PC利用時に入力するID/パスワードへ、生体情報(顔、指紋、静脈)や物理トークン(ICカード、USBキー)を組み合わせ、認証を強化します。
パスワードレス環境の構築にも最適です。

  • 15年連続国内シェアNo.1(※1) 多要素認証ソリューション
  • 顔やICカードをかざすだけ! 簡単操作でPC利用者を特定
  • 多様な環境で稼働中、充実の運用・管理機能
  1. ※1 株式会社富士キメラ総研「2004~2018 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」調査結果より

ホワイトペーパーダウンロード

※ 株式会社富士キメラ総研「2004~2018ネットワークセキュリティ ビジネス調査総覧 デバイス認証ツール」

セキュリティ対策の基盤となる「認証」。

暗号化やログ管理などのセキュリティ対策が施されていても、 ID・パスワードの貸し借りや漏えいなどにより、簡単にユーザーのなりすましができてしまう環境では、 情報へのアクセスが不正に行われる危険性、また、悪意あるアクセスが本当にそのPCの所有者が行ったものなのか特定することができません。

SmartOnは、顔や指紋、ICカードなどを用いた多要素認証で、PC利用時の認証を強化します。 さらに、USBメモリなどの利用や、データへのアクセス制御をトータルに実現するPCセキュリティシステムです。

SmartOnが提供する5つのメリット

1 多要素認証で、確実に本人を認証

従来のID/パスワードによる認証では、パスワード漏えいによるPCの不正利用を防ぐことはできません。 ID/パスワードに加え、生体情報やICカードを組み合わせた多要素認証で、確実な本人認証を実現します。 万が一、PC紛失やパスワードの漏えいが発生してもPCの不正利用を防止でき、情報漏えい対策に有効です。

詳細はこちら

2 シングルサインオンで利用者の負荷を軽減

業務アプリやWebサイト、クラウドの認証時に、SmartOnがパスワードを自動送出します。 パスワード入力の手間を減らし、効率的に業務を開始することができます。

詳細はこちら

3 運用に配慮した充実の管理機能

組織における多要素認証システムは、日々起こる出来事に適切に対処できることが重要です。 社員・職員の採用や異動、退職に伴うアカウント管理はもちろんのこと、怪我やトークン忘れで一時的に認証が行えない人へ迅速に手間無く対応できる仕組みが必要です。 SmartOnは、長年にわたるお客様の声を機能強化・改良に反映し、効率的な運用を実現しています。

詳細はこちら

4 ログオン後のデスクトップ環境を制御

利用者の権限に基づき、USBメモリやアプリケーションの利用を制限します。 データの取り扱いを適切にコントロールし、情報漏えいを防止します。

詳細はこちら

5 340万ライセンスの導入実績

SmartOnシリーズは1997年の発売開始以来、様々な業種のお客様に導入いただいています。 お客様の声が、今日のSmartOnを作り上げてきました。現在では4,400サイトを超えるお客様にご利用いただいております。

カタログ・資料

多要素認証で、確実に本人を認証

生体情報(顔や指紋など身体的な特徴)や社員証などのICカード、USBキーといった物理トークンをPCのログオン認証に使用し、PCの利用者を確実に識別します。本人認証を行うことで、なりすまし(他人のID・パスワードを悪用すること)を防ぎます。共有PCなど複数の人が操作する環境でも本人確認を正しく行えます。

VDI(デスクトップ仮想化)環境もログオン強化!

