイルを更新と同時に複製する「ライブバックアップ」や、任意時点のデータを復元する「タイムマシーン」といった冗長化機能を備えています。

仮想ドライブを常時複製、障害時には瞬時にリカバリ:「VLT」

VLT(VVAULT Live Technology)は、仮想ドライブサービスを稼働させた状態でのデータバックアップとリカバリを可能にする新技術です。仮想ドライブを常時監視し、更新のあったファイルを擬似リアルタイムでバックアップ用ストレージに複製する為、非常に短いバックアップが可能です。また、データの復元に関しても、破損したファイルをバックアップストレージから復元する、ストレージ単位や仮想ドライブシステムでの復元をサポートし、ダウンタイムゼロで実行可能にしています。

ライブバックアップ

仮想ストレージでのファイル更新の監視からバックアップキューへの登録、対象ファイルの自動複製までをバックグラウンドで自動実行し、ダウンタイムの無い擬似リアルタイムでのバックアップを実現します。(時間帯を指定して実行することも可能)

ライブリカバリ

ファイルにアクセスした際、該当ファイルが破損していた場合はバックアップドライブに保存されているデータから自動的に復元して使用可能な状態にします。

※ ファイルサイズが大きい場合は非同期の復元となり、処理が完了するまでは閲覧のみ可能な状態となります。

※ 該当ファイルのバックアップが最新でない場合は、保留ファイルとなります。

ストレージリカバリ

破損などにより使用不可能となった構成ストレージを「強制取り外し」することで、そのストレージに保存されていた全てのファイルをバックアップから復元します。

システムリカバリ

サーバーの破損などによりVVAULTが使用出来なくなった場合は、バックアップからVVAULTシステム全体の再構築を行うことができます。

※ OSなどVVAULT以外のデータは含みませんのでご注意ください。

過去のあらゆる時点のデータをリカバリ:「タイムマシーン」

VVAULTのタイムマシーン機能は、バックアップ及びレプリケーション時に、変更されたファイルを時系列で保存していくことで任意の時点へ遡って復旧することができるCDP(Continuous Data Protection:継続的データ保護)を可能にします。ファイルレベルで全ての変更履歴を保存していく同期方式の為、過去のあらゆる時点のデータをリカバリするAPIT(Any Point In Time) Recoveryと秒単位という非常に短いRPO(Recovery Point Objective:目標復旧地点)を実現しています。

かんたんで素早くデータを復旧できる

管理コンソール上に任意の時点でのドライブの構成を再現することで、目的のデータへ素早く到達できるよう配慮しています。また、目的のファイルをクリックすることで表示される更新履歴から、あらゆるバージョンのデータを簡単に復旧することも可能となっています。

障害時におけるデータ損失を最小化

ファイルレベルで全ての変更履歴を保存していくタイムマシーンでは、あらゆる時点のデータを復元するAPIT Recoveryが可能になるのでRPOが限りなくゼロに近くなり、障害時におけるデータ損失を最小化することができます。

高可用なストレージ/ファイルサーバーを実現

遠隔地へのレプリケーションやレプリケーション済みのデータを使用したHA(High Availability)機能を備え、不測の状況下での業務継続を強力に支援します。

BCP/DR環境を手軽かつ低コストで構築:「レプリケーション」

VVAULTをインストールした2台のサーバー間で、VLTを利用したデータレプリケーションと各種リカバリを実現します。ライブバックアップと同様、擬似リアルタイムで処理をする為、RPO(Recovery Point Objective:目標復旧地点)/RTO(Recovery Time Objective:目標復旧時間)が短縮されます。

災害に強いバックアップ環境を構築

拠点内や遠隔地のサーバー、クラウドストレージへのレプリケーションを行うことにより、BCP/DRに最適な環境(高い耐障害)を手軽に構築できます。

<構成例 遠隔地へのサーバーへのレプリケーション>
マルチインスタンスで更に柔軟な構成が可能

VVAULTは、1台につき2つのインスタンスを利用できます。各インスタンスは独立しており、それぞれマスタモード、もしくはレプリカモードのいずれかで運用することができます。マスタモードではマスタドライブを、レプリカモードではレプリカドライブ(読み取り専用)をマウントすることができ、両インスタンスをマスタモードにすることで、1台のサーバーで2つの仮想ドライブを運用することも可能になります。

