生産性を落とさない、インターネット分離の実現手法

標的型攻撃や破壊型攻撃など巧妙化・効率化する外部脅威への対策として、 業務LANからウェブ閲覧を分離する「インターネット分離」が公共組織や大手金融機関などで進んできました。

しかし仮想デスクトップやWeb画面転送方式でウェブ分離していても、結局メールは業務LAN側で受信していたり、業務LAN側の着弾リスクはなくなっていないケースが多いというのが現状です。

外部脅威はブラウザ閲覧やUSBストレージ感染だけではなく、Eメールや業務に利用するソフトウェアのアップデートからもやってきます。そのような中で、どのようにインターネット分離を進めるのがよいのでしょうか?

インターネット分離を成功させるために、検討するべき3つのポイント

1.論理的なインターネット分離の手法
~3つの方式のメリット・デメリットを比較~

詳しくはこちら

2.ファイル受け渡し方法
~実用性のある受け渡し方法が普及のカギ~

詳しくはこちら

3.エンドポイントセキュリティ対策
~標的型攻撃やオフィス外ネットワーク接続も怖くないシステムづくり~

詳しくはこちら

ソリューション資料の請求はこちらから