SmartOnはVDI環境での多要素認証もサポートしています。通常PC・シンクライアントPC混在環境を一元的に管理できるため、継続的にVDI環境へ移行する際も、セキュリティレベルを下げずに同一の運用フローで対応できます。

※VDI環境では、顔認証と物理トークン認証のみの対応です。

様々な環境に対応! 詳細はこちらをクリック

生体情報と物理トークン、最適な認証方式を選択可能

利用する環境やセキュリティポリシーに応じて、最適な認証方式を選択できます。また、ICカード+生体認証など要素を組み合わせることや、部署・人単位で異なる認証方式を選択することもできるため、柔軟にシステムを導入できます。

顔認証

・PC内蔵カメラを利用でき、携帯性に優れる

・自動ロックで、離席時の覗き見、不正利用を防止

指紋/指静脈認証

・認証精度が高い

・複数の指を登録できる

生体認証は、ICカード忘れ、紛失等による運用負担が少ない

ICカード認証

・社員証など既存のIDカードを活用

・カードを外すと自動ロックされ、離席時の覗き見、
 不正利用を防止

USBキー認証

・小型デバイスで携帯性に優れる

SmartOnの顔認証

離れたときに、自動ロック

「離席ロック」機能により、ユーザーがPCから離れたときに自動ロックします。離席時の覗き見や人の入れ替わりによる不正利用を防止し、セキュリティを向上できます。

モバイル活用に最適

内蔵カメラを利用した顔認証なら、端末に認証用のデバイスをつける必要がありません。ノートPCやタブレット端末など、外出先でも快適に多要素認証を実施することができます。

認証者の画像保存

認証成功/失敗時の顔画像を保存できます。定期的な監査やインシデント発生時に、利用者本人であることの確認や不正利用を試みた人物の特定を容易にします。

※顔認証は暗号化して保存

経年変化にも対応

生体認証

顔認証

・PC内蔵カメラを利用でき、携帯性がよい

 ※標準的なWebカメラが利用可能

・自動ロックで離席時の不正利用を防止できる

指紋/静脈認証

・認証精度が高い

・複数の指を登録でき、怪我などに強い

動画1:顔認証(標準)

動画2:顔認証(本人認証強化)

物理トークン認証

ICカード認証

・社員証や定期券など、既存のカードを活用
 できる

・自動ロックで離席時の不正利用を防止できる

USBキー認証

・デバイスが小型のため、携帯性に優れる

・USBインターフェースがある端末はすぐに
 使える

シングルサインオンで利用者の負荷を軽減

PCログオン後に必要となる、業務に利用するアプリケーションやWeb、VPNクライアントなどのパスワードを一元的に管理し、自動送出します。

・利用者のメリット:

複雑なパスワードを覚えずに手間なくシステムを利用することができる。

・管理者のメリット:

利用者にパスワードを教えない運用を実現し、パスワードに関する問い合わせ対応工数削減とパスワード強度の維持が可能。

・アプリケーションの種類に依存せず利用できます。

…Windows基本(ベーシック)認証、HTMLフォーム認証に対応。
※当社が想定する方式以外の方式で認証が行われている場合、本機能が使用できない場合があります。

・パスワードの登録は、管理者側、ユーザー側のどちらでも可能です。

管理者が登録したパスワードを、ユーザーで変更できないように制限することも可能。

運用に配慮した充実の管理機能

大規模でも導入が簡単

大規模環境や、複数拠点、管理者不在環境でも導入しやすい機能を用意しています。

・ユーザーやICカード情報の一括登録

・顔写真での事前一括登録[顔認証]

・管理者権限の分散、移譲

・初回利用時の利用者自身での登録(配布済みICカードの回収が不要)

運用負荷の軽減

大規模環境や、複数拠点、管理者不在環境でも導入しやすい機能を用意しています。

・ユーザー情報や権限、制御ポリシーの一元管理
 (定期/不定期に発生する人事異動や退職時のメンテナンスを速やかに反映可能)

・クライアントソフトのアップデート、設定変更はリモートで実施可能

権限情報の一元管理

・遠隔地でもサーバーで一括管理

・インポート・エクスポート機能

クライアントの管理

・遠隔地アップデート機能

・外出時もキャッシュでログオン可能

もしもの時も安心

生体認証利用者の怪我やICカード忘れ、紛失など、認証が行えない場合の運用も配慮しています。

生体認証利用時

・期限付き一時パスワード

・緊急回避モード

■ ICカードを併用

1台のPCで、生体認証とICカード認証を切り替えて利用することもできます。臨時カードによる運用なら、多要素認証を徹底することができます。

ICカード忘れ・紛失時

・臨時カード発行

・期限付き一時パスワード

・緊急回避モード

・ICカード失効(不正利用防止)