また、2つのインスタンスを活用することにより、クロスや2:1でのレプリケーション環境を構築できる為、より柔軟に万全のデータ保護環境を構築することが可能となります。

構成例1 クロスレプリケーション
構成例2 2:1レプリケーション

可用性をさらに高める:「HA(High Availability)」

VVAULTのHA(High Availability)機能は、レプリケーションを実施している環境下で、メインサーバーのマスタドライブが何らかの理由により使用できなくなった場合に、スタンバイサーバーのレプリカドライブをマスタドライブに切り替えて、データをそのまま使用できるようにする機能です。

クラウドストレージをファイルサーバーとして:
「VVAULTクラウドストア」

対障害性に優れた低価格なクラウドストレージは、バックアップファイルの保管場所として高い利便性がある一方、転送速度が遅い為、CIFS/SMB接続の通常のファイルサーバーの代替として使用する事に適しているとは言えません。そこでVVAULTでは独自技術の「VVAULTクラウドストア」を開発し、ファイルをキャッシュ及び分割してクラウドストレージに保存する方式を採用しています。

接続対応クラウドストレージ

  • Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)(アマゾンデータサービスジャパン株式会社)
  • Bizホスティング Cloudn Object Storage(NTTコミュニケーションズ株式会社)
  • GMOクラウド ALTUS オブジェクトストレージ(GMOクラウド株式会社)
  • Google Cloud Storage(Google Inc.)
  • IDCフロンティア オブジェクトストレージサービス(株式会社IDCフロンティア)
  • NEC Cloud IaaS オブジェクトストレージ(N)(日本電気株式会社)
  • vCloud Air Object Storage powered by Google Cloud Platform(VMware)
  • Yahoo!クラウドストレージ(ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

既存のファイルサーバーから簡単に移行

ファイルサーバーの移行を徹底的に簡略化:
「Vマイグレーション」

ファイルサーバーの移行はハードウェアの老朽化やリース期間の終了などの理由により避けては通れない業務となっています。しかし、対象となるファイルサーバーが多くアクセス権が複雑に設定されている状況では作業が非常に煩雑になり、ミスが発生する可能性も出てきます。業務継続性の重要さが叫ばれる昨今、こうした理由による業務の中断が懸念材料となり、ファイルサーバーの移行は後回しにされてしまいがちです。「Vマイグレーション」は「本番移行前の診断」や「共有設定やアクセス権などの自動移行」といった機能で諸々の問題を解消し、ファイルサーバーの移行を徹底的に支援します。

既存データ取り込み&ストレージ取り外し:
「ライブマイグレーション」

構成ストレージに既に保存されているデータがある場合、データの取り込み処理を実行することでVVAULTに移行することができます。取り込み処理はバックグラウンドで処理されるため、データ移行中でも完了を待たずに目的のファイルにアクセスすることが可能です。また、ファイルに付与された権限も自動的に引き継ぎます。尚、LinuxなどWindows以外のNASからの移行にも対応しています。

外部ストレージのデータを直接移行:
「クイックマイグレーション」

クイックマイグレーションは、外部のストレージに保存されているデータをVVAULTへ直接移行する機能です。構成ストレージ間でデータ移行を行うライブマイグレーションに対し、外部ストレージのデータを直接移行するクイックマイグレーションは、使用する予定のないストレージに保存されているデータだけを利用するといった場合に最適な機能となっています。移行処理はライブマイグレーションと同様のため、サービスを稼動させた状態での移行や、ファイルへの即時的なアクセスといった特長をそのまま継承しています。

カタログ・資料

ランサムウェア被害も検知できるファイル共有アクセス管理

VVAULT AUDITは、ファイルのアクセス履歴や安全管理の証跡としてログを保存する、マイナンバー制度に対応したサーバーログ管理ソフトウェアです。

ファイルのアクセス履歴や安全管理の証跡とログを保存
「ファイルサーバーログ管理」

Windowsのイベントログを活用してアクセス履歴を記録するため、専用のログサーバーも商用のデータベースも必要ありません。また、記録したログファイルのアーカイブ化による長期保存にも対応し、企業コンプライアンスの強化を支援します。

専用管理ツール「ダッシュボード」

ファイルサーバーのアクセスログを閲覧・検索する専用ツールにより、情報漏洩対策に特化したUIで、個人またはファイルを中心とした調査が可能です。日々のアクセス状況や記録されたログの件数、データ使用量のモニタリングには「ダッシュボード」をご利用ください。各種情報がサマライズされ、現在の稼働状況を簡単に把握することができます。

