エンドポイントセキュリティ

InfoTrace 360

PCの操作記録をもとに利用状況を管理。情報漏えい対策から業務改善まで、状況把握できる環境を今すぐ整備。

  • クラウドサービスやビジネスチャット経由の情報漏えいリスクを可視化
  • 隠れた時間外労働をPC利用状況から把握

InfoTrace 360の特長

ファイル操作の可視化

Web会議システムやクラウドサービスなど、情報共有の手段は多様化しています。InfoTrace 360は、印刷・USBストレージからクラウドサービス・Web会議システムでのファイル取り扱いまで、幅広い情報流出経路のモニタリングが可能です。
対象ファイルを操作したコンピューター名、ユーザー名など、端末個別のログ詳細も把握できます。

アプリケーション利用のチェック

導入アプリケーションについて、インストールベースではなく、ログを元にした実利用状況が分かります。古いバージョンや、規定外アプリケーションを利用していないか把握することで、業務環境のセキュリティ強化につながります。
また、アプリケーションの活用状況を把握することで、導入アプリケーションの見直しなど、業務環境の最適化にも役立ちます。

PC操作から業務状況を把握

PC操作ログによる利用状況から、実際の業務実態を把握することができます。早朝や夜間など業務時間外のPC利用がないかどうか、PCの利用時間帯が就業時刻と合致しているかなど、オフィスワークとテレワークが共存する業務環境において、勤務状況を把握することが可能です。

クライアント管理

コンピュータのインベントリ情報を一律管理できます。
Windows Updateの適用状況や、インストールしたソフトウェアのバージョンなどが把握できます。適切にセキュリテイアップデートがされているか、リモート環境において必要な端末管理が可能です。

USBデバイス制御

情報漏洩の原因の一つであるUSBデバイスの利用制御が可能です。
一部の業務で利用が必要な場合は、システム管理者が登録したUSBデバイスのみ利用を許可することで、リスクを抑えた状態でUSBデバイスを活用できます。
他にも、CDやDVDといった記録媒体の制限も書き込み/読み込みそれぞれ制限ができるため、不用意なデータの持ち出しをさせない環境整備を実現します。

ログ提供

  • ログダウンロードオプション

    ガイドラインによりログの長期保存が必要、他システムで二次利用がしたいなど、継続してログが必要なお客様に最適なオプションです。
    各PCから送られているログを日次でご提供します。

  • ログスポット提供サービス

    情報漏洩の可能性がある、退職者の以前のPC操作を確認したいなど、お客様のご要望に応じて特定の期間のログをご提供します。
    継続的な補完ではなく、必要な時に必要な期間だけ、のログをご希望の場合にご利用いただける提供サービスです。

仕様・構成

クライアント

対応OS
(日本語/英語)

Windows 10 / 11

※ Windows 10 on ARMはサポート対象外です。

※ Windows 10の対応状況については、こちらをご確認ください。

※ Windows 11の対応状況については、こちらをご確認ください。

CPU

OSが動作するCPU

メモリ

OSが動作するメモリ

HDD

1GB 以上の空き容量(ログファイル、キャッシュファイルによって増加)

その他

.NET Framework 3.5 SP1以上が必要です。

サービス画面

Web GUI

動作確認済みブラウザーはMicrosoft Edge、Google Chrome
FWXGA以上の解像度を推奨

仕様書、実施要領

※ 海外でのご利用はこちらをご参照ください。

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ

その他製品・サービス情報

  1. TOP
  2. 製品・サービス
  3. エンドポイントセキュリティ
  4. InfoTrace 360