・ICカード再発行

利用者・利用履歴の確認

大規模環境や、複数拠点、管理者不在環境でも導入しやすい機能を用意しています。

・SmartOnの利用履歴をログとして記録

・専用ビューアー検索、閲覧が可能

・Syslog、SQL Server、CSVファイル出力にも対応

SmartOn
アカウント情報

Windows
アカウント情報

ログオン/ログオフ

ロック/ロック解除

パスワード
変更履歴

共用PCでの
利用ユーザー

図:専用ビューアーでのログの検索・閲覧

ログオン後のデスクトップ環境を制御

PCログオン後のデスクトップ環境を制限し、情報漏えい対策として有効な2つの機能を用意しています。

アプリ利用制限

ユーザーが利用するアプリケーションやフォルダ、ドライブなどを制限できます。
ホワイトリスト形式での制御にも対応しています。

…業務に関係のない操作を制御し、情報漏洩を防止

…従業員の勝手な設定変更を抑止、管理工数を削減

主な制御可能項目

・ファイル、フォルダ、ドライブへのアクセス制限

・コントロールパネルからの設定変更を制限

・PrintScreenや外部通信ポートの利用制限

・コマンドプロンプトやレジストリエディタの利用制限

図:利用制限の例

USBメモリの利用制限 ※オプション

ユーザーが利用するUSBメモリの制御が行えます。また、Windowsポータブルデバイス(WPD)として認識されるスマートフォンやデジタルカメラも同様に制御を行う事ができます。

これにより「会社で許可されたUSBメモリはOK、私物のUSBメモリはNG」といった会社の運用ポリシーをより厳格に、明確に実施できます。

利用者単位で制御

PC制御はユーザーごとに設定できます。共用PCでも、ログオンユーザーに基づいた設定が適用されるため、役職や業務内容に応じた権限を設定することで、情報の持ち出しを防止。
また、ユーザーに紐づいた利用制限により、異なるPCを利用した場合にもセキュリティレベルを一定に保つことができます。

構成

標準構成例

SmartOn ID for リモートアクセス 構成例

コンポーネント

ACLサーバー 認証サーバー。ユーザー情報や、認証デバイスの発行履歴等、SmartOnで管理するすべてのデータを保存し、ネットワークを介してユーザー認証を実行します。 冗長化が可能。(Windows のActive Directory を使用)
SmartOnマネージャー ACL サーバーに登録されているユーザー情報を操作するための管理ツール
SmartOnクライアント SmartOnクライアントソフトウェアがインストールされたPC
ログサーバー SmartOn クライアントやマネージャーのログを受信し、データベースに保存
認証デバイス ICカードや指紋リーダーなど、SmartOnクライアント上でログオン時のユーザー認証を行うためのハードウェア
リモートアクセスマネージャー SmartOn ID for リモートアクセスに対応するマネージャー
リモートアクセスクライアント 仮想デスクトップOSにインストールして、リモートからの接続に対してICカード認証を行うことができるクライアント
リモートクライアント 仮想デスクトップへアクセスする、シンクライアントなどの端末

動作環境

SmartOn ID

■SmartOn クライアント

サポートOS※1 【ICカード認証】※2
Windows 7 Home Basic/Home Premium/Professional/Enterprise/Ultimate x86/x64 SP1
Windows 8.1 -/Pro/Enterprise x86/x64
Windows 10 Home/Pro/Education/Enterprise x86/x64

【顔認証】※3,4,5
Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate x86/x64 SP1
Windows 8.1 -/Pro/Enterprise x86/x64
Windows 10 Pro/Enterprise x86/x64