① 使用者を探す
万が一、情報漏洩などが発覚した場合、該当する情報へアクセスしたユーザーを捜索するには「使用者を探す」機能が有効です。漏洩したデータを誰が、いつ、どこから使用したかを簡単に抽出することができます。また、その結果から、当該ユーザーが過去にアクセスしたファイルをシームレスに洗い出すこともできます。
② 被害を調べる
情報漏洩などの被害にあった際、ユーザーが特定できている場合は、「被害を調べる」機能をご利用ください。当該ユーザーが過去にアクセスしたファイルを洗い出し、被害規模の把握に有用な情報を抽出することができます。
③ 詳細検索
もっと柔軟な条件でログを抽出したい場合は「詳細検索」機能が最適です。特定のフォルダーや接続元のクライアントIP、操作内容や結果の条件を絞り込むことで、より目的に沿った検索結果を抽出することができます。
分散したログを集約管理

管理サーバー機能を使用することで、複数のサーバーに分散しているアクセスログを一箇所に集約して管理することができます。管理サーバーからは、各サーバーの稼働状況や設定の確認・変更のほか、全てのサーバーに対してアクセスログの一括検索を実行することができます。

ランサムウェアなどの攻撃検知

VVAULT AUDITは一定間隔でサーバー内のファイルへのアクセスを集計・解析し、急激なアクセスの増加など攻撃的な挙動を検知した場合に、予め設定されている通知先へ通知します。この「攻撃検知機能」を活用することで、ランサムウェアなどによるファイルサーバーの暗号化攻撃を早期に検知し、攻撃を実施した感染PCを特定することが可能となります。

不正アクセスの検知

アクセス監視機能を使用すると、特定の条件に合致したアクセスを検知した際、任意の通知先で通知を受けることができます。

監視ルールは様々な条件を柔軟に組み合わせて作成することができます。例えば、特定のフォルダに対してアクセス権限を持たないユーザーからのアクセスがあった場合や、管理外のコンピューターからのアクセスがあった場合に備えたルールを作成しておくことで、不正なアクセスをいち早く把握して対処することができます。

VVAULT BOXを導入すると、オフィスのデータを安心安全な環境で全て管理できます。既存ストレージの集約管理、容量不足はディスクを追加。格納データは監視され、問題をすぐに把握することができます。

増加するデータを安心安全に管理

ディスクの追加・交換

・自由にストレージを追加

・古いストレージは取り外し交換

・クラウドストレージも利用可能

・既存NASも取り込み可能

バックアップとデータ復元

・既存データのバックアップと復元

・保存期間中の全世代ファイルも復元

・バックアップディスクも拡張可能

・データのライブリカバリ機能

ファイルサーバ監視

・ユーザルールで不正アクセス監視

・ファイルの消去、上書きを通知

・証跡ログで不正を検索

・ランサムウェア検知機能

システム構成例

VVAULT BOX 製品構成

VVAULT BOXは、VVAULTの仮想ストレージ技術とVVAULT AUDITのファイルサーバ監視機能をHW RAID搭載の小型ファイルサーバに搭載した製品です。

ストレージサイズ 3TB(※RAID対応、実効容量は2.5TB程度)
バックアップ機能

ファイル世代管理

機能

タイムマシーン

機能

アクセス監視機能

ランサムウェア

検知機能

対応人数 100名程度(※マイクロソフト社 File Server Capacity Toolで検証)
価格 148万円(税別)(※5年間の保守、ライセンス込み)

VVAULT + VVAULT AUDIT

ライセンスSoliton VVAULT
Enterprise
Soliton VVAULT
Datacenter
Soliton VVAULT
Datacenter-冗長
価格 年額(税抜) 500,000円 オープン※1 オープン※1
基本情報 PCOS
サーバOS
ライセンス数 1 2
最大インスタンス数 2 4
仮想ドライブ ストレージ階層管理
クイックマイグレーション
Vマイグレーション
マルチマイグレーション
ドライブモード変更
フォルダクォータ
スケールアウトドライブ
クラウドストレージ接続 無制限
接続可能ストレージ数 無制限
バックアップ VVAULTライブテクノロジー(VLT)
クラウドストレージ数 無制限
接続可能ストレージ数 無制限
タイムマシーン保存期間 無制限
レプリケーション メインサーバ
スタンバイサーバ
HA(High Availability)
クラウドストレージ接続 無制限
接続可能ストレージ接続 無制限
タイムマシーン保存期間 無制限
ファイル監視 管理サーバー(集約管理)
攻撃検知・ブロック
アクセス監視
アーカイブ保存
VA Viewerからのアクセス
キーワード検索
レポートメール
CSV出力

