Microsoft 365のメールサービスを強力に保護。単なるスパムメール対策・ウイルスメール対策だけではない、重要なポイントをすべて押さえた高い性能・安定性・運用性。

  • 管理者は、ほぼ「何もしない」でOK!
  • 外部からの攻撃や障害にも強い!
  • 環境に応じて柔軟な設定ができる!

Eメールに関わる脅威を包括的なソリューションで防御
Ciscoのメール セキュリティ ソリューション

メールに関するあらゆるセキュリティ ソリューションをCisco Secure Email Gateway1台で提供いたします。

入口対策

スパムやマルウェアが添付されたメール、フィッシングメールやドライブ バイ ダウンロード攻撃から保護

出口対策

内部からの情報漏洩を防止

アンチ スパム防御

・送信者認証(SPF、DKIM、DMARC)

・IPレピュテーション フィルタ

・ドメインレピュテーション フィルタ

・アンチ スパム

マルウェア防御

・McAfee アンチ マルウェア

・Sophos アンチ マルウェア

・アウトブレイク フィルタ(OF)

・マルウェア ディフェンス(AMP)

情報漏洩対策

・コンテンツ フィルタ

暗号メール

・START TLS(経路の暗号化)

・Encryption サービス(PXE暗号メール)

Cisco Secure Email Gateway 内部フロー

※ 上記は機能の一覧を示したものです。実際の処理の流れはユーザーガイドをご参照ください。

業界最大規模のセキュリティ インテリジェンス

Cisco Talosは、250人を超えるセキュリティ専門家が所属する世界最大規模のデータ解析を行っている脅威インテリジェンス組織です。世界中のCiscoセキュリティ製品から情報を収集して脅威を解析し、レピュテーション(危険度の格付け)情報をリアルタイムでフィードバックしています。Cisco TalosによってCisco製品は、進化を続ける最新の脅威に対してもタイムリーな対策を講じます。

Cisco Talosの特長

  • 全世界に設置された160万台のCisco製品からビッグデータを収集
  • 全世界のEメール トラフィックの35%以上を監視
  • 1日に100TBのデータ、180,000のサンプルファイルを受信
  • 1日に130億のHTTPを解析
  • 600名以上のエンジニアや専門家、研究者が24時間体制で解析

Cisco series

カタログ・資料

機能紹介

IP レピュテーション フィルタとアンチ スパム

Talosが分析した送信元IPアドレスの評価は200段階にスコア付けされ(-10.0から+10.0)、ユーザ設置のCisco Secure Email Gatewayに提供されます。

レピュテーションフィルタは、Talosが提供するスコア情報をスパムメールの検知に利用し、排除もしくは受信制御を行う機能です。レピュテーションフィルタはスパムメールをコネクションレベルで排除するため、ネットワークの帯域、システムリソースの浪費を避けるとともに、メッセージングシステム全体のセキュリティレベルを向上させることが可能となります。

Cisco Secure Email Gatewayユーザの多くは、80%を超えるスパムメールをレピュテーションフィルタによって検知しており、その効果を証明しています。

出展:Opus One Comparing Industry-Leading

Anti-Spam Services April, 2016

・業界最高水準のスパム検知精度

Ciscoが独自に開発したCASE(Context Adaptive Scanning Engine)を利用したスパム フィルタです。

ヒューリスティック分析、シグニチャ、画像解析、本文中のURL評価など、様々なテクノロジーを駆使して、スパムメールを業界最高水準の精度で検知します。また、運用管理が容易なことも特徴のひとつです。

Ciscoアンチ スパムが利用するルールセットは、すべてCisco Talosチームから提供されます。これにより、チューニングや学習作業といった管理者負担をかけずに、最新のスパムメールへの迅速な対応を実現しています。

またスパムとは判定できないが大量に送付されてくる広告メールを検知し、必要に応じた処理(隔離、削除、タグ付け)も可能です。

アンチ マルウェア対策

Cisco Secure Email Gatewayは、ソフォス社とマカフィー社のアンチ ウイルス エンジンを搭載しています。お客様の判断でいずれかのエンジンを選択いただくか、または、両方を有効化してデュアルスキャンを実行することも可能です。