【指ハイブリッド認証(指紋+指静脈)】※3,4,5
Windows 7 Home Premium/Professional/Enterprise/Ultimate x86/x64 SP1
Windows 8.1 -/Pro/Enterprise x86/x64
Windows 10 Pro/Enterprise x86/x64

【指紋認証】※3,4,6
Windows 7 Home Basic/Home Premium/Professional/Enterprise/Ultimate x86/x64 SP1
Windows 8.1 -/Pro/Enterprise x86/x64
Windows 10 Home/Pro/Education/Enterprise x86/x64

※Windows 10 LTSC環境でご利用を検討の場合は、事前に販売会社様、または弊社担当営業までご相談ください。
※Windows OSの対応状況に関しては、こちらをご参照ください。
CPU 各OSが動作するCPU
メモリ 各OSが動作するメモリ
ハードディスク 最低100MBの空き容量が必要(ログファイル、キャッシュファイルによって増加)
生体認証使用時は、生体認証用ランタイムのインストールのために、別途空き容量が必要です。
その他 認証デバイスを接続するUSBポートが必要です。
顔認証使用時は、QVGA以上の外付けカメラ(USB2.0 以上のDirectShow 9.0 に対応し、640x480以上の解像度)、またはQVGA以上のコンピュータ内蔵カメラが必要です。
    ※1 Windows 7の Enterprise/Ultimate、Windows 8.1/10のPro/Enterpriseでの言語表示は日本語のみをサポートします。
    ※2 いずれも日本語/英語版。
    (ログオン認証(Logon)機能は、利用者画面の英語表示に対応しています。英語表示を行うには英語表示クライアント用のライセンスコードが必要です。詳細はお問い合わせください。)
    ※3 いずれも日本語版のみ。
    ※4 仮想環境上にインストールされたOSは、サポート対象外です。
    ※5 リモートデスクトップ接続には対応していません。
    ※6 リモートデスクトップ接続に対応しています。リモートデスクトップで利用する場合、接続する側、される側の双方のOSにドライバをインストールしてください。
    ※ 各OSの最小システム要件におけるコンピュータでは、SmartOn以外のアプリケーションや利用状況により動作が不安定になる恐れがあります。システム要件の推奨値以上のコンピュータ環境でご使用ください。
    ※ Internet Explorerでのブラウザ認証については注意事項があります。こちらをご参照ください。
    ※ InfoTrace PLUSのAgentと共存する場合、「認証・デバイス制御・シングルサインオン機能(SmartOn機能)」は利用できません。SmartOn IDの該当機能をご利用ください。
    ※ InfoTrace Mark II クライアント (Mark II クライアント) と共存する場合、「デバイス・ファイル制御機能」は利用できません。SmartOn IDの該当機能をご利用ください。

    ■SmartOn ACLサーバー/ログサーバー

    サポートOS Windows Server 2008 Standard/Enterprise x86/x64 SP2
    Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise x64 SP1
    Windows Server 2012 Datacenter/Standard x64
    Windows Server 2012 R2 Datacenter/Standard x64
    Windows Server 2016 Datacenter/Standard x64
    Windows Server 2019 Datacenter/Standard x64
    ※いずれも日本語/英語版。いずれもMUI版も含みます。
    ※英語版OSでの利用は原則サポート対象外です。
    ※ Windows OSの対応状況に関しては、こちらをご参照ください。
    CPU 各OSが動作するCPU
    メモリ 各OSが動作するメモリ
    ハードディスク OSの要件に従います(40GB以上の空き容量を推奨)
    その他 ACLサーバーとして使用するには、あらかじめスキーマの拡張が必要です。