※1 ご購入に際して、詳しくは当社営業または販売代理店へお問い合わせください。

VVAULT

ライセンスProfessionalEnterpriseDatacenterDatacenter-HA
価格 年額(税抜) 200,000円 400,000円 オープン※1 オープン※1
基本情報 PCOS
サーバOS
ライセンス数 1 2
最大インスタンス数 1 2 4
仮想ドライブ ストレージ階層管理
クイックマイグレーション
Vマイグレーション
マルチマイグレーション
ドライブモード変更 ※2
フォルダクォータ
スケールアウトドライブ
クラウドストレージ接続 1TB 無制限
接続可能ストレージ数 無制限
バックアップ VVAULTライブテクノロジー(VLT)
クラウドストレージ数 無制限
接続可能ストレージ数 無制限
タイムマシーン保存期間 31日まで 無制限
レプリケーション メインサーバ
スタンバイサーバ
HA(High Availability)
クラウドストレージ接続 無制限
接続可能ストレージ接続 無制限
タイムマシーン保存期間 31日まで 無制限

※1 ご購入に際して、詳しくは当社営業または販売代理店へお問い合わせください。

※2 Professionalライセンスでは、ドライブモードを変更する際にデータの初期化が必要となります。

動作環境

項目構成
対応OS Windows Server 2016/2012 R2/2012/2008 R2(64bit版)
Windows Storage Server 2016/2012 R2/2012/2008 R2(64bit版)
プロセッサ Intel x86, x64互換プロセッサ(Xeon E3以上推奨
メモリ 2GB以上(4GB以上推奨
ハードディスク容量 500MB以上の空き容量(インストール済み)
対応
クライアントOS
Windows 7、Windows 8.1、Windows 10、他CIFS対応OS
Webブラウザ Internet Explorer 8以降(解像度:1024×768以上推奨)
接続対応
構成ストレージ
CIFS/NFS接続ストレージ(一部制限あり)
接続対応
クラウドストレージ

Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)

Bizホスティング Cloudn Object Storage

IDCフロンティア オブジェクトストレージサービス

Yahoo!クラウドストレージ

GMOクラウド ALTUS オブジェクトストレージ

Google Cloud Storage

IDCフロンティア オブジェクトストレージサービス

NEC Cloud IaaS オブジェクトストレージ(N)

vCloud Air Object Storage powered by Google Cloud Platform

※ 1インスタンス動作時の推奨値

VVAULT AUDIT

ライセンスProfessionalEnterprise
価格 年額(税抜) 50,000円 200,000円
基本機能 DB保存期間 無制限
管理サーバー(集約管理)
攻撃検知・ブロック
アクセス監視
アーカイブ保存
VA Viewerからのアクセス
キーワード検索
レポートメール
CSV出力
低負荷モード

動作対応OS

OSVVAULT AUDITVA Viewer
Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2008 R2
Windows Storage Server 2016
Windows Storage Server 2012 R2
Windows Storage Server 2012
Windows Storage Server 2008 R2

データ領域設計の目安

ユーザー数1周間の想定データ量
100 データベース容量 7GB
アーカイブファイル容量 120MB
1000 データベース容量 70GB
アーカイブファイル容量 1.2GB
ユーザー数1年間(52週)の想定データ量
100 データベース容量 364GB
アーカイブファイル容量 6.2GB
1000 データベース容量 3.6TB
アーカイブファイル容量 62GB

推奨動作環境

項目構成
プロセッサ Intel x86, x64互換プロセッサ(Xeon E3以上推奨)
メモリ 2GB以上(4GB以上推奨)
ハードディスク容量 500MB以上の空き容量(インストール時、別途ログ保存用領域が必要です)
必要ソフトウェア .Net Framework 4.5
対応環境 ドメイン(ドメインコントローラー、ドメインメンバー)/ ワークグループ
お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