アンチ ウイルス機能はCisco Secure Email Gatewayに完全に統合されており、共通の管理画面から操作、設定を行っていただけます。

更に新種マルウェアに対してアウトブレイク フィルタ(OF)、マルウェアディフェンス(AMP)をご利用いただくことでフィッシング メールやURLリンクからのドライブ バイ ダウンロード攻撃、標的型攻撃にも対策を講じることが出来ます。

アウトブレイク フィルタ(OF)添付ファイル、Webリンクの両方の脅威に対応

・添付ファイル対策

新種マルウェアの発生後、アンチウイルス ベンダーから定義ファイルが提供されるまでの期間に、マルウェアが拡散することを防止するソリューションです。

インターネット上を流通するメールを常時監視するCisco Talosが、類似したファイルが添付された電子メールの急増など、新種マルウェアの発生を早期に認識し、該当するメールを識別するルールをCisco Secure Email Gatewayに提供します。該当するメールはCisco Secure Email Gateway内部に隔離され、アンチウイルス ベンダー各社から定義ファイルがリリースされたことを確認した後に開放されます。

・URLリンク対策

従来からあったマルウェアをスパムに添付する運搬手法から、メール本文にマルウェアがアップロードされたURLを記しておきドライブ バイ ダウンロードでマルウェア感染させるインシデントが発生しています。

アウトブレイク フィルタでは新たにURLのカテゴリー情報に基づきURLを書き換えることで強力なWebセキュリティ機能を持つCisco CUA(Cloud URL Analysis)経由で安全なリンク接続を行える他、URLに対しても様々なセキュリティ対策を施すことができる機能を搭載しました。フィッシング メール対策にも利用できます。

マルウェアディフェンスファイル レピュテーションによる検知とサンドボックスによる挙動解析、
レトロスペクションによる追跡調査

Cisco Secure Email/Cisco Secure Webは、世界最大級の解析力と情報提供能力を持つシスコのセキュリティ基盤Cisco Talosと連携し、常に最新のセキュリティ脅威に対応します。

Cisco AMPは、ファイルが添付されたメール受信時に未知の(疑わしい)ファイルを発見すると、それらの挙動を解析するCisco ThreatGridクラウド型サンドボックスへ自動的に送信します。解析結果は以後のファイル レピュテーションに反映され、セキュリティ強度を継続的に高めます。

暗号メール

Cisco Secure Email Gatewayは柔軟な暗号メール機能を搭載可能でビジネスに安全なメールソリューションを提供いたします。

・ゲートウェイ間暗号化(START TLS)

・ゲートウェイ~クライアント間暗号メール(PXE)

PXEは送信者へ開封確認メール配信や、開封鍵の開封期限の変更やロックも可能なので、誤送信対策も講じられます。

統合管理ソリューションCisco Secure Email and Web Manager

複数のWSA、Cisco Secure Email Gatewayを統合管理いたします。SMAの冗長化も可能です。

カタログ・資料

商品構成

Cisco Secure Email Gateway/Virtual Gateway

プラットフォーム

Cisco Secure Emai Gateway
ESA-C695/C395/C195-K9

HWサポート

Cisco
Secure Email Virtual Gateway
C600v/C300v/C100v

仮想版サポート

*サブスクリプション必須

バンドルサブスクリプション

× ユーザ数

Essentials bundle

- アンチスパム(IPAS)、アンチウィルス(Sophos)、アウトブレークフィルタ(OF)、マルウェアディフェンス(AMP)

- マルウェアディフェンスの一日当たりのサンドボックス利用可能ファイル数

[ユーザー数]

 ・100〜9,999 - 200ファイル

 ・10,000〜24,999 - 2000ファイル

 ・25,000以上 - 6000ファイル

Advantage Bundle

- Essentials bundle+情報漏えい対策(DLP)、Encryption Service(PXE)、マルウェアディフェンスの一日当たりのサンドボックス利用可能ファイル数は無制限

アラカルトサブスクリプション

× ユーザ数

- アンチスパム(IPAS)

- アンチウィルス(Sophos)

- アンチウィルス(McAfee)

- アウトブレークフィルタ(OF)

- 情報漏洩対策(DLP)

- Encryption Service(PXE)