    ■SmartOn マネージャー

    サポートOS Windows Server 2008 Standard/Enterprise x86/x64 SP2
    Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise x64 SP1
    Windows Server 2012 Datacenter/Standard x64
    Windows Server 2012 R2 Datacenter/Standard x64
    Windows Server 2016 Datacenter/Standard x64
    Windows Server 2019 Datacenter/Standard x64
    Windows 7 Home Premium/Professional/Enterprise/Ultimate x86/x64 SP1
    Windows 8.1 -/Pro/Enterprise x86/x64
    Windows 10 Home/Pro/Education/Enterprise x86/x64
    ※いずれも日本語/英語版。
    ※英語版OSでの利用は原則サポート対象外です。
    ※Windows 7の Enterprise/Ultimate、Windows 8.1/10のPro/Enterpriseでの言語表示は日本語のみをサポートします。
    ※Windows 10 LTSC環境でご利用を検討の場合は、事前に販売会社様、または弊社担当営業までご相談ください。
    ※Windows OSの対応状況に関しては、こちらをご参照ください。
    CPU 各OSが動作するCPU
    メモリ 各OSが動作するメモリ
    ハードディスク 最低100MBの空き容量(200MB以上の空き容量を推奨。ログファイルによって増加。)
    その他 ACLサーバーと同じ端末でも動作可能です。
    使用する認証デバイスを接続する空きポートが必要です。
    SmartOn マネージャーの全ての機能を使用するにはローカルの管理者権限が必要になります。
    SmartOn マネージャーで使用する認証デバイスについては、認証デバイスメーカー側にて上記OSでの動作をサポートすると明示しているもののみ対象です。

    SmartOn ID for リモートアクセス

    ■リモートアクセスクライアント

    サポートOS Windows Server 2008 Standard/Enterprise/Datacenter x86/x64 SP2
    Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter x64 SP1
    Windows Server 2012 Datacenter/Standard x64
    Windows Server 2012 R2 Datacenter/Standard x64
    Windows Server 2016 Datacenter/Standard x64
    Windows Server 2019 Datacenter/Standard x64
    Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate x86/x64 SP1
    Windows 8.1 -/Pro/Enterprise x86/x64
    Windows 10 Home/Pro/Education/Enterprise x86/x64

    ※Server Coreの環境はサポート対象外です。
    ※サーバーOSはRDSまたはXenAPPの場合のみサポート対象です。
    ※Windows 10 LTSC環境でご利用を検討の場合は、事前に販売会社様、または弊社担当営業までご相談ください。
    ※Windows OSの対応状況に関しては、こちらをご参照ください。
    CPU 各OSが動作するCPU
    メモリ

    各OSが動作するメモリ
    ※接続クライアント数に応じて追加してください。

    ハードディスク 最低20MBの空き容量
    ※接続クライアント数に応じて追加してください。

    ■SmartOn ACLサーバー/ログサーバー

    SmartOn ID 参照

    ■リモートアクセスマネージャー

    SmartOn マネージャーに準じます
    SmartOn ID 参照

    対応認証デバイス

    認証トークン(ICカード、USBキー)

     
    ※1、3

    ※2、3
    非接触ICカード
    FeliCa ※4
    USBキー
    CryptoMate Nano
    (ACS製)

    ・販売を終了した対応認証デバイスに関しては、こちらをご参照ください。

    1. ※1MIFARE Standard 1K,4K (ISO14443 Type-A) / TN2 (ISO14443 Type-A) / I-CODE SLI (ISO15693) / Tag-it (ISO15693) / ELWISE(Type-B) / Xaica-α(Type-B)などにも対応しています。詳細はお問い合わせください。
    2. ※2MIFARE Standard 1K,4K (ISO14443 Type-A) / TypeB / ELWISE(Type-B) / Xaica-α(Type-B)などにも対応しています。詳細はお問い合わせください。
    3. ※3ICカード内の設計情報や登録ID情報が予め必要となる場合があります。
    4. ※4SmartOnロゴ入りFeliCa標準カードを用意しています。
    5. ICカードを利用する場合、対応するICカードリーダーが必要です。
    6. ICカードは社員証や学生証などの印刷も対応可能です(納期がかかります)。詳細はお問い合わせください。
    7. 表示製品のデザインは変更される場合があります。
    8. FeliCa は、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。FeliCa は、ソニー株式会社の登録商標です。
    9. 記載の会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
    10. 2017年7月時点の情報です。予告なく変更する場合があります。

