日々のファイルサーバー運用が楽になる!
ファイルサーバーアクセス権最適化ソフト

FolderZen評価申込

  • AD・ファイルサーバーのアクセス権を1画面で分かりやすく表示
  • 人事異動や改組時のファイルサーバー設定変更を予約実行
  • フォルダのアクセス権変更を、決められたポリシー内でユーザーに委任

共有フォルダのアクセス権を1画面に集約

  • 確認するだけでなくアクセス権の追加・削除など編集も可能

Active Directory(AD)・ファイルサーバー、それぞれで確認していたアクセス権を分かりやすく1画面に集約し、表示。共有フォルダのアクセス権がワンクリックで表示されます。さらに、管理コンソールからはアクセス権の追加や削除などの編集も行えます。

散在していたNASもシステム部門で一元管理が可能

FolderZenに登録するだけで、今まで管理が難しかった離れた拠点や他部門のNASの一括管理が可能に。管理コンソールに表示される対象NASをワンクリックすれば、対象フォルダのアクセス権を簡単に確認することができます。アクセス権の追加・削除なども同じ管理コンソール内で行えます。

ファイルサーバーの運用は分散管理

FolderZenに集約したファイルサーバー・NASの共有フォルダは、管理をユーザーに任せて分散管理することも可能です。管理させたいフォルダを選んで部門担当者に管理を任せる「委任機能」を使えば、今まで情報システム部に集中していた共有フォルダの設定変更も、ユーザー側に任せられます。

ノンカスタマイズ、ノンワークフローの簡単導入

インストールするだけで、すぐに利用開始できる簡単設計です。ワークフローなどのカスタマイズ要素もできるだけ減らし、手間のかかる設計や面倒な構築もありません。インストールしたその日から、ファイルサーバーの運用・管理を開始することができます。FolderZenは、運用・導入の負荷がかからない簡単・便利なファイルサーバー管理ソフトウェアです。

楽になる管理

変更する設定内容を事前に予約できる『スケジュール機能』

スケジュール機能を使えば、事前に変更する設定内容を予約し、指定日時に自動で実行することができます。組織変更や人事異動、年度の切り替わりや月初めなどに集中するファイルサーバーの設定変更作業の負荷を大幅に軽減することが可能です。

任せられる運用

フォルダのアクセス権管理をユーザー側に任せる『委任機能』

委任機能を使えば、任意のユーザーにフォルダの管理を任せることができます。システム管理者から委任されたユーザーは、割り当てられたフォルダに限り、アクセス権の閲覧や設定変更が可能です。

ポリシー設定

ユーザーにフォルダの管理を任せる際、管理ポリシーを設定することが可能です。ユーザーは、決められたポリシーに沿ってフォルダの設定変更を行うことになるため、システム管理者は安心して操作を任せることができます。

操作ログ

FolderZenの操作内容はログとして履歴が残ります。

かんたん導入

アプリケーションをサーバーにインストールだけで導入完了! 複雑な設定や面倒な準備は不要のため、導入に必要な時間は約30分です。すぐに利用を開始することができます。

構成

仕様

FolderZen本体

CPU Intel x86/x64 互換プロセッサ(Xeon E3 以上推奨)
対応OS Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2
必要ソフトウェア Microsoft .NET Framework 4.6.2 以降
メモリ 4GB以上(8GB以上推奨)
対応環境 Active Directory(ドメインコントローラー、ドメインメンバー)
追加可能ファイル
サーバー
Windowsファイルサーバー、VVAULT
設定に必要となる
権限
ドメイン管理者権限および各ファイルサーバーの管理者権限
ハードディスク
容量
1GB以上の空き容量(インストール時)

FolderZen マネジメントコンソール

CPU Intel x86/x64 互換プロセッサ
対応OS Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、 Windows10(64bit)、Windows8/8.1(64bit)
メモリ 4GB以上
ハードディスク容量 500MB以上の空き容量(インストール時)
お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