- イメージアナライザ

- マルウェアディフェンス(AMP)

*12か月から60か月まで選択可能

プラットフォーム

物理アプライアンス
SMA-M695/M395/M195-K9

HWサポート

仮想アプライアンス
M600v/M300v/M100v

仮想版サポート

*サブスクリプション必須

管理サブスクリプション

× ユーザ数

Cisco
Secure Email and Web Manager

- 隔離、レポート、トラッキングの一元化

*12か月から60か月まで選択可能

Cisco Secure Email Cloud Gateway

× ユーザ数

Essentials bundle

- アンチスパム(IPAS)、アンチウィルス(Sophos)、アウトブレークフィルタ(OF)、マルウェアディフェンス(AMP)、隔離、レポート、トラッキングの一元化

- マルウェアディフェンスの一日当たりのサンドボックス利用可能ファイル数

[ユーザー数]

・100〜9,999 - 200ファイル

・10,000〜24,999 - 2000ファイル

・25,000以上 - 6000ファイル

Advantage Bundle

- Essentials bundle+情報漏えい対策(DLP)、Encryption Service(PXE)、マルウェアディフェンスの一日当たりのサンドボックス利用可能ファイル数は無制限

カタログ・資料

仕様

x95モデル
モデル C195 C395 C695
筐体ユニット数 1U
サイズ(cm)

4.32 x 43.0 x 75.6

重量 13.83Kg 16.01Kg
CPU 2.1GHz, 8Core
2.1GHz, 12Core
2.6GHz, 12Core
CPU数 1
メモリ 16GB DDR4 16GB DDR4 32GB DDR4
電源ユニット AC 770W x 1
(オプションで追加可能 ※)

ホットスワップ対応

冗長化電源

AC 770W x 2

ホットスワップ対応

冗長化電源

AC 770W x 2

リモート
パワーサイクル機能
有り 有り
RAIDレベル RAID 1
RAID 10
HDDサイズ 600GB SAS 10K rpm
x 2
600GB SAS 10K rpm
x 8
HDDタイプ ホットスワップ対応SFF型
ネットワーク
インターフェース
2 Gigabit NICs
RJ-45(10/100/
1000 auto-negotiate)

6 Gigabit NICs RJ-45
(10/100/1000 auto-negotiate)

コンソール
インターフェース
1 RJ-45
起動時対応温度 5~35℃
非起動時対応温度 -40~65℃
対応湿度(非結露) 10~90%

※追加時は、「ホットスワップ対応冗長化電源」となります。

x90モデル 旧モデル(販売終了)
モデル C190 C390 C690
筐体ユニット数 1U 2U
サイズ(cm)

4.3 x 48.3 x 78.7

8.6 x 48.3 x 73.7

重量 16.6Kg 23.6Kg
CPU 1.9GHz, 6Core
2.4GHz, 6Core
CPU数 1 2
メモリ 8GB DDR4 16GB DDR4 32GB DDR4
電源ユニット AC 770W x 1
(オプションで追加可能 ※)

ホットスワップ対応

冗長化電源

AC 770W x 2

ホットスワップ対応

冗長化電源

AC 650W x 2

リモート
パワーサイクル機能
- 有り
RAIDレベル RAID 1
RAID 10
HDDサイズ 600GB SAS 10K rpm
x 2
600GB SAS 10K rpm
x 4
HDDタイプ ホットスワップ対応SFF型
ネットワーク
インターフェース
2 Gigabit NICs
RJ-45(10/100/
1000 auto-negotiate)

6 Gigabit NICs RJ-45
(10/100/1000 auto-negotiate)

コンソール
インターフェース
1 RJ-45
起動時対応温度 5~35℃
非起動時対応温度 -40~65℃
対応湿度(非結露) 10~90%

※追加時は、「ホットスワップ対応冗長化電源」となります。

価格

価格についてはお問い合わせください。

カタログ・資料

国立大学法人 北見工業大学
国立大学法人 北見工業大学

急増するスパム、フィッシングなど迷惑メール対策が課題
CiscoクラウドEメールセキュリティを採用し教職員の安全と業務効率の向上を実現

導入製品

導入事例詳細を見る

サポート情報一覧を見る

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