最終更新日:2020/09/03

「InfoTrace PLUS」の資産管理/検疫機能における
サポート対象ウイルス対策ソフトウェア

InfoTrace PLUSにおいて、資産管理の「管理者指定ソフトウェア」および検疫ネットワークの「検疫条件」として設定可能なウイルス対策ソフトウェアは以下の通りです。


確認済みバージョン:InfoTrace PLUS V3.2.30

ウイルス対策ソフトウェア一覧

メーカー名 / ソフトウェア名 バージョン 備考
マカフィー
McAfee Endpoint Security 10.7.0
McAfee アンチウイルス プラス -
トレンドマイクロ
ウイルスバスター コーポレートエディション XG Patch1 (ビルド 5464) ※1,2
ウイルスバスタービジネスセキュリティ 10.0
ウイルスバスター クラウド 15 ※4
シマンテック / ノートン
Symantec Endpoint Protection 14.3 MP1 ※3
ノートンセキュリティ - ※4
エフセキュア
エフセキュア クライアントセキュリティ 14.22 ※4
エフセキュア サーバーセキュリティ 14.10 ※4
エフセキュア アンチウイルス - ※4
マイクロソフト
Windows Defender -
  1. ※1 ウイルスバスターコーポレートエディションの環境では、インストール、アップデートインストールに失敗します。ウイルスバスター側の挙動監視設定の除外設定の承認済みリストに「自己解凍前のAgentインストーラ」をフルパスで登録することで回避が可能です。詳細は、以下のFAQをご参照ください。 https://secure.okbiz.okwave.jp/faq-soliton/faq/show/9394
    ※事前にFAQサイトへInfoTrace PLUS/Zerona/Zerona PLUSの保守ユーザー様向けアカウントでログインしてください。
  2. ※2 インポートエージェント(AgtImpt.exe)が、ウイルスバスター コーポレートエディション では挙動監視で検知される場合があります。実行できない場合、AgtImpt.exeを挙動監視に除外登録してください。
  3. ※3 インポートエージェント(AgtImpt.exe)が、Symantec Endpoint Protection 14のプロアクティブ脅威防止に検知されます。実行できない場合、AgtImpt.exeをプロアクティブ脅威防止に除外登録してください。
  4. ※4 ウイルス対策ソフトウェアとして認識されない、ウイルス対策ソフトウェア項目にエンジンバージョンの情報が表示されない場合があります。
  1. *ウイルス対策ソフトウェアアップデートによる仕様変更等により、「管理者指定ソフトウェア」「検疫条件」としての利用ができなくなる可能性があります。インストールやアップデートの際には、十分に動作確認をお願いいたします。
    1. *未記載のウイルス対策ソフトウェアは、サポート対象外です。
    1. *記載の製品名は、各社の登録商標または商標です。