    ICカードリーダー

    対応
    ICカード
    非接触ICカードリーダ-
    SO-SOL122-D
    ※1
    (ACS製)
    ・FeliCa
    ・MIFARE
    ・Type B
    ※3
    SO-ACR1251U-D
    (ACS製)
    ・FeliCa
    ・MIFARE
    ・Type B
    ※3
    ○ ※4
    RC-S380/S ※2
    (ソニー製)
    ・FeliCa - ※5

    ・販売を終了した対応認証デバイスに関しては、こちらをご参照ください。

    1. ※1SmartOn ID以外の用途では利用できません。
    2. ※2
    3. PC/SCリーダーとしての動作はサポートしません。
    4. ※3
    5. マイナンバーカードのご利用をご希望の場合は、ご購入前にお問い合わせください。
    6. ※4
    7. Linux系OSのシンクライアント端末ではご利用いただけません。
    8. ※5
    9. ご利用をご希望の場合は、お問い合わせください。
    10. 表示製品のデザインは変更される場合があります。
    11. FeliCa は、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。FeliCa は、ソニー株式会社の登録商標です。
    12. 記載の会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
    13. 2018年1月時点の情報です。予告なく変更する場合があります。

    生体認証リーダー

     
    HS100-10
    (NEC製)
    HS100-10 -
    U.are.U 4500
    (Cross Match製)
     ※1 -
    1. ※1SmartOn ID V2.8.1.8以降でご利用いただけます。
    2. 表示製品のデザインは変更される場合があります。
    3. 記載の会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
    4. 2017年4月時点の情報です。予告なく変更する場合があります。

    対応デスクトップ仮想化環境

    対応VDIシステム

    SmartOn ID for リモートアクセスの対応状況

    メーカー名 製品 バージョン 仮想デスクトップ接続クライアント
    VMware VMware Horizon
    (VMware Horizon View/VMware View)
    7.0/7.1/7.2/7.3/7.4/7.5
    7.6/7.7/7.8
    VMware View Client
    (VMware Horizon View Client/
    VMware View Client)

    ※ 動作環境についての詳細は、こちらをご参照ください。また、各社製品の動作環境もあわせて確認してください。

    メーカー名 製品 バージョン 仮想デスクトップ接続クライアント
    Citrix Citrix Virtual Apps and Desktops 7.6LTSR/7.15LTSR Citrix Online Plugin
    Citrix Receiver for Windows

    ※ 仮想マシン型(VDI)とRDS ホストベースの公開デスクトップ機能に対応しています。(公開アプリケーションには対応していません。)
    ※ ICA 接続のみ、サポート対象となります。
    ※ Citrix Virtual Apps and Desktops (XenApp)のVMHostedApps環境はサポート対象外です。
    ※ 動作環境についての詳細は、こちらをご参照ください。また、各社製品の動作環境もあわせて確認してください。

    メーカー名 製品 バージョン 仮想デスクトップ接続クライアント
    Microsoft Microsoft VDI - Microsoft リモートデスクトップ接続
    V7.0 / V7.1 / V8.0 / V8.1

    ※ 動作環境についての詳細は、こちらをご参照ください。また、各社製品の動作環境もあわせて確認してください。

    NEC VirtualPCCenterの対応については、NEC様へお問い合わせください。

    動作実績のあるシンクライアント

    SmartOn ID for リモートアクセスで動作実績のあるシンクライアント端末

    メーカー名 製品名 OS/ファームバージョン※1 プロトコル
    ※2
    補足
    Atrust mt168L Atrust Linux v5.16/5.23 PCoIP/ICA ※4,5
    RDP ※4,5,6
    t66 Atrust ARM Linux v8.46 - INTL RDP ※4,5,6
    DELL Wyse T10 Wyse ThinOS 8.3_011 ICA/RDP ※4,5
    HP
    ※3
    T630
    T520
    Windows 10 IoT Enterprise PCoIP/ICA/RDP ※4
    富士通 FUTRO L420 Tera2 ZeroClient Firmware V4.8.2 PCoIP ※4,5

    旧情報はこちらをご参照ください。

    1. ※1ゼロクライアントベースの機種に関しては、機器のファームウェアバージョンを記載しています。
    2. ※2未記載のものについてはお問い合わせください。
    3. ※3機種や搭載OSにより、ログイン認証時の操作感が異なる場合があります。詳しくはメーカーにお問い合わせください。
    4. ※4ICカードリーダーは「SO-SOL122-D(またはSSN-ACR122-01)」。
    5. ※5OS標準ドライバで確認。
    6. ※6Atrust Linuxをご利用になる場合には、注意事項がございますので、別途お問い合わせ下さい。

    シンクライアント端末は、組み込みオペレーティングシステムを使用しております。 そのため、シンクライアント端末によっては、デバイスドライバーのインストールができない等の場合があります。 必ずご導入前に、実際にご導入予定の機種、ファームウェア等を適用した状態で事前検証を実施していただくようお願いいたします。

価格

SmartOn ID

製品名 価格
(税抜)
サーバーパック※1 ・ACLサーバー、マネージャー、ログサーバー(各1ライセンス)
・初回購入必須
¥720,000
PCインストールライセンス ・初回購入必須(10ライセンス~)
・SmartOnクライアントディスクをインストールするPC台数分必要です。
~¥10,000
デバイス制御オプションライセンス ・デバイス制御オプションを利用するPC台数分必要です。 ~¥4,800
アクティブトークンライセンス ・SmartOnを利用する認証トークン(ICカード、USBキー)数分必要です。(10ライセンス~)
※1ユーザーが2つの認証トークンを利用する場合は2ライセンス必要です。
※認証トークンを使わず生体認証のみ利用する場合は購入不要です。
¥700
生体認証登録ツール ・生体認証を利用する際に必要です。 お問い合わせください
バイオメトリクスライセンス ・生体認証を利用する際に必要です。
・生体認証を登録するユーザー数分必要です。
お問い合わせください

※1 各サーバーやマネージャーを追加する場合には、追加用のライセンスをご用意しています。 詳しくはお問い合わせください。
※ 別途「年間サポートサービス(保守契約)」を用意しています。

SmartOn ID for リモートアクセス

製品名  価格
(税抜)
サーバーパック※1

・ACLサーバー、マネージャー、ログサーバー(各1ライセンス)
・初回購入必須

¥720,000
リモートアクセス
拡張マネージャーパック※1

・初回購入必須
・リモートアクセスを利用する場合必要です。

¥180,000
リモートアクセス
ライセンス

・初回購入必須(10ライセンス~)
・仮想OS分必要です。

~¥15,000
アクティブトークンライセンス

・初回購入必須(10ライセンス~)
・SmartOnを利用する認証トークン数分必要です。(1ユーザーが2つの認証トークンを利用する場合は2ライセンス必要)

¥700

※1 各サーバーやマネージャーを追加する場合には、追加用のライセンスをご用意しています。 詳しくはお問い合わせください。
※ 別途「年間サポートサービス(保守契約)」を用意しています。

認証トークン(ICカード、USBキー)

製品名 価格
(税抜)
非接触ICカード
FeliCa※ ¥2,500
USBキー
CryptoMate Nano
(ACS製)
お問い合わせください

※本ICカード価格は、SmartOnロゴ入り標準カードの価格です。
※社員証や学生証などの印刷も対応可能です。金額・納期等は、別途ご相談ください。

ICカードリーダーライタ

製品名 価格
(税抜)
非接触ICカード
USB接続タイプ
(ACS製SOL122)
【FeliCa/MIFARE対応】
お問い合わせください
USB接続タイプ
(ソニー製RC-S380/S)
【FeliCa対応】
¥3,500 - ※1

※1 ご利用をご希望の場合は、お問い合わせください。

生体認証リーダー

製品名 価格
(税抜)
指認証
HS100-10
(NEC製)
お問い合わせください -
U.are.U 4500
(Crossmatch製)
お問い合わせください -
備前市教育委員会
備前市教育委員会

情報セキュリティ強化と利便性の向上を実現
ガイドラインに沿ったシステム更改を支えるソリューション

導入製品

導入事例詳細を見る

奈良市教育委員会
奈良市教育委員会

情報セキュリティ強化と利便性の向上を実現
ガイドラインに沿ったシステム更改を支えるソリューション

導入製品

導入事例詳細を見る

株式会社竹中工務店
株式会社竹中工務店

パスワードレスを目指し、PC認証を一新
顔認証でセキュリティと利便性を向上

導入製品

導入事例詳細を見る

徳島県
徳島県

マイナンバーカードを利用した二要素認証システム
地方自治体初の試みで庁内セキュリティ強化

導入製品

導入事例詳細を見る

世田谷区
世田谷区

端末 6,000 台の「二要素認証システム」を刷新
マイナンバー制度のシステム強靱性向上にも対応

導入製品

導入事例詳細を見る

福岡県教育センター
福岡県教育センター

ソリトン製品を総合的に採用することで、管理面・運用面・利用面の3つで効果が得られました。具体的には・・・

導入製品

導入事例詳細を見る

JA鹿児島県中央会
JA鹿児島県中央会

JA鹿児島グループではSmartOn職員証を6,000人分作りました。 貸し借り紛失、悪用などイレギュラー事態への対処方法を予めよく考えました。

導入製品

導入事例詳細を見る

むさし府中商工会議所
むさし府中商工会議所

導入してすぐに、共有ファイルが行方不明に。早速、InfoTraceで操作ログを確認してみると・・・

導入製品

導入事例詳細を見る

甲南大学
甲南大学

SmartOnを使って携帯電話をタッチするだけ。他校に先駆け、最先端のIT教育環境を実現。 生徒が主体的に参加する教育スタイルで、次世代の人材育成を目指す。

導入製品

導入事例詳細を見る

株式会社アクシオ
Product PartnerRA Partner
株式会社アクシオ

取り扱い製品:SmartOn、SmartOn ID RA仮想ライセンス、InfoTrace PLUS、Zerona、FileZen、Soliton SecureDesktop、NetAttest EPS

詳細を見る

シーティーシー・エスピー株式会社
Product Partner
シーティーシー・エスピー株式会社

取り扱い製品:SmartOn、NetAttest EPS、NetAttest D3、FileZen、Smart BigCache、Soliton SecureBrowser/Gateway

詳細を見る

株式会社大塚商会
Product Partner
株式会社大塚商会

取り扱い製品:NetAttest EPS、SmartOn

詳細を見る

セコムトラストシステムズ株式会社
Product Partner
セコムトラストシステムズ株式会社

取り扱い製品:InfoTrace PLUS、SmartOn

詳細を見る

アセンテック株式会社
RA Partner
アセンテック株式会社

取り扱い製品:SmartOn ID RA仮想ライセンス

詳細を見る

日本電気株式会社
Product PartnerRA Partner
日本電気株式会社

取り扱い製品:InfoTrace PLUS、SmartOn、CounterACT、SmartOn ID RA仮想ライセンス

詳細を見る

株式会社日立システムズ
Product PartnerRA Partner
株式会社日立システムズ

取り扱い製品:NetAttest EPS、NetAttest D3、SmartOn、ID Admin、SmartOn ID RA仮想ライセンス

詳細を見る

株式会社富士通マーケティング
Product Partner
株式会社富士通マーケティング

取り扱い製品:NetAttest EPS、SmartOn

詳細を見る

サポート情報一覧を見る

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ

御見積等のお問い合わせは販売パートナーにお問い合わせください。
こちらのパートナーからもお問い合わせ可能です。